2018.09.05(水)

ドローンで逮捕される可能性ってあるの?軽視厳禁の飛行ルール

ドローンで逮捕される可能性ってあるの?軽視厳禁の飛行ルール

最近テレビやイベント会場などでよく見かけるようになったドローン。このドローンを飛ばすには多くのルールが存在していることをご存知ですか?

見る人によってはただのおもちゃのように見えるドローンですが、実際ドローンを操縦しようと思ったら、飛ばす条件が限られていることに驚くはずです。

では、その条件から外れたらどうなるのか、ドローンで逮捕という可能性もあるのでしょうか。今回はドローンの違法について詳しくご紹介します。

ドローンには規制がたくさん

ドローンには規制がたくさんあることをご存知でしょうか?ドローンには航空法という法が適用され、その規制の対象となるドローンは200g以上の重量のものと定められています。

まず、ドローンを飛ばすには許可がいる空域と、無許可で飛ばせる空域とで分けられています。


許可が必要な空域

A)空港等の周辺の上空の空域

B)150m以上の高さの空域

C)人口集中区の上空

いずれも安全性を確保し、許可を受けた場合は飛行可能となります。上記以外の空域では、許可なく飛行可能です。

さらに、飛ばす場所に関わらず、守らなければならないルールもあります。


・日中に飛ばす(夜間飛行の場合承認が必要です)

・目視範囲内で飛ばす(目視外飛行は承認が必要です)

・人や建物、車などとの間に高さ30m以上の距離を保つ(30m未満の場合承認が必要です)

・多くの人が集まるイベント会場での上空で飛ばさない(承認を得れば可)

・危険物の輸送をしない(承認を得れば可)

・ドローンから物を投下しない(承認を得れば可)

以上のように、ルールといっても許可さえ得ることができれば可能なことばかりなので、しっかりルールを把握しておきましょう。

では、航空法に反した場合どのような対処をされるのか、ドローンで逮捕もあり得るのかということを次の章で見ていきます。

ドローンには規制がたくさん

規制を知らないと逮捕される?

簡潔にいうと、ドローンで逮捕されることはあり得ます。実際に事例もあり、基本的にはドローン飛行において航空法に反した場合、50万円以下の罰金が科せられるといわれています。

2017年3月にドローン飛行で逮捕されるということが起きました。なぜそんなことが起きたのでしょうか。

ある男性が、拾ったドローンを警察に届けたところ、そのドローンのSDデータに飛行禁止エリアを無許可で撮影したものが入っており、そこには操縦者も映り込んでいました。操縦者が「ドローンを失くした」と届け出に来たためそこで任意の聴取をしたものの、その後出頭しなくなったため逮捕に至ったようです。

違法を犯したことを認めれば書類送検止まりですが、認めずに逃げてしまうと逮捕されてしまうようです。

ドローン飛行における航空法の違反を軽くみなさずに、もし不本意に違反をしてしまったとしても認めることが大切です。

規制を知らないと逮捕される?

簡単にドローンは飛ばせない

ここまで述べたように、「ドローンは簡単に飛ばすことができない」ということがおわかりいただけたのではないでしょうか。

ドローンはここ最近の発展によるものであり、多くの人はドローンの危険性を知らずにいるように思えます。ただの流行りのものぐらいに考えている人もいるかもしれません。しかし、ニュースを見れば、ドローンによる事故で怪我をする者が出るなど、第三者が被害を受けるケースもでてきています。

また、承認を受けて飛ばす場合はさらに気をつけなければいけません。承認が必要な場所や方法で飛ばすということは、理由があって規制しているということなので軽い気持ちで飛ばしてしまうと危険が伴います。周りの状況を確認しきちんと承認を得たうえでドローンを楽しむことができるのです。

ドローン飛行で逮捕ということは、なかなか身近なケースではありませんが、紹介した事例のように軽くみていると起こり得ることではあるので、ドローン飛行を軽視しすぎてはいけません。

違反しないためには

では、ドローンを飛ばす際に違反しないためにはどうしたらいいでしょうか。

わかりきったことではあると思いますが、ルールをしっかり守ることが大切です。当たり前のことに思えますが、ドローンを軽視するあまり守れない人がいるのが事実です。

基本的には無許可で飛行できる空域を把握して、「ここは確実に無許可で飛行可能な空域だ」というところで飛ばすのが安全な選択だと思います。逆をいうと、許可がいるのか曖昧なところで飛ばすのは控えたほうがいいですね。

無許可で飛行できる自分のお気に入りのスポットを決めて、そこを自分の拠点にして安全を確保するのも手ですし、違う景色を見たい場合は入念に調べて飛行場所を決めることで、違反にならずに済みます。

せっかくドローンを操縦できるのなら、楽しむことが一番のはずです。楽しみであるはずのドローンで逮捕なんてもってのほかですよね。違反しないようになるべく安全な選択を試みましょう。

違反しないためには

まとめ

ドローンには規制がたくさんあり、飛ばす場所や方法が制限されています。しかし、ほとんどは承認を得ることができればドローンを飛ばすことが可能です。

しかしその承認を得ずに、承認が必要な場所・方法で飛行した場合は違反となり基本的には罰金刑が科せられます。過去には、逮捕されるケースもありました。

ルール自体はそこまで厳しいものはなく、しっかり把握していれば違反することはないように思えます。しかし軽視しすぎると不本意であっても法に触れてしまう内容です。そのためドローンは簡単には飛行できない、と危機感をもって考えることが大切になります。

違反をしないために「自分の安全スポットを決める」などして、とにかくルールをしっかり把握することに注意しましょう。ドローンで逮捕なんて最悪な事態にならないよう、ドローンを安全に楽しみたいですね。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト