2018.09.05(水)

ドローンのホバリングって?練習方法からコツまで一気に解説します!

ドローンのホバリングって?練習方法からコツまで一気に解説します!

ドローンは一見簡単に飛ばせそうです。しかし、いざ操作してみると、「ドローンを安定して操作することが難しい。」と感じているかたも多いのではないでしょうか?ドローンを安定して飛ばすためには、ドローンが安定して飛ぶ原理を理解し、適切に練習することが近道です。

今回の記事では、安定してドローンを飛ばすために知っておきたい知識や練習方法、ドローンをホバリングするときのコツについて詳しく解説していきます。

ドローンを安定させる操縦方法とは

ドローンを空中で静止させる操作方法がホバリングといいます。ドローンの操作で重要なのがこのホバリングです。

ホバリングは、ドローンを始めた人がぶつかる第一関門といわれています。ドローンを安定して操作するためには、ホバリングを習得することは欠かせません。ドローンのホバリングがうまくできなければ空中に静止することができず、フラフラと空中をさまようことになってしまうかもしれません。

ホバリングの操作方法のなかで、ドローンにかかっている力とモーメントのバランスをうまくとることが重要です。モーメントとは力に対して反発する力のことです。

たとえば、ドローンが右に動いているのを止めて安定させるにはドローンのプロポ(コントローラー)のスティックを左に倒します。このときにドローンにかかるモーメント(反発力)が適切でないとドローンは安定せず、ホバリングをすることができません。

ドローンを安定してホバリングさせるためには、ドローンにかかっている力とモーメント(反発力)をぴったり合わせることが必要になってくるのです。この操作に慣れることができれば、ドローンを安定して操作することができるようになるかもしれません。

ドローンを安定させる操縦方法とは

安定させるためには練習が必要!

ドローンの操作上達にかかる時間はもちろん人それぞれです。これだけやったからこれだけ上達したというものでもありません。

ドローンを安定させて飛ばすためには、ある程度の練習時間が必要です。ドローンは自転車と同じです。練習もせずにいきなり一人で自転車に乗れる人はなかなかいないでしょう。

一般的にはドローンの練習は、約10時間すれば車の免許でいう仮免レベル、約30時間も練習すればドローンを仕事にできるレベルまで上達することができるといわれています。まずはこの上達時間を目安に、ドローンを安定させる操作を練習していきましょう。

ドローンを安定させる練習方法はとても簡単です。さきの章でも述べたようにドローンを安定させる方法は、ドローンにかかっている力とモーメント(反発力)をピッタリ合わせることです。

そのため、ドローンが動いている方向とは逆の方向にプロポ(コントローラー)のスティックを倒し、その場でドローンをホバリングさせることが重要です。

はじめは難しいと感じるかもしれませんが、練習を重ねることが大切です。さきほど紹介した練習の目安時間を参考に、上達するまで繰り返し練習しましょう。

ホバリングのコツとは

しかし、いくら練習してもドローン操作の上達が実感できないという方もいるでしょう。ここでは、ドローンの操作を安定させる重要な操作であるホバリングのコツを紹介していきます。

ドローンのホバリングをうまく操作するためのコツは、プロポ(コントローラー)のスティックを大きく動かさないことです。スティックを大きく動かすとその分ドローンの動きも大きくなります。大きな力を止めるためには大きな力が必要になり、それだけ止まるときの反動も大きくなってしまいます。

ドローンの動きを極力コンパクトにすることで、止まる操作をスムーズにすることができます。まずは、ドローンの動作を小さくすることを意識してみてください。

また、ホバリングのコツをつかむために、ドローンを目線の高さにおいて練習しましょう。ドローンを目線の高さにすることで、ドローンの動きが把握しやすくなります。

ホバリングのコツとは

操縦がわからなければ学校もおすすめ

ドローンは簡単に飛ばせるようで、練習には時間がかかります。また、ドローンを始めたばかりの人は「身近に相談できる人がいてくれたら…」と思うこともあるかもしれません。

そうした方はドローンの学校に通って、プロの知識や技術を持った人に教えてもらうことを検討してもよいかもしれません。ドローンの学校に通えば、アドバイスをもらいながら、短時間でドローンの操作を上達することができるだけでなく、知識も身につけれることができます。

学校に通うことで、ドローンをホバリングさせるためのコツや、安定して飛ばすための練習もみっちりとおこなうことができます。もし、ドローンの操作を短期間で効率よく習得したいという方はドローンの学校へ通うことを検討してみるのもおすすめです。

操縦がわからなければ学校もおすすめ

まとめ

ドローンを安定させるためには、ホバリングの操作、そしてそのための力やモーメント(反発力)に関する知識が必要になってきます。

ドローンをホバリングさせるときのコツは、スティックを大きく動かしすぎないことです。また、上達するまで練習を続けることも重要です。

もし、一人での練習が不安な方はドローンの学校にかようことを検討してみてもよいでしょう。ドローンの操作上達やドローンの知識を身につけ、短期間で一気にレベルアップをすることもできるかもしれません。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト