2018.07.27(金)

ドローンっておもちゃみたいだけど大丈夫 ?Telloを詳しく解説!


近年では、ドローンを販売する企業も増えてきています。その中でも大手ドローンメーカーの「DJI」と共同で開発した、RIZE社が販売する「Tello」は、ドローンの中でも扱いやすため、初心者でも操縦できる小型ドローンとして人気が高まっています。

カメラ機能はもちろん、ぶつからないようなシステムも備わっており、安全面にも特化しています。ドローン自体の重さも軽いので初心者でも扱いやすく、ドローンの操縦をしたことがない人でも簡単にラジコン感覚で操縦することが可能です。

そこで今回は、ドローンの操縦初心者、経験者と幅広く誰でも簡単に操作ができるコンパクトドローン「Tello」について、その性能や特徴についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。


ほかのドローンとTelloの違い

そもそも「Tello」はほかのドローンと何が違うのでしょう?詳しく見ていきましょう。

RIZE社から販売されている「Tello」はDJIと共同で開発されました。DJIはドローン市場で高いシェア率を誇っている会社であり、このDJIの技術が盛り込まれています。

高性能なカメラ機能だけではなく、障害物を察知して衝突を回避したり、自動離着陸などの安全面の機能も付いているため、販売当初から高い人気があります。また、飛行動作もスマホやタブレットなどのアプリで操縦できるため、ドローンデビューなどの初心者にも操作が簡単で安心です。

さらに一番の違いは、航空法の対象外のドローンなので、使用範囲や許可が必要なく自由に操縦できるところがポイントです。

近年では、ドローンによるトラブルや事故が発生しています。そのため、2015年度に新たに改正された航空法が施行されるようになりました。新たな航空法の制定により、飛行禁止区域や飛行時のルールなど厳しくなっています。

特に、集中地区やイベントなどの上空での使用は、飛行禁止空域になってしまうため、一般的なドローンでは国土交通省に申請して許可を得る必要があります。

しかし、RIZE社とDJIの「Tello」は、航空法対象外なので、許可を得る必要がなく自由に操作することができ、安心です。


ドローンはレンタルもできる?


おもちゃみたいだけど、性能はすごい!

一見、コンパクトでかわいらしい見た目なので、おもちゃみたいだと思う方も多いでしょう。性能や機能は大丈夫なのかと、一瞬疑ってしまいます。しかし、コンパクトながらも性能や機能もしっかり備わっており、たくさんの使い道があります。どのような性能があるのか見ていきましょう。

きれいな画質と十分な画素数

重量が、軽いため安定飛行が可能です。カメラ撮影や動画撮影でもブレることなく、きれいに撮影することができます。もちろん、画素も十分な量を撮影でき、動画もHD画質での録画が可能です。

十分な速度と距離

飛行速度や飛行時間もコンパクトドローンの中でも比較的長めで、十分な飛行が可能です。

自動操縦で安全性も高い

衝突を防ぐシステムや自動で離着陸や飛行ができるシステムも導入されています。また、プログラム飛行も可能ですので、イベント等に大活躍間違いないでしょう。

かわいらしい3色展開

カラーも3色展開でデザイン性にも特化されています。コンパクトサイズでカラフルな色合いが「Tello」の特徴です。


ドローンの基本操作をしろう!


Telloドローンは安全?

見た目もおしゃれで、小さいからコンパクトでかわいらしいドローンの「Tello」ですが、前章でも述べた通り、安全性に特化されたシステムも導入されています。そこで、ここでは衝突回避システムや自動離着陸システムについて詳しく見ていきます。

衝突回避システムは、その名の通り障害物を自動で察知し、避けて飛行したり、自動で止まるシステムです。空中での飛行中に別のドローンや、建築物、動物などに近づくことがあります。その場合の対策機能です。

ドローンのトラブルで多いのが、空中飛行中に他のドローンと衝突してしまい、落下することです。落下の際に人に当たってしまって怪我をしてしまうこともあるので、衝突を回避すればそういった怪我につながるトラブルも少なくなるでしょう。自動離着陸システムも搭載しているので、自ら自動で障害物を察知して人に当たらないように着陸することができます。

例えば、ドローンを公園や広場で操縦していると、ふと走ってきた子供に当たってしまうかもしれません。ドローンの離着陸の際は操縦も不安定な状態なため、よけきることは初心者には難しいでしょう。その場合に、こういった自動離着陸システムや衝突回避システムがあれば安心です。


ドローンの仕組みと種類を知ろう


Telloの専用アプリとは

身近にドローンで撮影できるように「Tello」では、操縦専用アプリが開発されました。そのため、ラジコンのようにリモートコントローラーで操作せずに、スマホなどのタブレットのボタン一つで簡単に操縦できるようになっています。

「Tello」には、自動飛行や自動離着陸の機能が備わっているので、飛行のボタン一つで撮影することができますが、手動で撮影することも可能です。手動で、操縦する場合もスマホなどのタブレットで「Tello」専用アプリから、操作することができます。

手動操縦は簡単で、スマホやタブレット端末などのシューティングゲームのように表示されたアイコンを使って操縦します。電子機器がリモートコントローラーのようになるので、新しいリモコンという感じでしょう。

操縦時の撮影も、普通のスマホの撮影の時のようにシャッターを押す方法です。同じく動画も静止画モードから動画モードに切り替えてシャッターを押して撮影します。



まとめ

いかがでしたでしょうか?

ドローンでの撮影映像や写真は、空中からの景色なので普段では味わえないような視点から楽しむことができます。しかし、初めてドローンを操縦する場合、不安や疑問が出てきてしまいます。

ドローンメーカーやドローンの製品はたくさんありますが、その中でも世界的に有名な「DJI」と「RIZE社」が共に開発した「Tello」は、ドローンの衝突や落下での事故防止のために、衝突回避システムや自動飛行、自動離着陸のシステムも備わっているので、安全面もしっかりしています。また、操縦がしやすいように「Tello」専用のアプリも開発されており、スマホやタブレットからボタン一つで操作することも可能です。そのため、初心者でも簡単に操縦することができます。

しかし、いくら安全性の機能が付いているからといって、トラブルが起きないわけではありません。事故を防ぐためにも、ドローンを使うときは、周りに注意してなるべく広い場所で操作することをおすすめします。ぶつかって怪我などしないように、十分に注意しましょう。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト