2018.07.27(金)

スマホとつなげてFPVを楽しもう!機能が豊富なu31wについて


トイドローンは比較的安価で手に入る、手軽なドローンのことです。一般的なドローンよりも性能が劣りますが、お子様が操縦するときや安いドローンを買いたいという初心者の方にぴったりです。

そこで、今回は「UDIRC U31w」というトイドローンについて紹介します。UDIRC U31wはトイドローンの中でも比較的人気のあるドローンです。ドローンに興味のあるか方はぜひ読んでみてください。


「トイドローン」ってなんだろう?

トイドローンとはいったい何でしょうか。トイとは英語で「toy」、おもちゃという意味です。比較的安価で手に入り、性能よりも手軽で使いやすいドローンのことをいいます。

本格的にドローンを操縦したいという方にとっては物足りなさを感じるのかもしれませんが、ほとんどのトイドローンが航空法の規定を受けない200g以下のもので、値段が比較的安いです。手軽にドローンを使いたいという方にはよいでしょう。

そんな方のために、UDIRC U31wというトイドローンを紹介します。10,000円以内で手に入りますので、初心者にオススメのドローンです。



小さくても機能がたくさん!UDIRC U31wについて

UDIRC U31wというトイドローンについて紹介します。どういった特徴や性能があるのでしょうか。

・安定感がある

トイドローンの中では比較的安定感があります。気圧センサーによる高度維持機能で初心者でも安定的に飛行ができます。コントローラーで操縦する場合は左右2つのレバーを動かすだけなので、比較的簡単に操作することができます。

・室内外どこでも飛行できる

とても軽いドローンですが、安定感があるので外でも飛ばすことができます。200g以下なので航空法の規定対象外のため、一般的な法律や常識の範囲内で自由に飛ばすことができます。宙返りをすることもできるので360°どんな角度からでも飛行することができます。

・持ち運びが簡単

小さいドローンなので、コンパクトです。持ち運びができるので、どこでも持ち歩くことができます。

充電時間は約60分、飛行時間は約7分です。ドローンが遠い場所に行くとビープ音が鳴って着陸します。そのため紛失したり、損傷することはなくなります。

さらにUDIRC U31wはスマートフォンとつなげてさらに操縦の幅を広げることができます。


ドローンの操作は簡単。


スマートフォンとつなげてFPVを楽しもう!

UDIRC U31wはスマートフォンとつなげてFPVを楽しむことができます。FPVとは「First Person View」の略で、「一人称視点、最前列からの眺め」という意味があります。

フライト経路設定機能を使うことで、スマートフォンに線を書くとドローンがその線に従って飛行します。ドローンをコントローラーで操縦するだけでなく、スマートフォンでドローンを操縦することができるというわけです。

無料アプリのflyingseeをダウンロードするとすぐにコックピットからドローンを操縦しているかのような体験を味わうことができます。実際にドローンに乗っているような感覚を味わうことはなかなかできませんよね。

ゴーグルのようなものをつけて映像を見ることができます。また、FPVは単なる娯楽だけでなく、災害救助や事故の場面でも活用することができるので今後ますます活用するでしょう。


ドローンのVRの注意点


長時間使用したいときは予備バッテリーを活用しよう

UDIRC U31wは飛行時間が約7分で長く飛行できないです。そのため予備バッテリーを持っておくと安心でしょう。

飛行している途中で充電が切れてしまうとドローンが墜落する恐れがあります。人やものに落ちてしまうと事故につながってしまう可能性もあるので、飛行時間である約7分以内にドローンを着陸させて充電するようにしましょう。

ドローンを操縦する際は予備バッテリーを持っておくことも大切ですが、ドローンを飛ばす場所も重要です。UDIRC U31wは航空法の規定対象外なので、使用許可は必要ないですが、人の出入りが多い場所での使用は避けたほうがよいです。

雨の日や風の日も避けたほうがよいです。雨によってドローン本体が故障してしまう危険性があります。また、強風によってドローンをコントロールすることができなくなってしまう場合もあります。UDIRC U31wは軽いので風の影響を受けやすいので注意が必要でしょう。天気がよい、人が少ない広い場所で飛行するのがよいでしょう。


ドローンを海外で飛ばせるのか


まとめ

今回はUDIRC U31wというトイドローンについて紹介しました。トイドローンとは比較的安価で手に入り、手軽に使えるドローンです。ですが、UDIRC U31wは性能が比較的高く、スマートフォンと連動することによって撮影の幅を広げることができます。

飛行時間は約7分で長くないので予備のバッテリーを持っておくとよいでしょう。UDIRC U31wは200g以下なので航空法の規定対象外ですが、飛行する際は人が少ない広い場所でドローンを飛行させるようにしましょう。UDIRC U31wでドローンを操縦してみてはいかがでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト