2018.07.27(金)

注目度が高いドローン。よく知らないことも多いドローンを詳しく解説


ドローンという言葉もメディアを通してよく聞くようになってきました。しかし、ドローンについてよくわからないといった方もいらっしゃると思います。

そこで今回はドローンについて詳しく紹介します。本コラムでは形状、機能、操縦の3つに分けて紹介しています。

ドローンに関して興味があるといったかたはぜひ最後まで読んでみてください。ドローンについてより詳しくなりますよ。


なぜドローンと呼ぶのか

最近はドローンという言葉をよく聞くようになりましたね。ドローンとは無人飛行機のことで人が搭乗していないのが特徴です。ドローンを操縦するだけでなく空撮して楽しむかたも多いのでないでしょうか。

そもそも無人飛行機のことをなぜドローンというのでしょうか。ドローンの語源を紹介します。


・ハチの名前から……?

ドローンはいくつかのプロペラがついています。そのプロペラの音がハチに似ていることからドローンと名付けられたという説です。雄バチの意味がある「drone」からドローン(doro-n )もしくはどろーん(doro-nn)と呼ぶようになったと考えられています。


・クイーンビーに対抗……?

クイーンビーとは、第二次世界大戦のイギリスの空軍が使っていた航空機の名前です。クイーンビーとは女王バチという意味です。そのクイーンビーに対抗するために雄バチのドローンを名付けたという説もあります。

ドローンは呼び名がほかにもあり、ドローンの定義はさまざまです。似た意味もあるので紹介します。


・UAV

UAVとは、Unmanned Aerial Vehiclesの略で日本語では無人飛行機という意味です。ドローンとの違いはプロペラがあるかないかで区別されることがあります。プロペラがあるものをドローンと呼び、プロペラがないものをUAVと呼ぶことがあります。

・マルチコプター

マルチコプターはヘリコプターの一種です。ドローンがマルチコプターの一種に含まれているので、マルチコプターと呼ばれることがあります。無人のマルチコプターはドローンの特徴です。


Phantom4 Advancedの特徴


ドローンの種類!

ドローンにはたくさんの種類があります。しかし、ドローンの形や使用用途はさまざまです。


【形状別】


・マルチコプター

先ほど説明したマルチコプターのドローンです。回転翼(ローター)を回転させて飛行します。回転翼の数が多いほど、安定して飛行させることができます。風の影響を受けにくい構造になっています。

タイプは主に4つです。


①トライコプター 回転翼が3つ

②クアッドコプター 回転翼が4つ

③ヘキサコプター 回転翼が6つ

④オクトコプター 回転翼が8つ


さらに回転翼の位置によっても種類が分けられます。


・クアッドエックス型

回転翼がドローンの本体に対して、エックス型に取りつけれています。


・オクトエックス型

上下2枚づつの、回転翼で取りつけられています。合計8枚のプロペラがあります。


・クアッドプラス

回転翼がドローンに対して+(プラス)型に取りつけられています。

ローターの数が多いと安定感は高くなりますが、その分重さも増えるので持ち運ぶのに不便かもしれません。

【機能別】

ドローンにはたくさんの機能がついています。どんな目的で使用するかによって選ぶドローンの種類を決めることができます。


・GPS

ドローンにはGPS がついているものがあります。ドローンの位置を把握することで、安定性が高くなります。ホバリング(ドローンを停止する)することも容易になります。また、安定性を高めるためにはセンサーが搭載しているかも重要になります。


・カメラ

空撮するために、ドローンを使用するというかたが多いのではないでしょうか。ドローン本体にカメラがついているものもあれば、別売りになっていてカメラを選ぶことができるドローンもあります。


・FPV

FPVとは「First Person View」の略であり、ドローンが撮影している映像をリアルタイムで見ながら、操縦することができます。ゴーグルのようなものをつけて操縦することもあるので、迫力のある自分がドローンを操縦しているかのような体験を味わうことができます。

今ではFPVが搭載しているドローンの速さを競う「ドローンレース」が海外で人気のようです。

【操縦別】

・ラジコン

コントローラーを使って操縦する方法で、左右ふたつのレバーで動かします。操縦技術には個人差があるため、操縦になれるようになるまでには時間が必要かもしれません。


・タブレット端末

スマートフォンを使って操作する方法もあります。専用のアプリケーションをダウンロードすることで、操作できるようになります。また、タブレット上に線を引くことでその線に従って操縦することもできます。

アプリケーションで撮影した映像をほかの端末に送ったり、映像を加工することもできるようです。

3つの視点からドローンの種類を紹介しましたが、「軍事用と民生用」に分けることもできます。

軍事用では戦争の道具として利用されました。敵地に攻めるときにドローンで移動したり、相手の様子を観察するもしくは警戒させるためにドローンを使用します。

一方民生用ではわたしたちの生活をより便利にさせてくれます。ドローンで配達する計画をしている会社もあります。ドローンの市場規模は年々拡大しているので、あらゆる業種でドローンが使われるでしょう。


ドローンを海外で飛ばせるのか


今注目されているのか!

ドローンが今注目される理由は、カメラでキレイな映像が撮影できることではないでしょうか。空撮することによって普段では味わうことのできない景色を撮影してくれることが可能になりました。

また、価格が安く、手ごろに使えることができるようになったことも人気の要因です。最近では数千円から買えるドローンもあります。トイドローンといって比較的安価で操作が簡単にできるドローンも増えています。「高額なドローンは抵抗があるけど安いドローンなら買ってみたい」という初心者のかたに人気のドローンです。

ほかにも軽さ100g以下もドローンも出てきていて、手のひらサイズのドローンもあります。どこにでも持ち歩くことができるので、観光地などで楽しむこともできます。

より撮影を楽しむためには

ドローンの撮影をより楽しむためには、カメラ選びが重要になります。カメラによって撮影がまったく違うものになります。しかし、カメラにも種類があるので、しっかり選ぶことが大切です。

また、ご自身の予算内でカメラを選ぶようにしましょう。初心者のかたはドローンとセットになっているものもよいかもしれません。

ドローンとカメラが別売りになっている場合は、沢山あってどれかわからないというかたが多いです。そういったかたは、同じメーカーの物を使うのもおすすめです。

ドローンで撮影する際はカメラの角度を動かさないことが大切です。カメラ角度を動かしてしまうとブレてしまいます。ドローン本体にあわせてカメラの角度を設定するようにしましょう。


カメラ付きドローンの選び方


まとめ

ドローンの語源はハチに関係しています。ハチが飛ぶ音から名付けられたと考えられています。

ひとことでドローンといってもたくさんの種類があるため、使用する目的やご予算に合わせて選んでみてください。

ドローンを操縦する際は場所を選ぶ必要があります。ドローンが墜落してしまい、人や物に当たってしまうと事故につながってしまうので十分注意しましょう。

ドローンをより楽しむためには、自分にあったドローン選びとドローンの注意点をしっかりと知っておくことが大切です。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト