2018.09.03(月)

ドローンの飛ばし方を知ろう!初心者は練習が一番大事?!

ドローンの飛ばし方を知ろう!初心者は練習が一番大事?!

ドローンは日々身近なものになってきており、さまざまな場面で利用されています。そのため、見かけたことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今では企業や研究者だけではなく、一般の人々でもドローンを手に入れることができるようになってきました。しかし、そんなドローンの普及とは裏腹に、ドローンの飛ばし方を教えてくれる人がなかなか見つからないということはありませんか?

本コラムでは、「ドローンを買ったけど操縦方法がわからない」「どう練習したらいいかわからない」という方のために、ドローン初心者の練習方法についてご紹介します。ドローンの練習をしっかりおこなって、楽しく安全に飛ばしましょう。

操作がわからなけば

ドローンは操縦がかなり難しく、初心者にはわかりづらいものです。しっかり練習をして上達し、自由自在にドローンを扱えるようになりたいものですね。

しかし、ドローンはとても高額なものでもあります。操縦の練習で失敗し、上達する前に壊してしまったとなっては大きなショックを受けてしまいます。

そんなことにならないよう、ドローンの初心者はまず「シミュレーター」でドローンの飛ばし方を練習することをおすすめします。

インターネットの環境さえあれば、スマートフォンやパソコンでも利用することが可能で、無料で利用できるものも数多くあります。画面の中で練習するため、ドローン本体を壊したり傷つけたりする心配もなく、のびのびとシミュレーションすることが可能です。

ゲームのような感覚でプレイすることができるため、モチベーションも保ちやすいうえ、なかなか外でドローンを飛ばす時間が取れないという方も十分な練習ができるのが特徴です。

操作がわからなけば

まずはホバリングから練習しよう

ドローンの飛ばし方にはさまざまな操作方法がありますが、初心者がいきなり複雑な操縦をすることはできません。では、どのように練習をすればよいのでしょうか。ここでは、初心者におすすめの練習方法を紹介していきます。

ホバリング

ホバリングは、空中の一定の場所で静止させる動きのことをいいます。空中でじっと動かさないようにするというのはかなり難易度の高い操作ですが、ドローンを上達させるためには必ず習得しておきたいとても重要な操作方法です。

まずは自分の目線ほどの高さまでドローンを上昇させ、一定時間キープできるようになりましょう。1~5分間安定したホバリングができるようになったら、そのまま回転させる動きも練習してみましょう。回転と静止を交互に、自在に操れるようになれたらクリアです。

前後左右移動

単純な基本の動きですが、ドローンは風にあおられるなどでバランスがとりにくく、まっすぐ移動させるのも簡単ではありません。

そのため目印を立て、そこに向かって移動させるというやり方で練習することをおすすめします。移動、停止、向きを変えるという流れをスムーズにできるようになりましょう。

8の字移動

基本の動きは「ホバリング」「前後左右移動」を練習すればよいですが、8の字移動は少し応用編になるため、初めは難しいかもしれません。まずはドローンを水平に保ちながら、8の字を描くように動かしましょう。

慣れてきてそれなりに安定した8の字を描けるようになったら、カラーコーンや旗を立てて障害物として設置してみるといいでしょう。

樹木でもいいですが、まだ慣れきっていないうちに木を障害物として操縦するとドローンを当てて壊してしまう可能性が高いです。柔らかいものや背の低いものなど、危険が少ないものを使用しましょう。

まずはホバリングから練習しよう

スキルが違う!空撮!

「ドローンで空撮をするのが目的だから早くカメラをつけて動かしたい!」という方もいらっしゃるかもしれません。しかし、普通の操縦と空撮では、ドローンの飛ばし方は難易度がかなり違います。空撮とはとても難易度の高いものなのです。

空撮をするにはドローンを滑らかに動かしながらカメラの操作も同時におこなう必要があるため、基本動作が完璧にできていることが前提になります。ホバリングや前後左右移動はもちろん、上昇・下降や離着陸もスムーズに操作するスキルが重要になってきます。

また、動いている対象物に合わせてドローンを動かし、カメラを映し続けるという技術も必要なので、8の字移動よりずっと高いレベルの操縦に慣れなければなりません。

空撮をしたいという方は、まず時間をかけてドローンを安定して操作できるスキルを身につけることをおすすめします。

操縦に不安があれば

「自分でいきなりドローンを操縦するのはちょっと不安……」という方は、ドローンスクールへ通ってみることをおすすめします。スイミングスクールやテニススクール、学習塾などと同じように、お金を払ってノウハウを学びに行く場所です。

最近のドローンブームで一気に数を増やしているドローンスクールには、ドローンの飛ばし方だけではなく座学を導入しているところも多くあります。

ドローンのメンテナンス方法や航空法、安全管理の方法など、ドローンについての知識をつけることができるのがスクールの特徴です。ただ、ドローンスクールはまだ登場して間もないものなので、価格の相場やカリキュラムの基準が定まっていないという面もあります。

しっかり通うことができれば短期間で確実なドローン操縦技術が身に付きますが、カリキュラムが不十分だったり価格が高すぎたりすることもあるため、しっかり見定めて検討する必要があります。

さまざまなタイプのドローンスクールがありますので、自分に合ったものを探すことが大切です。

操縦に不安があれば

まとめ

初心者がまず練習するべきドローンの飛ばし方は、ホバリング・前後左右移動・8の字移動です。空中で静止させたり同じ動きを繰り返したりなどの基本の操作をしっかりできるようになりましょう。

しかし、慣れない操作でドローンを壊してしまうことはできれば避けたいものです。初めはパソコンなどで利用することができる「シミュレーター」を使って基本操作を練習することをおすすめします。

無料のアプリやドローンスクールもあるので、自分に合った方法でドローンの操縦に慣れていきましょう!

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト