2018.07.27(金)

ジンバルで滑らかな映像が撮れる!ジンバル付きドローンも紹介!


ドローンが広く普及しつつある現在では、ドローンで風景を撮影した動画がテレビ番組などでも多く出てきています。それらの動画は一切ブレの生じていない、非常に滑らかなものがほとんどです。

ドローンが滑らかな映像を撮れるのは、「ジンバル」という道具に秘密があります。このジンバルを活用することによって、滑らかな映像を撮ることが可能となっているのです。

そこで今回は、ジンバルについて詳しく解説していきます。また、この項目では最近増えてきたジンバル付きドローンについても紹介していくので、購入時の参考にしてみてください。


ジンバルを使って魅力的な動画を撮影しよう

ジンバルとは、滑らかな映像を撮るための回転台付きグリップのことです。このジンバルを活用して動画を撮ることにより、手ブレだけでなく歩いたときのブレも補正し美しい映像を撮ることができるようになるのです。

以下の動画を観れば、ジンバルがどれだけ効果的なアイテムかが理解できるでしょう。



ジンバルとスタビライザーの違い

映像のブレを防止するアイテムは、ジンバル以外にも「スタビライザー」というものがあります。では、ジンバルとスタビライザーには、どういった違いがあるのでしょうか。

ジンバルとスタビライザーは仕組みに違いがある

スタビライザーは、重りを使うことで重心を安定させることにより、カメラのブレを防止する仕組みになっています。スタビライザーは重りを使っているため重く、重りの調節ができないとブレも補正されにくいという欠点があります。

一方で、ジンバルは「ブラシレスモーター」というものが装備されており、傾きを感知するとこのブラシレスモーターが自動的に傾きを調節してくれるのです。ジンバルは重りを使っていないので軽く片手でも持ち運べるため、長時間の撮影にも対応できるでしょう。

こうしてみるとジンバルの方が圧倒的に優れているように見えますが、スタビライザーは自分で傾きを調節できるので咄嗟の動きにも対応しやすく、頑丈で安価なものが多いという利点があります。どちらが優れているかは、一概には言えないです。

2軸ジンバルと3軸ジンバルの違い

ジンバルの一覧を見ていると、「2軸ジンバル」と「3軸ジンバル」といった種類のものを見かけます。これら2つのジンバルにはそれぞれ特徴があるので、どちらを買うかよく考えてみるのをおすすめします。

3軸ジンバルはその名のとおり、パン(左右)とティルト(上下)、そしてロール(回転)という 3つの軸があります。この3つの軸のおかげで安定性が非常に高くなっており、全方位のブレに対応しているのです。そのため、走りながら撮影しても滑らかな映像を撮ることができます。

その一方で、2軸ジンバルには軸がティルト(上下)とロール(回転)の2つしかありません。そのため、横のブレを補正することができないという欠点があるのです。3軸ジンバルより滑らかな映像を撮ることはできませんが、軸が少ない分値段も少ないという特徴もあります。

また、ジンバルは機種によって仕様が異なる場合があります。たとえば、3軸ジンバルの1つである「osmo」は、スマートフォンを活用するカメラ内蔵のジンバルです。その一方で、同じ3軸ジンバルの「ronin-m」は、ハンドヘルドカメラを取り付けることで使用するジンバルとなっています。

ジンバルを購入する際には、軸の数だけでなく仕様についてもよく確認しておくようにしましょう。

ジンバル搭載ドローンという選択肢も

近年では、ジンバルが標準されているドローンも見られるようになりました。値段はかかってしまいますが、より滑らかな映像を安定して撮ることができるでしょう。

おすすめのジンバル搭載ドローン

ここでは、おすすめしたいジンバル搭載ドローンをいくつか紹介していきます。


Mavic Air



Photo by Amazon


「Mavic Air」を使って撮影をすることで、3軸ジンバルで補正された4K画質の映像を楽しむことができます。折りたたみ型かつ小型なので収納も簡単なうえ、自動撮影機能やスローモーション撮影にも対応しているのも利点でしょう。

しかし、風の影響を受けやすいうえ、小型なのでバッテリーの量が少ないという欠点こそありますが、それを除けば非常に優秀なドローンです。本格的な空撮を始めてみたいと思った方におすすめできるでしょう。


Phantom 4 Pro



Photo by Amazon


「Phantom 4 Pro」は値段が約20万円と高額ですが、3軸ジンバルと4K/60fpsの動画を撮影できる高性能なカメラによって、非常に美しい映像を撮ることが可能です。また、5方向障害物認識機能によって障害物に影響されない安定した飛行を実現しています。

重量感があって大きいので持ち運びしにくいものの、その欠点を補って余りある性能を誇るドローンといえるでしょう。美しい空撮でないと満足できない、画質にこだわりたい方におすすめです。


ZEROTECH Dobby



Photo by Amazon


ジンバル搭載のドローンはそのほとんどが重量200gを超えてしまうため、航空法の規制に引っかかってしまい飛行に制限がついてしまいます。ですがこの「ZEROTECH Dobby」は、ジンバルを搭載しながらも重量が200g以下なので、航空法の規制対象外となるのです。

ただし、こちらのドローンはブレが補正されにくいので滑らかな動画を撮りにくいうえ、小さいために風の影響を受けやすいという欠点があります。ですが、値段は比較的安い方なので、はじめて空撮をやってみる方や空撮の練習用におすすめの一品でしょう。

まとめ

ジンバルの登場によって、どんなに激しく動いてもきれいな映像が撮れるようになりました。手ブレ補正を直す道具ならスタビライザーが登場していましたが、ジンバルはその軽さから誰もが長時間扱えるという利点があります。

また、ジンバルとドローンを組み合わせることで、空からでも滑らかな映像を撮ることができるようになりました。しかし、2018年7月現在の日本ではドローンの飛行にはさまざまな制限があるため、自由にドローンを飛ばすと法律で罰せられるおそれがあります。

ドローンスクールで講義を受ければ、ドローンに関するさまざまな制限について学ぶことができます。ドローンスクールでドローンの知識を身に着け、安全に空撮を楽しむようにしましょう。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト