2018.08.29(水)

ドローンの未来は明るい?!ドローンの注目度は今後もっと高まるかも

ドローンの未来は明るい?!ドローンの注目度は今後もっと高まるかも

ニュースなどをみていると空撮映像が流れることがありますよね。こういった映像は、ヘリコプターで撮影していたものとは違います。無人飛行であるドローンで撮影したもので、鮮明な写真や動画をより至近距離で撮影することができるので、近年話題のカメラ撮影方法といえます。

また空撮だけではなく、測量・荷物の運搬・薬剤の散布などさまざまな目的のために使用することができるので、ドローンの未来は明るいといわれています。

ドローンビジネスで成功するにはどんなふうにドローンを利用するのがいいのでしょうか?

ドローンの未来は安全対策が重要

ドローンの操縦はじつは簡単ではなく、コツが必要です。しかしそれ以上に重要なのは、事故を予防するための安全対策です。ドローンを使ったビジネスをしたいと思ったときはまず、操作技術の向上と安全対策をしておくことが大切です。

ドローンの安全対策として大切なことを、ここでいくつか紹介していきます。


・場所

ドローンを飛ばす場所に気をつけましょう。人が多い街中での飛行は、まさかの落下・接触事故の原因や被害拡大の危険性があります。そのような場所を避けることが大切です。

また、障害物が多い場所も避けたほうが無難です。操作に慣れた人でも、できることなら離陸、着陸する場所をしっかり選んでください。広く障害物がないところから離陸、着陸することを心がけることも大切です。


・法律

ドローンは無人飛行物です。小型のトイドローンは法律に触れないのですが、200g以上あるドローンは航空法の範囲での使用が原則となります。

法律に触れてしまうと罰則や罰金が科せられることもあるので、事前に知識を身につけておくことが大切です。法律は、ドローンをと飛ばす人とその周りの人の安全をしっかり守るために存在するものなので、ルールをしっかり守ることが安全対策のひとつといえそうです。


・天気

雨や大雪の日の飛行はやめましょう。機体の故障による落下、またはコントロール不能に陥ることがあるようです。コントロール不能に陥る危険があるので、風が強い日もドローンの飛行はやめておきましょう。


・専門知識

その場にあったドローンの数値設定やドローン自体の設定が正しいか、飛ばして問題がない場所なのか、などの確認作業が必要となります。

ドローンはひとつひとつ違いがあるので、持っているドローンの構造などをしっかりと理解しておくことも大切な安全対策といえます。


・本体やコントローラーのチェック

飛ばす前に本体に故障はないか割れやヒビがないかをしっかりとチェックしておきましょう。また、コントローラーの電池はあるかなどの確認も大切です。突然の制御不能につながる可能性があるので、忘れず行うようにしましょう。

ドローンの安全対策ができてないと、ドローンの衝突事故などが起こる可能性を否定できません。このような事故が続くと“ドローンは危険な飛行物体”というイメージがついてしまい、ドローンの未来に暗い影を落としてしまうことにもつながってしまうでしょう。

ドローンの未来は安全対策が重要

農業にはドローンが活躍できる

先ほどにも記述したように、ドローンができることは空撮だけではありません。ドローンは農業にも役立たせることができます。農薬や栄養剤などの散布をするのに活躍するのです。

自力で行う薬剤散布に比べ、ドローンでの薬剤散布は約50倍の速度で散布することができるので時間と負担削減にもつながります。さらに、農業で生計を立てている農業人口がかなり下降していることから、ドローンを利用することで今後新しいビジネスチャンスがあるかもしれません。

ドローンで薬散布をするビジネスは現在でもありますが、ただ畑の上から薬を散布するだけだから簡単だと思う方はいませんか?じつは、そんなことはありません。農薬は人にとって劇薬になってしまうものもあります。農薬はどんな効果があるのか、どんな成分でどんなリスクがあるのかを、しっかりと知っておくことが必要となるのです。

また、飛行中も注意が必要といえます。カメラのドローンとは違い、薬を散布することによりだんだん重さも軽くなっていくからです。重さの変化によって操縦感に違いがでてくるため、対応できる操作技術が必要となるのです。

そこで、知識と操作感を学ぶため、ドローンでの農薬散布に向いている資格があります。ドローン学校に通って資格を取っておくと、有利に仕事が入る可能性が高くなります。

つまり、薬剤散布に向いた資格と専用ドローンを持っていれば、農業におけるドローンの未来がさらに開けるのではないでしょうか。

災害時にもドローンに期待!

災害が発生してしまったときにもドローンが大活躍します。

・災害時に人が入れないところにいける

倒壊してしまった建物やがれきのせいで、人が入れなくなった場所でもドローンなら入ることができます。ドローンのおかげで、人が入ることができなかった場所から映像を送ることが可能となりました。そのため、被災者の発見にドローンが役に立つのです。

また、人が入る前に危険がないかを確かめることができ、二次災害の予防にもなるので危険を回避することができます。つまり、人命救助することができる技術ともいえるのです。

・必要物資の運搬

崖崩れなどの発生により孤立してしまった地域に、物資の運搬などさまざまな方向からドローンが役立ちます。

しかし、災害でのドローンの利用は難しいという意見もあります。なぜかというと、依頼主が一体だれなのかということをはっきりしにくいという問題があるからです。この問題を解決することができればドローンの未来は明るく照らされるはずです。

災害時にもドローンに期待!

ドローンレースにも注目しておこう!

ドローンはさまざまな場面で役に立つだけではありません。じつは、スポーツとして楽しむことができる可能性を秘めています。ドローンを飛ばして、操作技術を競わせるドローンレースが近年話題です。

ものすごいスピードで難関を潜り抜けていくドローンの姿は圧巻であり、観戦を楽しむことができます。

見るのも楽しいドローンレースですが、参加できるようになるともっと楽しい体験ができます。ドローンレースの競技人口はヨーロッパなどで増加しているといわれていますが、日本ではまだドローンレースの歴史が浅いです。今からでも頑張って練習すると、成果をどんどん出すことができるかもしれませんね。

ドローンレースに優勝すると、なんと1億円ほどの賞金がでる大会が実際にあります。また、ドローンレースは年齢制限がないものもあり、最年少15歳の少年が2,000万円の賞金を獲得したこともあるのです。

年齢関係なく、優勝すると大金をつかむことができる可能性があります。ドローンの未来のひとつに、ドローンがメジャースポーツになっている未来もあるかもしれません。

まとめ

今回のコラムではドローンの未来の可能性や、今のドローンの事情についてお話しました。

これから先の未来でも楽しく快適にドローンを使うために、今使っている人たちは危険のないよう正しく使うことが大切です。

もし、ドローンを間違った使い方や危険な使い方をしてしまうと、法律やルールがたくさん増えてしまい、快適に使用できなくなることも考えられます。

ドローンを正しく使えば、たくさんの人の役に立たせることができ、それに伴う需要も多くあります。ドローンは無限の可能性、無限の未来を秘めているといえるでしょう。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト