2018.09.03(月)

練習用のドローンはどう選ぶ?初心者向けのドローン選びの基準とは

練習用のドローンはどう選ぶ? 初心者向けのドローン選びの基準とは

近年ドローンの話題をよく耳にするようになり、「ドローンの使い方を覚えたいけど練習用のドローンってあるの?」「ドローンを飛ばす練習ってどんなことをしたらいいの?」という疑問を抱いている方も多いのではないかと思います。

そこでこの記事では、練習用ドローンを選ぶときの基準やドローン操作の基本的な練習方法について紹介していきたいと思います。

練習用ドローンはプロペラ4基のもの?

練習用のドローンを購入する際は、一体何を基準に選んだらいいのでしょうか。一つの基準としては、「価格の安さ」が挙げられます。もちろん、価格の高い機体の方が、操縦しやすいものが多いです。

しかし、初心者の内は、墜落や衝突といった操縦ミスでドローンを故障させてしまうことも少なくありません。そのため、いきなり価格の高いドローンに手を出すよりも、まずは価格の安いドローンを買って、基本的な操作を覚えることを優先した方がいいでしょう。

価格の安いドローンの特徴としては、「プロペラが4基のもの」「小型軽量のもの」という二点を挙げることができます。これはプロペラが少ないほど、機体が軽くて小さいほど、その分だけ値段も下がるためです。練習用にどのドローンを購入するか迷った際は、是非この二つを基準にしてみてください。

また小型の機体には、価格の安さ以外に法規制を受けないという利点もあります。具体的には、改正航空法は200グラム未満のドローンの飛行を規制の対象外としています。

練習用ドローンはプロペラ4基のもの?

トイドローンもいいの?

練習用のドローンには、プロペラが4基の小型で安いものを使うのがいいことが分かりました。では、練習用のドローンにトイドローンを使うのはどうなのでしょうか。

トイドローンという言葉に具体的な定義はありませんが、おおむね通常のドローンより小型で安価なものを指します。その意味では、「価格の安さ」という練習用ドローンの基準を満たしていると言えるでしょう。

また、トイドローンの中には、室内で練習できるものも存在します。条例によってはドローンの飛行を禁止している地域もあるため、これは大きなメリットです。

ただし、トイドローンは通常のドローンより操縦が難しい場合が少なくありません。それは機体が小さくなると、その分機体の安定度が下がるためです。また、トイドローンの多くはGPSが搭載されていないため、位置や高さをコントロールするのに操縦者の技術が必要とされます。

ドローン操作は練習しよう!

価格の安さを基準にして、練習用のドローン(トイドローン)を購入したら、次は具体的な練習を始めましょう。最初に覚えるのは「ホバリング」です。これはドローンを空中の同じ位置に飛行させたままにしておくテクニックです。

正面を向けた状態でドローンを離陸させ、自分の目線の高さで15秒間飛行させます。次に2秒使ってドローンを90度回転させ、その場で5秒のホバリングを行いましょう。それができたら、また同じように2秒使ってドローンを90度回転させ、その場で5秒のホバリング……というふうに繰り返し練習してください。

ホバリングを覚えたら、次は「ピルエット」に挑戦しましょう。ピルエットとは、ホバリングの状態で、ドローンをくるくると横回転させるテクニックのことです。ホバリングと同様に、正面を向けた状態でドローンを離陸させ、自分の目線の高さまで上昇させます。

次に、先ほどは90度で止めた回転を止めずに、その場で回転させ続けてください。ホバリングを始めた位置から機体が流れないようにしながら、1分ほど回転を続けましょう。ホバリングとピルエットを覚えたら、次はこの二つに前後の動きを加えた操作を覚える練習に入ります。

ホバリングを3秒してから、機体を前進させて、更にホバリングを3秒。そのあと180度ドローンを回転させ、機体を前進させて、ホバリングを3秒行います。それができたら、また180度ドローンを回転させて……と、こちらもホバリングの練習のときのように何度も繰り返します。

これらはドローンの操作においては基礎的なものです。しかし、こうした基礎をおろそかにしないのは重要なことです。何度でも繰り返し練習しましょう。

※条例などによって、200グラム以下のドローンでも法規制を受ける場合があります。実際に練習を行う前に必ずご確認ください。

ドローン操作は練習しよう!

操縦におすすめのドローン!

ホバリングやピルエットといった練習方法については簡単ながらご説明させていただきました。それでは最後に、練習用のドローンにおすすめの機体について、具体的に紹介していきたいと思います。


①ジーフォース Hubsan X4 HD 操縦におすすめのドローン!

Photo by Amazon

練習用ドローンの定番です。プロポ(コントローラー)の操作性の良さから高い人気を誇っています。機体重量51グラムと小さく、値段も控えめなのがうれしいところです。


②Holy Stone F181W 操縦におすすめのドローン!

Photo by Amazon

機体重量が132グラムと重めで、価格もやや高いです。しかし、気圧センサーがついているため、ドローンが自動で高度を維持してくれるので、初心者でも簡単に操作を行うことができます。


③ジーフォース Hubsan X4 Desire H502E 操縦におすすめのドローン!

Photo by Amazon

機体重量155グラムとこの中では最も重いです。ただし、上記の気圧センサーに加え、電波をロストすると自動で戻ってくるという、紛失防止のフェイルセーフ機能つきです。なおフェイルセーフ機能とは、何か問題が発生したときに被害を最小限に抑える機能のことです。


④Holy Stone HS170 操縦におすすめのドローン!

Photo by Amazon

機体重量は42グラムと軽いですが、機体が小さすぎないので、その分だけ安定感があります。あえて難易度の高いトイドローンで基礎を練習したいという方にはこの機体をおすすめします。


⑤童友社 スパイダーⅡ 操縦におすすめのドローン!

Photo by Amazon

機体重量はわずか36グラム。軽いので室内の練習にはうってつけです。ただし、軽すぎて風に弱いという弱点もあるので、屋外での練習の際はお気をつけください。

まとめ

練習用のドローンには、価格の安いものをおすすめします。いくら操作性がよくても、故障や紛失のリスクを考えると、あまり価格の高いものは選ばない方が無難でしょう。また、トイドローンの価格自体は安いですが、GPS機能がないため操作は難しくなりがちです。室内で練習したいという方以外は、トイドローンは避けた方がいいかと思います。

ドローンの練習には、主にホバリングとピルエット、それから前後の動作を中心に行ってください。これがドローン操作の基礎ですので、繰り返し何度も練習することが重要になります。

練習用のドローンとして具体的にどれを購入するかについては、価格や自分の操作技術、ドローンを飛ばす環境、ドローンを飛ばす目的などから複合的に判断するのがいいでしょう。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト