2018.09.03(月)

ドローンはおもちゃ?おすすめドローンを紹介!初心者でも注意が必要

ドローンはおもちゃ?おすすめドローンを紹介!初心者でも注意が必要

CMやニュース、SNSなどで人の目線のアングルから上空に上がっていく映像が最近増えてきています。実はあれは、ドローンによる撮影で最近では映画やミュージックビデオなどにも取り入れらています。ドローンに興味があっても値段はさまざま、種類もたくさんあってどれがどれだかわからないとあきらめてしまうことがあるのではないでしょうか。

このコラムでは、ドローンのおもちゃやおすすめのドローン、その注意点やルールについて紹介します。

ドローンには大きくわけて2種類!

ドローンは大きくわけて、自立型とラジコンの2種類に分かれます。

自立型

自立型の大きな特徴は操作を必要としないところにあります。機体によって種類は異なりますが、ベーシックなものは機体にGPSを搭載し、電波によって自分がどこを飛んでいるのかを判断しながら事前にプログラムした通りに飛ぶものです。また、GPSを使用せずセンサーの設置などにより自動で障害物を避けるものや、レーザーなどで自動で地形などを認識するものもあります。

最近ではアプリなどを使ったスマートフォンなどから操作可能な自立型ドローンもあります。

このドローンは今までむずかしいと思われがちだった自立型ドローンをアプリにより簡単に設定、操作することが可能になっており、さまざまな形で活躍しています。

ラジコン

ラジコンタイプの特徴はその手軽さです。まず自立型と比べるとラジコンタイプの価格帯が安いことから初心者でも始めやすいです。また、種類によっては水平に飛ばすためのセンサーが付いているため、初心者でも簡単に飛ばせることができます。なにより自分で操作している感覚はラジコンタイプ特有のもで自立型にはない特徴です。

その手軽さから機体の種類が豊富で小さいものから大きなものまであることから、用途に合わせて選ぶことをおすすめします。

ドローンの種類の説明をしましたが、実際に飛ばすうえで、どのドローンのおもちゃがおすすめなのか、初心者が選びやすいトイドローンについて紹介します。

ローンには大きくわけて2種類!

初心者はどのドローンがいいの?

トイドローンとは、通常のドローンと違い価格帯がぐっと安く軽いことから、気軽に空撮を楽しむことができるものです。その中でもドローンのおもちゃとしておすすめなものは多く種類によってはセンサーなども搭載しており、カメラなども搭載した機体もあります。

また、FPVと言われるトイドローンで撮影している映像を手元のコントローラーに無線で送信し、映像を楽しみながら操作できるモデルもあります。デメリットとして上げるのは、まず基本性能では上位のモデルにはかないません。また、機体が軽いため、多少の風でも機体が揺れてしまい屋外での飛行に多少の慣れが必要です。

初心者におすすめのドローン!

実際に購入してみようと思い立ってもどれがいいのか、どの性能があれば楽しめるのか疑問が出てくるかと思いますが、そんなときにドローンを選ぶ際のポイントが取扱説明書です。

ドローンの種類によっては輸入品があり、取扱説明書が英語で書かれていることがあることから飛ばす前の多少の調整などの設定があるため、日本語マニュアルが付いているかどうかを確認することをおすすめします。

そこで、ドローンのおもちゃでおすすめの日本語取扱説明書が付いているドローンを紹介します。


U31W 初心者におすすめのドローン!

Photo by Amazon

このドローンはこの価格帯のトイドローンの中でもかなりの性能です。室内でも楽しめるサイズに合わせ、高度維持機能を搭載。さらに初心者には必須のプロペラガードが付いています。ドローンは操作が普通とは少し違い慣れるまでに時間がかかりますがその際、プロペラが壊れにくいよう頑丈なプロペラガードが付いていることもポイントになります。


HS200 初心者におすすめのドローン!

Photo by Amazon

このトイドローンは気圧センサーによる自立安定機能が搭載されており、高度維持機能。飛行能力などの機能が優れています。ほかにも、簡単な操作で自動ホバリングなどができるほか、ヘッドレスモードによりドローンがどの向きを向いていても操縦者の視点を基準とした操作が可能になっています。

また、フリップモードというのがあり簡単なスティック操作で360度宙返りなどができるなど、豊富な操作が楽しめるほかに予備パーツが付いていることから外で飛ばしたいという方におすすめです。


HS160 初心者におすすめのドローン!

Photo by Amazon

このトイドローンはアームなどをたためばポケットに入ってしまうコンパクトサイズとなっています。このドローンの特徴はコンパクトなサイズと、「チルトモード」が搭載されているところで、チルトモードは専用アプリを使ってスマートフォンで機体操作を直観的に操作できるものです。

また、ワンタッチで着陸や、操作レベルを変更できることから初心者でも安全にフライトができるためおすすめです。


GB100 初心者におすすめのドローン!

Photo by Amazon

このトイドローンは空撮に便利な広角120度のワイドレンズを搭載しています。カメラの画質も720pHDを搭載しており大変便利です。コントローラーとスマートフォンのふたつから操作方法を選べるほか、アプリ画面にてルートを設定するとドローンが自動航空する「トラッキングフライトモード」が搭載されています。

また、「オリエンテーションモード」を使用すれば、操作が不慣れな初心者でも扱いやすく操作しやすい魅力を持っているおすすめのドローンです。HDについてですが、これはテレビなどにおける高解像度のことを指します。1080iや720pがこれに該当し、High Definition(ハイディフニッション)の頭文字をとってHDといわれています。


Tello 初心者におすすめのドローン!

Photo by Amazon

このトイドローンはさまざまな機能が搭載されていますが、一番の特徴は初心者でも簡単に高いクオリティーの映像などが撮影できることです。また、「ビジョンポジショニングシステム」が搭載されており、地面の位置をリアルタイムで捕捉するため、安定したフライトが楽しめます。

その機能を利用したのが「Throw&GO」です。

手のひらからトスをすると即座に起動し、空中をホバリングするなど、豊富な操作ができるため初心者でも楽しめるおすすめのトイドローンとなっています。

トイドローンでも注意は必要!

さまざまなドローンがでてきた最近では、ドローンによる事故、けがなどが増えてきています。

また、知らないうちに法を破ってしまい、取り返しのつかないことになるケースもあります。

そのため、ドローンを操作するにあたって、確認しておくとよい法律は下記の通りです。

・航空法

・小型無人機等飛行禁止法

・道路交通法

・民法

・電波法

・都道府県、市町村条例

この中でも一番ドローンを操作するにあたって重要な「航空法」について紹介します。

航空法によるドローン操作のルールは大きく分けて6つに分けられます。

なお、国土交通省が公開している「改正航空法概要ポスター」が公開されていますので一度見ておくことをお勧めします。


・日中での飛行

これは夜間の飛行を禁止するものです。ドローンの種類によってはライトが付いているものもありますが、あれは夜間飛行を目的としたものではないため、夜の暗闇での飛行は大変危険です。

夜間の飛行をする場合、国土交通省へ手続きを経て承認を受ける必要があります。


・目視の範囲内

これはドローンを操作しているとき、上空に飛ばしすぎ操作が不能状態になり、他の家や車などに衝突してしまう恐れがあるため、「操作は操縦者の目視できる範囲でのみ」とされています。

目視の範囲外での飛行をする場合、国土交通省へ手続きを経て承認を受ける必要があります。


・距離の確保

人や車、建物から最低30m離れているところを維持できる場所で飛行をする必要があります。

先の項目にも記載しましたが、家や人、走行中の車などに衝突した場合、大きな事故やケガに繋がる危険があるため大変危険だと認識しておきましょう。


・催し場所での飛行禁止

祭りなどの催しでの飛行は禁止されています。理由としては操縦ミスにより墜落した際、大きな火災などになりかねない危険性があるため、禁止とされています。


・危険物輸送の禁止

凶器、毒物類、火薬、引火性液体などをドローンにより輸送することは禁止されています。

また、毒物や引火性の液体、火薬類などは「消防法」によって厳しく定められています。


・物資投下の禁止

ドローンで輸送した物資を投下することは禁止されています。


・航空法の対象外になるドローン

航空法には、「飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作または自動操縦により飛行させることができるもの(200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量合計)のものを除く)」と定められています。そのため、200g未満のドローンは規制対象外とされています。

なお、200g「未満」と記載されていることから、機体本体が199gだがバッテリーをつけると200gを超える場合は航空法の対象です。上記で紹介したドローンのおもちゃでおすすめしたトイドローンですが、商品内容を詳しく見たうえで参考にしてください。なお、航空法では「無人航空機」に関する罪が定められており、該当する場合50万円以下の罰金に処するとされています。

過去にはドローンによる航空法に違反した人物が逮捕されているケースもあります。

トイドローンでも注意は必要!

まとめ

近年ドローンについての記事やニュースは多くみかけるようになり、当初と比べると認知度が上がってきていることがわかります。しかしながらそれとあわせて事故や事件、ケガなどが増えてきている面もあり、さまざまな規制などを作ることで、より厳しく取り締まりが行われていることが現状です。

ドローンのおもちゃをおすすめするなかで紹介してきましたが、ドローンに関する法律や禁止事項などは国土交通省などに聞くことでより安全に遊ぶことがでます。これは自身を守ることにもなるので、ドローンを飛ばす前に一度規制などを確認することが重要です。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト