2018.08.31(金)

ドローンの技術は日々進歩している!今注目のドローンを詳しく知ろう

ドローンは、今注目されている無人航空機機です。ドローンの技術は日に日に高まっており、その技術はさまざまな分野で注目されています。そんなドローンの技術進歩の背景にあるものがなんなのでしょうか?また、今後ドローン分野が広がっていく中で、活躍の場が増えてくると思われるドローン操縦士についても注目していきます。

ドローンの規模は軍事用が大きい

現在でこそ一般普及もされているドローンですが、もともとは軍事目的で開発された機器であることはご存知でしょうか?兵器武装したドローンは「無人殺人機(キラードローン)」と呼ばれ、実戦で導入されたこともあるそうです。

現在軍事目的に開発されているドローンの中には、偵察・監視を目的とした小型ドローンや、攻撃対象を発見し自爆することで攻撃するような超小型のものもあると発表されています。また、テロ組織などが爆発物を携帯させたドローンを使って爆破テロを企てる可能性があるとして、そうしたケースを想定した訓練などをおこなっていると発表している国もあります。

ドローンの技術進歩の陰には、こうした軍事用ドローンの開発も影響を与えています。

ドローンの規模は軍事用が大きい

商業用での活躍を期待

商業用のドローンが活躍する期待も各方面で増えてきています。その中のひとつが産業用ドローンです。おもに農産業での利用が増えているようで、広大な土地での農薬散布などに役立てられています。日本では無人ヘリとして使用するほうがメジャーなため見ることはまだ少ないですが、海外では積極的に導入している国もあります。

そうした動きを受けてか、日本国内でも農業に対してドローン規制を緩和する動きもあり、今後日本の農産業においてもドローンが活躍する機会は増えると思われます。

商業といえば、ドローンを利用した配送サービスを推進している企業があるというのも有名な話です。ドローンを使うことによって近隣への配達をより早く、スムーズにおこなうという考えなのですが、配送をするということは当然ながら人口密集地でドローンを飛行させることになります。

そうなると、航空法や道路交通法、民放などのさまざまな法律の問題が発生するため、まだまだ課題は多そうです。

ほかにも、防災の面においてもドローンを活躍させる動きがあります。災害時に被災地の調査や確認をおこなうにあたり、現場をドローンで空撮することで早く安全に被害状況の確認や被災者の発見ができるのではないかと期待されており、実際に導入しているケースも増えてきているのです。

このようにさまざまな分野においてドローンの普及が進んでおり、それに比例するようにドローン技術も進化の一途をたどっています。

商業用での活躍を期待

ドローン操縦士は必要になるのか

ドローン技術が発展し、ドローンそのものの普及率が上がっています。そうした時代の流れにあわせるように、スクールなどドローンについて学べる場所が増えてきています。ドローンスクールでは操縦などを教える教習員が必要なため、高い操縦能力を身につけたドローンパイロットの需要もあるかもしれません。

しかし、ドローン関係のビジネスはいまだ発展途中です。ドローンを実用化していく動きはようやく活発になってきた状況のため、まだまだドローン操縦士の需要も高いとは言い切れません。

日本国内におけるドローン操縦士の需要のほとんどは、空撮をおこなう産業ドローンの操縦です。これでさえまだまだ枠は少ないですが、ドローン操縦士の需要は確かに増加傾向にあります。

農業や警備、物流などのさまざまな分野でドローンの活躍の場は増えてきています。遠くない未来にドローンの需要はもっと高まり、ドローン操縦士という人材の活躍の場は増えてくるかもしれません。

操縦士になるためには

ドローン技術の発展と需要の高まりから、ドローン操縦士を目指す人も増えてきています。しかし、このドローン操縦士には現状、免許制度がありません。そのため、「これをすればドローン操縦士になれる!」というような明確なものは無く、ドローン操縦士という名も肩書のようなものだと思っておいてください。

免許はありませんが、ドローン操縦者としての民間が定めた認定資格は存在しますので、いくつか名前だけご紹介します。

・無人航空従事者試験(ドローン検定)

・DPA操縦士資格

・JUIDAの操縦技能証明証と安全運航管理者証明証

・DJI JAPANの認定資格

・産業用マルチローター技能認定証

例として挙げるだけでもこれだけあります。これらはドローンに関する知識や操縦技術といったものがあると認定された資格であり免許ではありません。しかし、ドローン操縦者の能力があることを証明できるものではありますので、ドローン操縦者を目指すのであれば取得を目指してみてはいかがでしょうか。

ドローン操縦の技術を上げるには練習は欠かせません。しかし、独学だけでは習得するのが難しい面もあり、何よりドローンを操縦する場所を見つけるのも苦労するポイントです。そこで頼りになるのがドローンスクールです。

ドローンスクールは、ドローンに関するさまざま な知識や技術を教えてくれる教習所のようなところです。現在、多くのドローンスクールが普及してきており、ドローンについて学ぶ場として、また交流の場としても使われています。

操縦士になるためには

まとめ

軍事、商業などのさまざま な面からドローンの技術発展がなされており、世界各国でその需要は高まっています。日本国内でもドローン産業は注目度が上がっており、期待されている業界ですが、まだまだ発展途上な面も見受けられます。

ドローン操縦士の需要もこれから高まってくる可能性は十分にありますが、まだまだ裏打ちのされていない業界であることから今後どのような未来が来るかは未知数です。

今後、この新しい技術に各方面がどう対応していくか、そういった部分にも今後注目が集まっていくのではないでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト