2018.09.05(水)

ドローンにはライセンスが必要?ライセンスについて詳しく解説します

ドローンにはライセンスが必要?ライセンスについて詳しく解説します

ドローンを飛ばしたいときに「ドローンを飛ばすのに特別なライセンスがいるのか?」と考えたりしていませんか?実は、ドローンを飛ばすときに必須となるライセンスはありません。しかし、ドローンのライセンスは世のなかには存在しています。それはいったい何のためにあるのでしょうか?

今回の記事では、ドローンのライセンスが必要になるケースの紹介や海外のドローン事情について解説していきます。

ドローンを飛ばすためには資格は?

日本では、ドローンを飛ばすために必須となるライセンスはありません。そのため、ドローンは飛ばそうと思えば誰でも飛ばすことができます。

しかし、ドローンを許可なしで飛ばせる場所は限られています。場所によってはドローンを飛ばす前に許可が必要だったり、飛ばすこと自体が禁止されていることがあります。

たとえば、都市部のような人口集中地区はドローンを飛ばす前に許可が必要になります。人口集中地区とは、一定の数値以上の人口密度がある場所で、都市部のほかには工業地帯や公園などが含まれます。

また、夜間や目視できない範囲でのドローンの飛行にも事前の許可が必要です。ドローンの飛行許可は、国土交通省の定めるものに従って申請する必要があります。こういった申請をするときにドローンのライセンスがあることによって、申請の手間を短くすることができるのです。

ライセンスには、日本には国が認める「国家資格」」と民間の団体が認める「民間資格」があります。しかし、現在ドローンのライセンスがあるのは、民間の団体が認める「民間資格」のみとなります。

ドローンを飛ばすためには資格は?

ドローンのライセンスが必要な場合がある

ドローンを飛ばす際に必須になる資格はありませんが、なかにはドローンのライセンスが必須といわれるケースもあります。

ドローンのライセンスが必須になるのは、ドローンの仕事をするときです。ドローンでは誰でも扱うことができるぶん、資格以外には技術の証明や実績を証明するものがありません。

ドローンの仕事をする際には、ドローンのライセンスを持っておくことが操作技術や知識の証明になります。ライセンスがあればドローンの仕事探しをするときにも、有利になるでしょう。ドローンで仕事を始めようと考えているかたは、ライセンスの取得を検討してみてもよいでしょう。

海外では必要?

日本でもドローンの規制は整備されてきています。しかし、世界にはもっとドローンの規制が進んでいる国があります。規制が進んでいる国のなかには、ドローンの持ち込みを禁止しているところもあり、この規制に違反した場合には、ドローンの没収や罰金刑となることもあります。

たとえばアメリカでは、ドローンを飛行させる際にドローン用のライセンスが必要です。アメリカのライセンスは、取得してからも2年ごとに免許の取得が必須になっています。

さらに、アメリカでは2015年からドローンの機体登録が必要になりました。これはグアムやハワイにも適用されていて、アメリカにドローンを持ちこむ際には、事前の登録が必要です。アメリカにドローンを持ち込む際には、必ず事前の登録をするようにしましょう。

またカナダでは、ドローンの規制では先進国といわれ、アメリカ以上にドローン規制には厳しいといいます。カナダでは娯楽目的のドローンと飛行機があわや衝突するという事件が相次ぎ、ドローン規制も厳しくなっています。

ほかにもカナダではドローンに連絡先を明記することが義務付けられています。それ以外にも、夜間のドローンの使用禁止や、空港から一定の範囲内での使用禁止、高度は90m以下に制限されるなどの細かい規制が設定されています。ドローンの規制を違反したときには、厳しい罰金が科せられるので注意が必要です。

海外では必要?

ドローンで仕事をしたいなら

先の章でも述べましたが、ドローンを仕事にする際にはドローンの技術の証明のためにもライセンスの取得を考えるのがよいでしょう。ドローンのライセンスを取るためには学校がおすすめです。学校では資格に加えて、ドローンの知識や技術を学ぶこともできます。

ドローンの学校を選ぶ際には、ライセンスを認定してくれる学校を選ぶようにしましょう。

技術の証明になるライセンスとは、日本でも主要といわれる3つの団体が認定しているライセンスです。主要な3団体とは「DJI CAMP」、「DPA」、「JUIDA」です。ドローンのライセンスは、このいずれかの団体が認定しているものを選ぶようにしてください。

まとめ

ドローンを飛ばすことにライセンスは必要ありません。しかし、ドローンのライセンスが必要になるケースや、海外にはドローン規制があります。

アメリカではドローン用のライセンスが必要ですし、カナダでは連絡先の記載などのルールが適用されています。

また、ドローンの仕事をするのであればライセンスの取得をしましょう。気になる方は、学校にかようことを検討してみてはいかがでしょうか?自身の目的によっては、ドローンのライセンス取得を検討してみてくださいね。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト