2018.07.27(金)

ドローンの人気商品まとめ!入門者から上級者までオススメ機種を紹介


人気急上昇中のドローン。最近では安いモデルも販売されており、ドローンの購入を考えている方も多いのではないでしょうか。

そんなドローンですが、「種類がたくさんあってどれを買えばいいのか分からない」と感じてしまうこともあると思います。

そこで今回の記事ではドローンの人気商品についてまとめました。

入門者・中級者・上級者のそれぞれに分類して紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。


ドローンの種類

無人航空機のことをドローンと総称しますが、現在ではさまざまなドローンが製造、販売されています。それぞれのドローンによって何が違うのか、どんな機能があるのかなど疑問に思うことでしょう。

ここではまずドローンの種類や機能についてまとめていきます。のちに紹介する人気ドローンについて深く知るために必要な情報でもありますので、参考にしてみてください。


【飛行方法の種類】

ドローンの飛行方法は、「回転翼機」と「固定翼機」の大きく2つです。それぞれどのような方法なのかみていきましょう。


・回転翼機

その名の通り翼が回転するヘリコプターのようなタイプです。

最近普及しているドローンのなかではこの回転翼機タイプが一般的となっています。

回転翼機にはさらに分類があり、搭載されている回転翼(ローター)の数で分けられています。


回転翼が3つのドローンは「トライコプター」

回転翼が4つのドローンは「クアッドコプター」

回転翼が5つのドローンは「ヘキサコプター」

回転翼が6つのドローンは「オクトコプター」


回転翼が多ければ多いほど飛行が安定しますが、そのぶん重くなってしまうことや、ドローンが大きくなって持ち運びに関して不便というデメリットも存在します。


【ドローン操縦の種類】

ドローンの操縦方法として、「ラジコンタイプ」と「自律飛行タイプ」の主に2つがあります。なかにはどちらも兼ね備えているドローンもあるため、操縦の種類について把握していきましょう。


・ラジコンタイプ

その名の通り、ラジコンのように人間が操作することで動くドローンを指します。比較的安い価格で購入できるというメリットがありますが、操作が難しいと感じることもあるようです。

しかし、最近のドローンにはセンサーによって障害物を避ける機能などの、アシストシステムがついていることが多いため、操作に関しての不安は解消されつつあります。


・自律飛行タイプ

コンピューターがドローンに搭載されており、プログラミングによって自律飛行するタイプです。勝手に目的地まで到達するため、操作が楽・見えない場所でも動かしやすいというメリットがあります。

プログラミングと聞くと難しそうな印象を受けるかもしれませんが、実際に操縦者がすることは、スマホでタップするだけなどのとても簡単なことだけです。


【ドローンに搭載されている機能】

ここではドローンに搭載されることのある機能についてまとめていきます。


・GPS

GPSによってドローンの位置情報をスマホなどで把握するこができます。前述した自律飛行タイプにはこのGPS機能がついていることがほとんどです。


・カメラ

「ドローンにカメラ付き」というモデルが増えています。カメラを後付けする方法などが紹介されていますが、なるべくカメラが標準搭載されているものを選ぶといいでしょう。標準搭載されているカメラは、空撮することを想定し、ブレ解消機能などがついています。


・FPV機能

FPV(First Person View)は、日本語で一人称視点という意味です。カメラ機能が標準搭載されているドローンでは、操縦中にドローンが撮影した映像をリアルタイムで見ることができます。

種類によってはVRゴーグルと連動させることができ、まるで自分が空を飛んでいるかのような新しい体験をすることも可能です。

これらがドローンの大まかな種類・機能です。次章からは、「入門者向け」、「中級者向け」、「上級者向け」の項目ごとにドローンの人気商品について紹介していきます。

【入門者向け】人気ドローン

まずは入門者向けの人気ドローンについてです。ドローンを触ったことがない、買ったことがない、という方は参考にしてみてください。


・Holy Stone SHADOW HS160



Photo by Amazon



価格:8,000円前後

カメラ:720pHD

Holy Stoneが販売しているSHADOW HS160は、プロペラが4つ付いているクアッドコプターです。この4つのプロペラを全て折りたたむことができ、折りたたんだときの大きさは長財布を一回り大きくした程度と、とてもコンパクトになります。

また、値段が10,000円を切っていることもあり、気軽に購入することができるでしょう。


・Ryze トイドローン Tello



Photo by Amazon


価格:13,000円前後

カメラ:720pHD

FPV機能搭載


Ryze社が販売しているTelloという商品です。販売しているのはRyze社ですが、世界最大手のドローン会社であるDJIから技術提供を受けているので、機能面において安心できます。

価格が10,000円を超えていますが、とてもコンパクトなうえにFPV機能までついており、入門用ドローンとして人気です。

【中級者向け】人気ドローン

ここからは中級者向けのドローンについてご紹介します。ドローンをすでに持っている方や、ドローンを操縦したことがある方、入門者向けよりも性能のいいドローンが欲しい方は参考にしてみてください。


・DJI Spark



Photo by Amazon


価格:54,000円前後

動画:1080p30fps

静止画:1200万画素

FPV搭載


前述したDJI社のSparkというドローンです。大きさが手のひらサイズながら、動画は1080p30fps、静止画は1200万画素で撮影することができ、入門者向けで紹介したものよりもはるかに高画質となっています。

360度カメラが搭載されていることでパノラマ撮影・スフィア撮影ができ、中級者ドローンとして人気を誇っています。


・ジーフォース Hubsan X4 Air Pro



Photo by Amazon


価格:41,000円前後

カメラ:1080p

FPV機能搭載


自律飛行できることを売りにしている商品であり、スマホでのワンタップ操作、一定の距離と高度を自動で保つ「フォローミ―モード」がついています。操作が苦手だけどある程度キレイな映像を撮りたいという方におすすめのドローンです。

【上級者向け】人気ドローン

上級者向けのドローンとして人気の2つの商品についてご紹介します。どちらも値段は高くなっていますが、それ相応の機能・性能です。1つずつみていきましょう。


・DJI Mavic Pro


Photo by Amazon


価格:170,000円前後

カメラ:4K対応


こちらのMavic Proは10万円を超えるモデルとなっています。高価ですが、カメラが4Kにまで対応しているだけでなく、障害物を自動で回避するフライトオートノミー技術、GPSによる正確な位置調整、最大27分間の飛行、最大4km地点まで飛行可能、3軸ジンバルによるブレ補正などなど、ありとあらゆる機能が詰め込まれています。

1番の特徴は折りたためることです。ここまで高性能なドローンで折りたたむことができるのは、このMavic Proぐらいでしょう。画質を追い求めつつ、旅行先でも持ち運びやすいドローンを探している方にうってつけです。


・DJI ドローン PHANTOM 4 PRO+ 2000万画素1インチセンサー 5.5インチ専用ディスプレイ CP.PT.000553


Photo by Amazon


価格:240,000円前後

カメラ:4K対応・60fps


ローン紹介最後の商品はDJI社のPhantom4 Proです。(こちらでご紹介しているものは専用ディスプレイが付属されているものです。)カメラは2000万画素のCMOSセンサーを搭載しており、4K動画を60fpsで撮ることができます。また、5つの方向に障害物を認識するセンサーがついており、GPSがない環境でも障害物をよけることが可能です。

操作はスマホやタブレットの画面に線を描くだけとなっており、ドローンの制御が簡単になっています。

とにかく性能がいいPhantom4 Proですが、大きいだけでなく、重さ4kgとなっており、持ち運びにくいです。また、値段も高めです。ハイエンドモデルなため、趣味で使うには少し難があるかもしれません。

ドローンはルールを守って楽しもう

ドローンの人気商品や、さまざまな魅力についてご紹介していきましたが、ドローンはどこでも飛ばせるわけではありません。

ドローンの重量が200gを超える場合、「航空法」という法律を遵守しなければならないためです。航空法によってドローンを飛ばしていい場所、飛ばしてはいけない場所が決まっているうえ、飛ばす際は許可が必要なため、あらかじめ確認するようにしましょう。

また、法律としては電波法もかかわっています。日本で使えるドローンの周波数は2.4GHz帯です。これに対応したドローンには技術基準適合認証マークというロゴが記載されているため、ドローンを購入するさいにはこちらのマークがついているかの確認も必要です。

そのほかにも、ドローンが人や建築物にぶつかるという事故の可能性もあります。周囲の状況を確認しながら安全にドローンを飛ばすようにしましょう。



まとめ

ドローンにはさまざまな種類・機能があり、その性能によって値段はピンキリです。

今回は、入門者向け、中級者向け、上級者向けとそれぞれのドローンの人気商品を紹介しました。ぜひ参考にしていただき、自分の用途にあったドローンを選び、ドローンでの撮影・体験などを楽しんでみてください。

ただ、ドローンの購入・操縦する際には法律や注意点について知っておく必要があります。しっかりとルールを守るようにしましょう。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト