2018.09.05(水)

ドローン初心者向けの練習方法をご紹介!事故を防ぎ楽しく操縦しよう

ドローン初心者向けの練習方法をご紹介!事故を防ぎ楽しく操縦しよう

ドローン操縦は、しっかりと技術を磨かなければ、大変危険な行為となってしまうおそれもあります。墜落して人身事故につながってしまうこともあるため、練習を重ねる必要があります。

「ドローンを買ってみたけれどうまく操縦できない……」そんな方のために、練習方法をご紹介します。ドローン初心者向けの練習方法を実践することで、きっと操縦技術も上がることでしょう。

本コラムでは、ドローン初心者のための練習方法やコツなどを紹介していきます。安全な操作を習得し、楽しくドローンを飛ばしましょう。

ドローンの操縦の上達のためには

ドローンをうまく操縦するにはコツが必要であり、そのコツを習得するためには繰り返し練習をおこなうことが重要なのです。闇雲にドローンを飛ばすだけでは、技術向上は難しいとされています。

「ドローンを購入して操作してみたけれど、案外うまく操縦できない……」なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ドローンは年々操作性も上がっており、初心者でも簡単に飛ばすことができるようになってきました。しかし、ドローンを飛ばすことにはリスクもあります。

それは、ドローンが墜落してしまう危険性があるということです。操縦に慣れていない初心者であれば、そのぶん墜落の危険性も高まってしまいます。

きちんと操縦訓練をおこなわないと、人や建物に衝突するなど、思わぬ事故の原因となってしまうこともあります。ドローンを安全に扱うためには、しっかりとした技術を身に着け、安定した飛行をおこなうことが大切です。

しかし、ドローンの練習はどこでもおこなうことができるわけではありません。まずは、国土交通省が規制している区域でないかどうかを確認する必要があります。また、近くに障害物がないか、人がいないかなど、周囲の安全もしっかり確認してドローンを飛ばしましょう。

ドローンの練習は、奥行や高さの感覚を掴むことや、ホバリングとよばれる操縦方法をしっかりおこなうことが重要だといわれています。ドローン初心者向けの練習方法などをご紹介していきます。

ドローンの操縦の上達のためには

まずは奥行や高さの感覚を!

ドローン上達のためには、まずは奥行や高さの感覚をつかむことが重要です。普段、空間を意識して生活している方は少ないでしょう。そのため、ドローンを狙った場所に飛ばすことは案外難しいのです。

ドローンは、航空法により150m以上上空へ飛ばすことができません。150m未満の高さや距離の感覚を、練習を繰り返すことによりつかんでいきましょう。ドローン初心者向けの練習方法をご紹介します。

▽高さの感覚をつかもう

高さの感覚に慣れるためには、まずはドローンを5mの位置まで上昇させ停止させるという操作を繰り返します。

上昇させる前には高度は確認せず、「5m上がった!」と感じたら停止させ、その際にドローンが今何mの高度にあるのかを確認します。

この操作を繰り返すことによって、次第に5mぴったりの位置で停止させることができるようになってくるはずです。

▽奥行の感覚をつかもう

高さの感覚に慣れてきたら、次は奥行の感覚をつかみましょう。ドローンの練習できる場所へ移動し、10m感覚でカラーコーンなどの目印を設置します。

まずは目視だけで、ドローンをその目印まで飛ばしてみましょう。ドローンカメラを真下に向け、目印が映っていれば成功です。もしずれていれば、奥行の感覚があまりつかめていないことになります。

この練習を繰り返すことで奥行も次第につかめるようになっていきます。高度も意識しながら練習をすれば、奥行だけでなく高さ感覚をつかむ練習も同時におこなうことができます。

以上のような練習を何度も繰り返すことによって、最終的には画面を確認せずとも、ドローンがどのくらいの奥行・高さにあるのかを「感じられる」ようになってくるはずです。

まずは奥行や高さの感覚を!

大事なのはホバリング!

ドローンを上達させるためには、ホバリングをマスターすることが重要です。ドローン操作には欠かせない操作となってくるため、しっかりと習得しておきましょう。とくにドローン初心者は練習を重ねる必要があります。

ホバリングとは、「空中の一定の場所で静止させること」をいいます。ヘリコプターが空中に留まって、静止しているシーンを見たことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。その状態をホバリングとよびます。

ドローンはほんの少しの風でも煽られて揺れてしまいます。ホバリングを習得しておくことで、少しの風にも負けない操作技術を身に着けることができます。こちらも、高さ・奥行練習と同じく、繰り返し練習しましょう。

【ホバリング練習方法】

①ドローンを目線の高さまで上昇

目線の高さまで上昇させたら静止させます。なるべくドローンを動かさないように維持してみましょう。


②両手を伸ばした先まで移動させる

自分から1mほど離れた位置へ移動させます。このとき、慌てずゆっくりとスティックを動かすのがコツです。前後左右に移動させて感覚をつかみましょう。慣れてくると、なめらかに操作できるようになってくるはずです。


③着陸も同時に練習する

着陸操作は難しいため、はじめは地面にたたきつけてしまうこともあるかもしれません。そうならないようにゆっくりと地面に向かってホバリングをし、着陸させる練習をおこないましょう。

ホバリング練習のコツは、なるべく大きなアクションを控えることです。コントローラーのスティックを大きく動かしてしまうと、操作しているドローンの動きも同様に大きくなります。

そうなると、ホバリングさせる際にも大きくスティックを動かす必要があります。小さいアクションで操作をおこなうことで、ドローンの動きが不安定になることを防げるはずです。

より上達させるためには

ドローンの操縦をより上達させるには、ドローンスクールに通う方法もあります。ドローンスクールとは、ドローン操縦士を育成するために、ドローンについてのさまざまな事柄を学べる学校で、全国各地で開校されています。

ここでは、ドローンスクールに通うメリット・デメリットをご紹介します。

【メリット】

▽ドローンのプロから技術を学べる

実際にドローン操縦のプロとして、活動している方などから直接技術を学ぶことができます。


▽現場の声を聞ける

ネットなどでは情報が混濁していますが、スクールに通えばさまざまな現場の情報などを直接聞くことができます。


▽仲間ができる

ドローンを一緒に操縦する仲間ができるため、楽しく学べます。


▽資格をもらえる

国土交通省に承認を受けなければならない書類を一部免除してもらえる資格をもらえます。

【デメリット】

▽費用が必要

高い費用がかかるというデメリットもありますが、メリットのほうが断然多いため、「ドローン初心者で練習の仕方がわからない……」「誰かに教えてほしい!」という方にはおすすめです。

より上達させるためには

まとめ

ドローン初心者の練習は、まず高さや奥行を意識した操作をおこなうことが重要です。また、それ以上にホバリングを習得することも大切です。

これらの練習は繰り返しおこなう必要があります。しかし、しっかりと技術を習得しなければ、ドローンを墜落させたり、事故をおこしたりしてしまうかもしれません。

もし自分ひとりで練習をおこなうことが不安であれば、スクールに通うこともおすすめです。費用はかかりますが、たくさんのメリットがあるため、通って損はないでしょう。

ドローンは闇雲に練習しても技術の向上は難しいです。練習を重ね、安全に楽しくドローンを飛ばしましょう。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト