2018.09.05(水)

大阪ではドローンの規制が厳しい!ドローンを飛ばすにはどうしたら?

大阪ではドローンの規制が厳しい!ドローンを飛ばすにはどうしたら?

近ごろのテレビ番組には、ドローンを使った空撮がよく使われているようです。人の手では撮影できない場所に突入して撮影された映像は、私たちを鳥になったような気分にしてくれます。

しかしせっかく高価なドローンを購入しても「いざ飛ばそう!」としたとき、さまざまな規制があるために、ドローンを飛ばせる場所は意外と少ないと気づかされることでしょう。

そんな大阪ではドローンに対する大変珍しい取り組みがおこなわれているようです。そこで今回は大阪におけるドローンの取り組みについて分かりやすく解説していきます。

大阪は厳しい?!ドローンは飛ばせない?!

近ごろテレビや新聞などでよく耳にするようになったドローンですが、どこでも自由に飛ばせるわけではないということをご存知でしょうか?

ドローンを飛ばせないところ、飛ばせるところを十分に理解して操縦を楽しみたいものです。最近はドローンによる事故が増え、そのたびに都心部を中心とした規制が強化されています。そんな中、大阪ではドローンに対する珍しい取り組みがおこなわれていると注目を集めています。

この章では日本全国の一般的なドローン規制や、大阪の事例をご紹介します。

①空港等の周辺(進入表面等)の上空

空港等の周辺やその上空では、航空機やヘリコプターとの衝突や接触を避けるため利用が制限されています。また離着陸のコースにあたる空域でも利用は規制されているのです。すべての空港で、空港から6㎞以内。大阪だと伊丹空港では24㎞とさらに広い範囲が規制の対象となっています。

②人口集中地区の上空

車や自転車、人ごみが多いといった所でドローンを飛ばす場合は、特に注意が必要です。特に国勢調査をもとに定められた「人口集中エリア」または「DID」と呼ばれるエリアでは、規制がかかっています。


「DID」とは?

DIDは、海岸や河原が含まれる場合もあり「そこに人がいなくても、家がなくても人口集中地区に該当する場合がある」という注意が必要なエリアです。

③高さ150m以上の高さの空域

ドローンを地上から150m以上、上空に飛ばした場合は航空法による規制の対象となります。これはコントロールできなくなった際の落下の衝撃、航空機等の接触リスクを考えて規制されているようです。

このほかにドローンを飛ばすときのルールとしては……

・自分の目で見える範囲で飛行すること

・30m未満での飛行禁止

・イベント会場での飛行禁止

などが挙げられます。そして大阪でドローンを飛ばす場合は、大阪航空局の許可が必要です。なお規制があるエリアについては地理院地図で確認することができます。

イベント会場での使用禁止に関しては、岐阜県大垣市でのドローン事故がきっかけとなり、以下の規制が義務づけられました。

・ドローン飛行中の下に立ち入り禁止エリアを設ける

・プロペラガードを設ける

詳しい規制内容がわからない場合は、国土交通省に問い合わせてからドローンを利用しましょう。

大阪は厳しい?!ドローンは飛ばせない?!

公園でもドローンは飛ばせないの?

続いて大阪でのドローンに対する珍しい取り組みについて、くわしく解説していきます。大阪では首相官邸でのドローンの墜落事件を受けて、行政が独自でドローン規制に乗り出しました。このような規制は全国でも珍しい対応として注目されています。

そんな中、大阪市内にある約980箇所のすべての公園で「公園条例」によりドローンの飛行が規制されています。大事なことなので、もう一度いいますが、市内の公園すべてです。大阪城公園ももちろん含まれます!

それは新たな条例による禁止ではなく、条例で禁止されている「他人に危害を及ぼすおそれのある行為」の条項によって規制するとのこと。

この規制はつまり、この条項の解釈の仕方によっては航空法で対象外の200g以下(機体本体とバッテリー重量の合計)の小型ドローンも規制の対象になるかもしれない、という解釈ができるでは?という声をもらす人もあります。

大阪ではどうしたらいいの?

「大阪の街でドローン飛ばしたい!どうすればいい?」という方に向けていくつかの方法をご紹介します。何度もいいますが、人が集中する街中では、基本的にドローンを飛ばすことはできません。

大阪では原則として、公園でドローンを飛ばすことは禁止されています。一方で国土交通省の定める区域を除き「大阪府内のドローン練習場・法律や条例規制対象外の屋外・屋内」などであれば、ドローンを飛ばすことができます。

以下に具体的な場所を明記しますので、大阪でドローンを飛ばしたいとお考えの方は、ぜひ参考になさってください。


□能勢高原ドローンフィールド

住所:大阪府豊能郡能勢町栗栖60-1(ノセボックス内)

管理者:ふるさと創生研究開発機構 

マルチコプター事業部・能勢町マルチコプター倶楽部

定休日:不定休


□ノマックドローンフィールド

住所:大阪府豊能郡能勢町栗栖60-1(ノセボックス内)

管理者:ふるさと創生研究開発機構

マルチコプター事業部・能勢町マルチコプター倶楽部

定休日:不定休

補足:平日のみ利用可能


□Flight Pilot Vace

住所:大阪市北区本庄西1-6-14

管理者:Flight Pilot Vace

定休日:不定休

補足:マイクロドローン向け屋内施設

受付 平日9:00~17:00


□ドローンスクールジャパン大阪市北校

住所:大阪府大阪市福島区大開3丁目1-34

管理者:ドローンネスト株式会社

定休日:土日祝

補足:スクール事業を展開する会社の屋内練習場です


□ドローンミュージアム堀江

住所:大阪市西区南堀江2丁目3-12 アクサンビル

管理者:株式会社スカイグローバル

休館日:毎週火曜日および年末年始

補足:スクール事業を展開する会社のドローンに特化したミュージアムです

その他、屋外でドローンを飛ばしたい場合は、国土地理院の「地理院地図」を参照していただくほか「SORAPASS」というサービスを利用してみるのもいいでしょう。

また、ドローンを飛ばすにあたって基本的に気をつけることをまとめてみました。飛行環境や自分自身の体調などもかんがみながら、安全に操縦を行う分には問題がありません。ドローン自体のメンテナスも含め予期せぬ事故が起こらないためにも、以下に気をつけてください。


・高速道路、新幹線上空や周辺で飛ばさない

・トンネル等の付近では飛ばさない

・高圧線、変電所、電波塔、無線施設等の付近では飛ばさない

・お酒をのんで飛ばさない

・安全確認を怠らない

・被災地周辺で飛ばさない

・補助者を置き安全を確確保に努める

・定期的に点検、整備をする

・操縦技能の保持・向上に努める

・保険に加入する

大阪ではどうしたらいいの?

まとめ

ドローン市場はこれからも伸びていく見込みのある市場ですが、人や物が集中する都心部ではドローンに対する法整備が加速しているという現状があります。

大阪のドローン規制はその最たる例で、全国に先駆けて条例レベルでの規制に乗り出しました。その一方で大阪市内にはドローンミュージアムのような珍しいミュージアムもできています。

ドローンを飛ばすにあたっては、危険を回避するための法律を定め、規制を設けるの当たり前です。しかし、それが産業の発展または事業展開を阻害するかもしれません。そうなると、ドローンの主戦場は都心部ではなく、地方へ向かう可能性もあります。

いずれにしても、今後のドローン規制には注目していきたいですね。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト