2018.07.27(金)

ドローンレース入門に!Parrot Mambo FPVの性能と魅力


ドローンは産業用として使われるだけでなく、趣味として楽しむ人も多くなりました。なかでも「ドローンレース」興味を持っているかたも多いのではないでしょうか

そこで今回は、ドローンレース入門にオススメの「Parrot Mambo FPV」というドローンとについて紹介します。

Parrot Mambo FPVはドローンレースでよく使用される機種で、豊富な飛行モードが搭載されており、幅広い飛行方法を楽しむことができますよ。

ぜひ最後まで読んでみてください。


ドローンのFPVってどういう意味?

FPVとは「First Person View」の略で、「一人称視点、最前列からの眺め」という意味です。

ドローンに取り付けたカメラの映像データを無線通信で送信して、その映像をヘッドセットと呼ばれるゴーグルで見ることができます。まるでドローンに乗っているような臨場感を味わうことができるのです。

現在では、このFPV機能を用いてレースをする「FPVドローンレース」を楽しむ方も増えています。また、FPV機能は娯楽だけではなく事故の場面や災害救助などでも活躍しています。Parrot Mambo FPV (パロット マンボ) は、その名前からもわかるとおり、FPV機能を備えたドローンです。

FPV機種なら「Parrot Mambo FPV」がオススメ!

Parrot Mambo FPVの基本的な性能や特徴について紹介していきます。


・小型、軽量で持ち運びしやすい

Parrot Mambo FPVは手のひらサイズのドローンです。軽量なので簡単に持ち運ぶことができます。


・大容量バッテリーを搭載

Parrot Mambo FPVは大容量のバッテリーを搭載しているため、約10分間の連続飛行が可能です。


・操縦操作が豊富

Parrot Mambo FPVは3つのモードが搭載されています。


①イージーモード 水平と垂直が安定化する

②ドリフトモード 水平の安定化がオフ

③レースモード 自動操縦機能をオフ


モードを切り替えることによって、さまざまな操縦方法を楽しむことができます。

イージーモードによってコントローラーで操作しなくてもドローンを空中に飛行させ続けることができ、ドリフトモードで急カーブを飛行、レースモードによってドローンを完全にコントロールできるので、モードの特徴を生かして操縦するのがよいでしょう。


・スピード感を味わえる

Parrot Mambo FPVはParrot Cockpitglasses 2をつけることによってドローンの視点から映像を見ることができます。それは今までに体験したことがないような、スピード感を味わうことができます。


・航空法の規定の対象外

ドローンは200g以上であれば、航空法により飛行するための許可が必要になります。しかしParrot Mambo FPVは200g以下のものがほとんどなので、航空法の規定を対象外となります。


・スマートフォンといっしょに使える

スマートフォンアプリをダウンロードすることによって、バッテリーの残量や残りの飛行時間を確認することができます。


ドローンのシュミレーターアプリについて


「Parrot Mambo」でドローンレースを楽しもう

Parrot Mambo FPVはドローンレースでよく使われます。ドローンレースとはドローンの速さを競う大会のことで、海外では新しいモータースポーツとして注目されています。そんなドローンレースの魅力を紹介します。


・スピード感

ドローンレースでは最高速度が130kmになることもあります。普段では味わうことのできないスピード感を体験することができます。


・工作感がある

ドローンレースでは自分でパーツやモーターを選んで、組み立てます。この作業が楽しく、自分で組み立てたドローンが飛行するときはうれしいものですよね。


・メジャーになる期待がある

海外では新しいモーターポーツとしても人気なので、将来的に日本でも人気になることが期待できます。


・爽快感が味わる

ゴーグルをつけて映像を見るので、空を飛んでいる気分を味わえて爽快感があります。



操縦技術を磨くためにドローンスクールにいこう!

ドローンスクールはプロのドローンパイロットを目指す方や、実務経験の資格取得を目指す方が通う学校のことです。カリキュラムはドローンについての座学と実技のふたつが主になっています。

ドローンスクールに通うことによって操縦技術が向上します。ドローンに関する知識も学ぶことができるので、ドローンに関する事故などのリスクを減らすことが期待できます。

Parrot Mambo FPなどを本格的に飛行させたいという方はドローンスクールに通って操縦技術を磨いてみてもよいかもしれません。

まとめ

今回はParrot Mambo FPVというドローンについて紹介しました。Parrot Mambo FPVは、ゴーグルをつけるとドローンが撮影している映像を見ることができ、普段体験できないような感覚を味わうことができます。

最近ではドローンレースが行われ、人気が高まってきています。自分でドローンを組み立てて操縦するのも楽しいでしょう。ドローンの操縦技術を高めるために、ドローンスクールに通ってみてもよいかもしれませんね。

ドローンを操縦する際は安全に気を付けて、楽しく操縦しましょう。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト