2018.09.05(水)

1人だと不安……。ドローンのトレーニングを行うにはどうする?

1人だと不安……。ドローンのトレーニングを行うにはどうする?

近年では、ドローンを使って撮影した写真や映像がさまざまな場面で活用されています。テレビのニュース番組、ドキュメント番組、さらにはドラマや映画の撮影にも使われており、上空からのスケールの大きい撮影ができるので、映画撮影の際にも多く活用されているのです。

現在販売されているドローンには、たくさんの種類があります。画質がよいものや操縦しやすいものなど、購入する方によってこだわる点は、さまざまです。そんなドローンですが、操縦をいきなりできるとは限りません。ドローンの操縦はどのくらい行えばよいのでしょうか?今回はドローンの操縦に関することについて、いくつかご紹介していきたいと思います。

ドローン操作のトレーニングはしっかりと

現在ドローンは、さまざまな種類が販売されています。販売当時は空中からの撮影ができるため人気でしたが今ではそれだけにとどまらず、ラジコンのように自分で自由自在に操縦ができるといった理由に引き寄せられ購入する方も多くいらっしゃいます。自由自在に自分で操縦することができるというのは、子供心をくすぐりますよね。

しかし、いざドローンを操縦しようと思っても、なかなかうまくいかず、さらにはリモコンの使い方が分からないということもあるのではないでしょうか。「そもそも、ドローンってどうやって操縦するの?」「子供に操縦を教えてあげたいけど、まず自分が操縦できるようにしなくちゃ……」とお考えの方もいると思います。まずは、ドローン操縦のトレーニングを行いましょう。

ドローンの操縦トレーニングは繰り返し行うことが大切です。だんだんと慣れていくことで、さらなるスキルアップにつながります。短期間の練習だけだと、リモコンの操作がきちんと覚えきれず、いざ操縦したときに失敗してしまうかもしれません。

ドローン操作のトレーニングはしっかりと

ドローンは何に使うかも重要

ドローンの使用目的は、購入者によってさまざまです。基本的な操縦操作ができるようになれば、ドローンを飛ばすことは認められていますが、なかには基本操作だけではなく他の操作も覚えなくてはいけない場合があります。それが、航空での映像撮影を行う場合です。

ドローンには、小型のカメラが付属しているものがほとんどです。航空撮影を行う場合は基本的な操縦操作だけではなく、物体を撮影するテクニックも必要です。操縦しながらカメラで撮影するので、バランスを維持するのに苦労したり、ぶれてしまったりすることがあります。

そのためドローンで空中撮影を行う際には、ドローン操縦のトレーニングと一緒に撮影テクニックも身につけておく必要があります。

しかし、なかには「自分で行ってもなかなかうまくいかない……」「1人じゃ不安だな……」と思う方もいらっしゃるでしょう。そこで、ドローンスクールに通うという方法をご紹介します。

ドローンは何に使うかも重要

操作に不安ならスクールに

近年、ドローン操縦のトレーニングを行う場としてドローンスクールがあります。ドローンスクールでは、ドローンの基本操作はもちろん、スキルアップに必要なテクニックやドローン操縦時に気をつけるべき注意点も教えてくれます。ドローンには車や飛行機などと同じように決められたルールがあるので、しっかりと守らなくてはいけません。

ドローンを使用する際は、2015年度に改めて定められた「改正航空法」に従って操縦する必要があります。ドローンが販売され始めた当初はルールが明確ではなかったためにトラブルも多発しました。例としては操縦ミスによって人の上に落下させてしまうトラブルや、カメラで撮影した映像に人が映り込んでいるにも関わらず許可なく映像を公開してしまうというケースです。そのようなトラブルを防ぐためにも制定されたのが「改正航空法」です。

ドローンスクールに通うと、航空法に関することもしっかりと説明してくれるので、「法律に関して詳しくない」という方にもおすすめです。またドローンスクールでは保険などの説明もしてくれるので、操縦だけでなくドローンに関して全面的に学びたい方に最適です。

まとめ

近年では、ドローンでもさまざまな種類が開発されており、たくさんの種類が販売されています。ドローンの使用目的は、購入者によってさまざまです。ラジコンのように自由自在に操縦でき、空中からの映像も楽しむことができるので、ドローンの購入を考えている方は多いのではないでしょうか?

しかし、いざ購入しても「どうやって操縦したらいいのか分からない……。」という不安を抱えている方も多いと思います。もちろん、自分で操縦の練習をすることはできますが、なかなか上達しなかったり、航空撮影のスキルを学びたかったりしたい方もいらっしゃるはずです。

そこで、ドローン操縦のトレーニングを行う場として、ドローンスクールに通うことをおすすめします。ドローンスクールでは、基本的な操作はもちろん、ドローンの航空法やスキルアップに必要なテクニックなども教えてくれます。また、加入しておいた方がいい保険なども教えてくれるので1人じゃ不安だと思う方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト