2018.09.03(月)

ドローンの飛ばし方を知りたい!必要になる操作方法と練習方法を解説

ドローンの飛ばし方を知りたい!必要になる操作方法と練習方法を

近年、ドローンを飛ばす人をよく見かけるようになりました。機体によっては1万円前後で買えるものも出てきて、購入しやすくなりました。トイドローンという子供でも扱える機体も出てきているので、家庭での普及率も上がってきています。

また、楽天やセコムなどの大手企業でもドローンを活用する動きが増えてきており、活躍の場を広げています。そんな可能性にあふれたドローンを飛ばしてみたい人も多いと思います。

しかし「操作が難しいのではないか」「購入したけどドローンの飛ばし方がわからない」という方もいるかしれません。この記事では、そんな方に向けて、ドローンの基本操作と練習方法について解説していきます。

送信機(プロポ)の設定について

ドローンの飛ばし方で基本となるのは、送信機のスティックモードの設定です。スティックモードにはモード1とモード2が存在します。

モード1

左スティックで前後移動と左右の旋回、右スティックで上昇下降と左右移動

モード2

左スティックで上昇下降と左右の旋回、右スティックで前後左右の移動

日本のラジコンヘリのほとんどはモード1を採用しているので、ラジコンの操作に慣れている方はモード1をおすすめします。しかし、海外で使われているドローンにはモード2しかないものも多いため注意が必要です。

初心者の方でこれからドローンを飛ばしてみようと思う方には、モード2をおすすめします。モード1は前後移動と左右移動の操作が左スティックと右のスティックで分かれているので、混乱しやすいです。モード2は右スティック一本で前後左右の移動ができるので、直感的に操作が分かりやすくなっています。

基本的にはモード1とモード2が主流ですが、両方のモードを反転させた左利き用のモード3とモード4がある送信機も存在します。

このようにスティックモードの設定には、それぞれ違いがあります。実際に設定してみてどちらの設定が自分に合うのか試してみましょう。

操作がわからなけば

ドローンの基本操作をマスターしよう

スティックモードの設定が完了したら、いよいよ実際の飛行です。この章では、ドローンの飛ばし方の基本となる技術について解説していきます。

●離陸・着陸

ドローンを飛行させるには、まずは離陸です。機体を上昇させて、自分の目線の高さまで調整すれば離陸は完了です。離陸の次は、着陸です。着陸は地面までゆっくりと下降させて、機体が地面についてプロペラを停止させて完了です。

●ホバリング

ホバリングは機体の高度を一定に保つ操作です。機体が下降しそうになったら上昇、上昇しそうになったら下降することによって一定の高度で滞空できます。ホバリングは自動でおこなえる機体もありますが、操縦技術を磨くためにも自らの手でおこなえるようにしましょう。

●前後・左右移動

ホバリングをしたら、次はドローンを動かしてみましょう。ドローンが正面を向いている状態で、前後左右に動かしてみてください。

この状態の操作に慣れてきたら、ドローンと操縦者を対面させた状態で前後左右にドローンを動かしてみましょう。ドローンのカメラが正面を向いている状態とは、操作が逆になるため注意が必要です。

これまで紹介してきたのが、ドローンの飛行の基本的な操作です。次の章では具体的なドローンの練習方法について解説していきます。

まずはホバリングから練習しよう

ドローンの練習方法と操作のコツ

ドローンの飛ばし方には、さまざまなものがあります。操作技術は8の字飛行・ノーズインサークル・エルロンなどの練習法で身につけることができます。この章では、ドローンの飛ばし方についてご紹介します。

  • ●練習法 Holy Stone ミニドローン HS170
  • ●解説 この機体の特徴は値段の安さです。5,000円くらいの値段で購入できるので試しにドローンを飛ばしたい人向けといえます。他にも耐久性に優れているというメリットもあります。
  • ●動画URL https://www.youtube.com/watch?v=x7E7Jc19wN4


  • ●練習法 ピルエットサークル
  • ●解説 機体をくるくる回転させながら、飛行をおこなう練習です。操作が複雑なため、高度な技術が必要な上級者向けの練習方法です。
  • ●動画URL https://www.youtube.com/watch?v=uU8Vz3WMiOo

これらの練習方法の飛ばし方が、うまくできないという方もいるかもしれません。ドローンを操縦するときは、ドローンの位置や高さをしっかり把握するのが上手に操作するコツになってきます。これらの練習方法を試すまえに離着陸やホバリング、前後移動などの基本的な操作をしっかり習得して飛行の感覚をつかむようにすると効果的です。

シミュレーターを使った練習もおすすめ

ドローンの飛ばし方を練習するにはシミュレーターを使うことをおすすめします。シミュレーターでは、実際の飛行を再現してくれます。送信機をシミュレーターと連動させれば、実際の飛行に近い感覚でドローン飛行の練習をおこなうことができます。

シミュレーターには数多く機体と飛行ステージも用意されているので、さまざまな条件での練習をおこなうことができます。アプリによってはFPV視点(一人称視点)のシミュレーターも用意されているので、FPVドローンを飛ばしてみたい方の練習に使うこともできます。

初心者の方がいきなりドローンを飛行させるのは危険です。シミュレーターで何度か練習を重ねてから実際に飛行をおこなうと、より安全にドローンを飛ばせるかもしれません。

操縦に不安があれば

ドローンを飛ばせる場所の探し方

これまでドローンの飛ばし方について解説してきましたが、ドローンはどこでも自由に飛ばしていいわけではありません。ドローンは、人口集中地区というエリアでの飛行が禁止されています。

このエリアは、国土地理院のホームページの地図で調べることができます。地図上の赤いエリアが規制エリアになります。都市部のほとんどは人口集中地区になっているため、都市部での飛行の練習はかなり難しいです。

また、郊外であっても条例などによって公園などでのドローンの飛行が禁止にされているケースもあります。そのため、ドローン飛行を練習できる場所を確保するのは難しいのです。

こういった状況から、ドローンを練習するには飛行場を利用することをおすすめします。飛行場によってはインストラクターによる指導をおこなっている場合があるので、初心者の方でも安心して利用できます。また、機体の貸し出しもおこなっている飛行場もあるので、お試しでドローンを飛ばしてみたいという方はいってみてはいかがでしょうか。

ルールを守って安全に飛ばそう

ドローンは、人口集中地区では飛行が禁止されていますが、これ以外にも飛行が禁止の場所や条件があります。空港周辺・150m以上の上空・夜間・目視外の飛行は規制されています。このような条件下でドローンを飛ばしたい場合は、国土交通省へ許可申請をする必要があります。

国土交通省へ許可申請をする際にドローンの資格を持っていると、申請がスムーズに進みます。資格を取得するには、ドローンスクールに通うことをおすすめします。ドローンスクールに資格取得コースがあるので、ドローンの飛ばし方を学びながら資格を取ることができます。

ドローンの操縦には、高度な技術が必要になります。ドローンスクールでは講師の方から直接指導を受けられるので、安定した技術習得につながります。ドローンについての理解を深めるためにも、是非ドローンスクールに通ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

ドローンの飛ばし方で基本となるのは、送信機のスティックモードの設定です。設定にはモード1とモード2が存在します。モード2の設定は直感的な操作をおこなうことができます。

設定が完了したら、次は実際に飛行させてみましょう。まずは離陸をおこないます。離陸して機体が安定してきたらホバリングをおこないます。ホバリングは、機体の高さを一定に保つ作業です。ホバリングで機体が安定してきたら、次は前後・左右に移動させてみましょう。 この一連の流れが、ドローンの基本操作になります。

はじめてドローンを飛行させる方は、まずは飛行シミュレーターを使用することをおすすめします。シミュレーターは、実際の飛行を再現したアプリケーションです。数多くの機体と飛行ステージが用意されているので、さまざまな状況でのシミュレーションをおこなうことができます。

ドローンの飛行にはさまざまな規制がかけられています。規制状況下で飛行をおこなうには国土交通省への許可申請が必要です。許可申請をする際は、ドローンの資格があると申請がとおりやすくなります。ドローンスクールに通えば、資格を取りつつドローンの知識や操縦技術などを学ぶことができます。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト