2018.09.05(水)

ドローンの操作方法を徹底マスター!基本から応用まで解説します!

ドローンの操作方法を徹底マスター!基本から応用まで解説します!

ドローンの操作に慣れるには、一定の時間以上の練習が必要です。今現在ドローンの操作方法でお悩みの方もいるのではないでしょうか?ドローンの操作を習得するためには、まず基本の操作を徹底的反復しておこなうのがよいとされています。

今回の記事では、ドローンの操作方法に慣れるための基本の練習方法について詳しく解説しています。これからドローンを始める方もぜひご覧ください。

練習のコツを知ろう!

ドローンを練習する目的は練習を通じてドローンの操作に慣れることです。「なにを当たり前なことを…」と思われた方もいるかもしれません。しかし、練習にはドローンの操作に慣れること以外にも重要な意味があるんです。

それはドローンを墜落させないことを覚えることです。初心者の方は適切な練習方法や手順を理解して進めていかないと「2.3回飛ばしただけでドローンが大破してしまった…」。という場面に直面することになってしまうかもしれません。

ドローンを墜落させないためにも、練習では初めに離着陸の練習をおこないましょう。ドローンの離着陸を正しくおこなうことができれば「ドローンを始めて早々に大破…」ということも少なくなるかもしれません。まずは離陸の練習から徹底して覚えましょう。

離着陸の練習をする際のポイントですが、まず離陸をするときは思いっきりドローンを上昇させます。ドローンを離陸させる感覚に慣れてきたら、次は目線の高さまでドローンを上げる練習をしていきましょう。

着陸の練習方法は、着陸の練習をするときには必ずドローンをゆっくりと動かすようにしてください。着陸はドローンが最も壊れやすい操作です。ゆっくりと、慎重にドローンを地面に降ろすことを意識してください。

ドローンの離着陸の操作に慣れてきたら、次は前後左右の操作練習を進めていきましょう。前後左右の操作練習はドローンの高さや奥行きの感覚を覚えていきます。

まずはひとつのポイントから目標のポイントまで、ドローンを移動させる練習をしていきましょう。

前後左右のドローンの操作ができるようになってきたら、今度はその動きに離着陸を加えて一連の操作を練習します。ドローンの操作方法を覚えるには反復して覚えるのが一番効果的といわれています。

練習あるしよう!練習のコツ!

操作練習はホバリング!

ドローンのなかでも大事な操作方法がホバリングです。ホバリングはドローンの操作方法のなかでも空撮の際には必須の操作です。

ドローンのなかには、自動でホバリングをする機能がついたものもあります。しかし手動の操作でもホバリングはできるようにしておいたほうがよいでしょう。

ホバリングの練習をするときは、目線の高さでおこないましょう。目線の高さで操作することで、ドローンの細かい動きを確認することができます。自分の操作がどうドローンに反映しているのか、すぐに確認できることは操作の改善にもつながりやすいです。ホバリングが安定して5分継続できるようになるまで練習しましょう。

慣れてたら次のステップは

ドローンの操作方法の基本である離着陸や、ホバリングにも慣れてきたら、複雑な動きに挑戦していきましょう。たとえば、円形にドローンを動かしたり、8の字にドローンを操作していきます。

これらの動きは、基本の練習でおこなった前後左右の動きの応用です。練習をするときにはコーンなどの障害物を置いたり、ドローンを自分の周りで円形に飛ばしてみるなどして練習しましょう。

ドローンを練習するときは、必ず周りに人がいない広い場所でおこなってください。狭い場所でおこなうと、ほかの人に迷惑がかかるおそれがあります。ドローンは墜落する危険もありますので、操作の練習をする際は必ず周りの状況には注意しましょう。

慣れてたら次のステップは

もっと上達させるために

ここまでドローンの操作方法や練習方法について解説してきました。しかし、なかには「短期間でドローンの操作をマスターしたい」「一気にレベルアップしたい!」という方もいるのではないでしょうか。

そういった目標のある方はドローンの学校に通うことがおすすめです。ドローンの学校ではプロからドローンの技術や知識を学ぶことができ、学校には専用の練習スペースも用意されてることもあります。

ドローンの操作に慣れる時間もたっぷりとれ、バッテリー切れによる練習の中断にも学校では予備の電池に変えるなどして、長い時間練習を続けることもできます。「ドローンの操作を短期間で一気に学びたい」という方は、ドローンの学校を検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ

ドローンの操作方法に慣れるには、練習時間の確保が必要です。基本的な離着陸や、前後左右の移動は徹底的に反復して覚えるまでおこないましょう。

基本的なホバリング操作に慣れてきたら、円形や8の字などの複雑な操作でスキルアップをしていくとよいでしょう。

これらの操作を短期間でマスターするには、ドローンの学校へ通うのが一番の近道ではないでしょうか。気になる方はドローン学校に通うことを検討してみてはいかがでしょうか?

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト