2018.08.31(金)

ドローンで怪我をさせることも!?ドローンの危険性と保険の紹介

ドローンで怪我をさせることも!?ドローンの危険性と保険の紹介

近年、ドローンはさまざまなシーンで使われるようになりました。しかし、ドローンの普及にともないドローンのトラブルも増加しています。なかには、ドローンで怪我を負ったというケースもあります。

この記事ではドローンで怪我をする理由や実際にあった事故などについてご紹介していきます。また、ドローンで事故を起こしてしまった際に役立つ、ドローン保険についても解説します。

ドローンをこれから飛ばしてみたいという方は、ぜひとも参考にしてみてください。

ドローンで怪我をする理由

ドローンが原因で起こる怪我にはさまざまな原因があります。ここではどのような状況でドローンが怪我につながるのかご紹介します。

ドローンプロペラで肉が切れる

ドローンのプロペラは、場合によっては非常に危険な凶器になりえます。ドローンについているプロペラの回転スピードは1秒間に100回転以上とかなりのものです。このスピードで回っているプロペラは、肉を簡単に切断できてしまいます。もし、人に回転しているプロペラが接触してしまうと大怪我につながりかねません。

ドローンの1キロ以上のものが高いところから落下する危険

ドローンのサイズは、小さいものから大きいものまで多数存在します。大きいものになると、重さが1キロ以上にもなります。この重量のドローンが、何十メートルという高さから落下して人に当たってしまった場合、最悪命を落とすという重大な事故になりかねません。

なぜドローンの事故は起きてしまうのか

ドローンで怪我をした実際の事故

ドローンによる事故は、年々増加傾向にあります。なかには、ドローンで怪我を負ったという事例も数多くあるのです。この章では、実際に起こったドローンの事故についていくつかご紹介していきます。

カナダでドローンが直撃して頸椎損傷

この事故はカナダのイベントの最中に起きました。事故の原因はドローンのバッテリー切れによる墜落のようです。約1.3キロのドローンが女性の頭に直撃し、頸椎損傷という重症を負うことになりました。

ドローンのプロペラで幼児が失明

イギリスの家族の家に訪れた友人がドローンを使用し家族の様子を撮影している最中にこの事故は起きました。男性のドローンの操縦ミスによりプロペラが幼児の目に接触し、片目を失明するという大事故を引き起こしてしまいました。

工事現場でドローンが落下

日本工事現場であった事故です。ドローンを使った工事現場の空撮をしていたところ、クレーンにドローンが接触し墜落してしまいました。墜落したドローンは、下で作業をしていた男性に衝突し、大怪我を負ってしまいました。

ドローンの発達により趣味や仕事など、さまざまなシーンでドローンが有効活用されるようになりました。その反面、重大な事故なども報告されているため、操縦をする方は細心の注意を払ってドローンを操縦しましょう。

ドローンで怪我をさせてしまうわけ

ドローンは便利である一方で、怪我や事故につながる危険性をともなっています。ここでは、ドローンが怪我や事故につながる原因をご紹介します。

ドローン操縦者の技術不足

ドローンを安全に操縦はするには、高い技術が必要になります。しかし、なかには技術不足のままドローンの操縦をしてしまう方がいるのも事実です。実際にドローン事故の多くは、技術不足が原因であることが非常に多いです。

バッテリー切れ

バッテリー切れは、ドローン本体のバッテリー切れとコントローラーのバッテリー切れの2種類があります。バッテリーが途中で切れてしまわないように、ドローンを飛ばすまえはバッテリー残量をしっかり確認しましょう。また、ドローンの操縦中もバッテリー残量に注意し、バッテリーが少なくなったら速やかにドローンを着陸させる必要があります。

電波障害による、制御不能

高圧電線や携帯基地局などの近くでは、磁気は発生していることがあります。この磁気のせいでドローンが電波障害を引き起こし、墜落してしまうことがあります。ドローンを飛行させる場合は、磁気が発生している施設の近くをとおらないようにしましょう。

GPSロス

ドローンにはGPSが内蔵されており、このGPSを利用することで自動的に姿勢制御をおこなうことができます。姿勢制御がおこなわれることで、ドローンは安定した飛行ができます。

GPSロスとは、このGPSが切れてしまい自動的に姿勢制御がおこなえなくなる状態です。姿勢制御がうまくできなくなると、そのまま墜落してしまうケースがあります。

GPSロスによる墜落を防ぐためにも、普段からGPSがない状態でもしっかりとドローンを操縦できるように練習しておきましょう。

予想外の風や雨

ドローン操縦時には、突発的な風や雨に見舞われることもあります。悪天候下でのドローンの飛行は墜落につながる危険性があるため、事前に天気予報などを確認しておきましょう。

いざという時のための、ドローン保険

ドローンによる怪我や事故などに備えて、ドローン保険入っておくことをおすすめします。ここでは、ドローン保険ついてご紹介します。

【ドローンに必要な保険とは】

ドローンには、大きく分けて「賠償保険」と「機体保険」の2種類があります。保証内容がそれぞれ異なるため、ドローン保険に加入する際は注意しましょう。

賠償保険

ドローンの墜落により、人やものを傷つけてしまうと、賠償金を請求されることがあります。賠償保険に加入していれば、賠償金で支払った額を補填してもらえるのです。ドローンは一歩間違えれば大事故になりかねないので、万が一に備えて賠償保険に加入しておくことをおすすめします。

機体保険

機体保険に加入しておくことで、事故により機体の損傷してしまった場合に修理費の保証を受けられます。ドローンの修理費は高額になりやすいため、とくにドローン初心者の方は機体保険に加入しておきましょう

【おすすめなドローンの保険を紹介】

ドローンの普及にともない、さまざまな企業がドローンの保険を提供始めました。そのため、どの保険に入ればいいのかと疑問に思う方もいるでしょう。ここでは、おすすめのドローン保険をいくつかご紹介します。

JUIDA会員向け団体ドローン保険

JUIDA会員向け団体ドローン保険では細かくプランが設定されており、自身の求める補償内容に合わせたプランを選択することができます。海外プランもあるため、海外でドローンを利用される方は加入を検討してみてはいかがでしょうか。

DJI無償付帯賠償責任保険

DJI無償付帯賠償責任保険は、DJI製のドローンを購入すると加入できる1年間の無料保険です。保険内容は賠償保険になっており、最大1億円まで補償されます。

日本ドローン協会の一般会員へ加入

一般会員に加入すると、自動的に日本ドローン協会の賠償保険が適用されます。また、会員になることでさまざまな割引が受けられたり、日本ドローン協会が開催するドローンのイベントに参加できるようになったりなどの特典もあります。

怪我をさせないためにも、スクールでドローン技術をつけよう!

ドローンを安全に操縦するには、相応の技術が必要になります。しかし、ドローンの操縦技術を独学で身につけるのはなかなか難しいです。技術が不完全な状態でドローンを飛行させてしまうと、事故を引き起こしかねません。

ドローンで事故を起こさないようにするためにも、ドローンスクールに通うことをおすすめします。ドローンスクールでは、基本的な操縦技術だけでなく、ドローンに関しての知識を教わることができます。

ドローンスクールでしっかりと技術や知識を学び、ドローンを怪我や事故につなげないようにしましょう。

不測の事態に備えるために

まとめ

ドローンには怪我や事故などの危険性があります。ドローン事故の原因は、操縦者の技術不足であることが非常に多いです。また、バッテリー切れや悪天候、GPS切れなどによる墜落などもあります。

万が一、ドローンで事故を起こしてしまった時に備えてドローン保険に加入してきましょう。また、ドローンの操縦技術や知識などに不安がある方は、ドローンスクールに通うことをおすすめします。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト