2018.07.27(金)

アウトドア空撮の強い味方!Gopro karmaで空撮に入門!


空からの景色を自由に撮影できるドローンで、どんな写真が撮れるのかと想像を膨らませているかたは多いのではないでしょうか。街を上空から見下ろしたり、水面から水中を撮影したりと、さまざまな使い方が思いつきますよね。

そのなかでも、空を飛べるというドローン最大の魅力をフルに活用するのなら、山や海などアウトドアに持っていきたくなるのではないでしょうか。

そこで本コラムでは、アウトドアでの運用に特化した機種として、「Gopro karma」というドローンについてご紹介します。色鮮やかな大自然を色鮮やかな大自然を上空の視点から撮影して、思い出に残る映像を作ってみましょう!


Gopro karmaとは?基本的なスペック

Gopro社が販売するアウトドア特化型空撮ドローン「Gopro karma」について、まずは概要と基本的なスペックをご説明します。

「Gopro karma」は、Gopro社製のカメラを搭載する専用ドローンです。

「Gopro」という会社の名前は、アウトドア用途に適した小型カメラのメーカーとして聞いたことのあるかたも多いのではないでしょうか。ドローンが普及する少し前は、家電量販店やカメラ店に必ずといっていいほどGoproの専門コーナーがありました。

Goproといえば、たとえば自転車やバイクのハンドルに取り付けて車載カメラのように走行風景を撮影する用途が非常に有名です。ヘルメットに取り付けてスケートボードやスカイダイビング、ジェットコースターの映像を迫力ある視点から撮影することもできます。

コンパクトで衝撃や加速度に強いというのがGopro製カメラの主な特徴です。Gopro製ドローン「Gopro karma」は、同社製カメラ「Gopro」をドローンに搭載することで、その特性を最大限に活かした機材になります。

こうしたコンセプトから、「Gopro karma」は「カメラ付きドローン」というより、「ドローン付きカメラ」といったほうがよいのかもしれません。

主なスペックは以下の通りです。


飛行速度・・・・・・最大時速54Km

飛行距離・・・・・・最大3,000m

飛行高度・・・・・・最高3,200m

重量・・・・・・1,006g

サイズ・・・・・・縦幅:303mm     横幅:411mm     高さ:117mm

ドローンとしての基本的な性能を確認したら、次は「Gopro karma」独自の魅力に迫ってみましょう。

Gopro karmaの魅力①携帯性の高いコンパクトボディ

「Gopro karma」最大の魅力といえるのが、非常にコンパクトで持ち歩きやすいことです。

ドローン自体が小型軽量であるのに加え、機体の四隅から伸びるプロペラの「足」は折り畳みが可能であり、収納する際は横幅が半分以下になります。カメラを取り外すこともできるため、かばんの中でかさばるといったこともありません。

持ち運び用の専用バックパックを使うことで、ドローン本体、カメラ、スタビライザー、予備バッテリー、コントローラーのすべての機材を54cm×34cmのケースに収めることができます。さらにバックパックは背負えるので、自転車などで持ち運ぶのにも便利です。

アウトドア最大の課題ともいえる荷物のサイズと重量を非常に小さく抑えられるため、「Gopro karma」はどこにでも気軽に持っていくことができます。持ち運びのしやすさは、アウトドアでの使いやすさに直結するといっていいでしょう。

Gopro karmaの魅力②スタビライザーで滑らかな映像を撮影できる

「Gopro karma」には、カメラ取付け部分に専用の「三軸スタビライザー」が搭載されています。スタビライザーとはバネの力で揺れを吸収する装置のことで、縦揺れ、横揺れ、前後揺れの三軸すべての揺れを最小限に抑えてくれます。

ドローンでの空撮は、基本的に安定しない空中でおこなうことになります。そのため、風の影響を強く受けるばかりか、ドローン自体の振動によって、手ブレよりも強烈なブレが起こってしまうことは珍しくありません。

「Gopro karma」は高性能なスタビライザーを搭載することによって、映像のブレを最小限に抑え、飛行しながらでも滑らかな映像を撮影することができるのです。



スタビライザーの威力については、言葉で説明するより映像を確認していただくのがわかりやすいかもしれません。上記に参考動画を紹介しますので、ぜひ「Gopro karma」のブレのなさを確かめてみてください。

Gopro karmaの魅力③専用コントローラーで快適に操作できる

ドローンで空撮をおこなう際、画質やブレ以外にも高いハードルが存在します。ドローンを空中で自在に操るには、純粋に高い技量が要求されます。

せっかくの高画質な映像を撮れるカメラも、被写体に近寄れなければその真価を発揮できません。撮りたいものに対して適切な距離と角度を保つドローン操縦技術を身につけるのは、一朝一夕とはいかないでしょう。

「Gopro karma」に付属しているモニター付きのコントローラーは、2つのスティックで直観的に操作する方式なので、ゲームのコントローラーと同じような感覚で操縦ができます。

また、オートで離陸と着陸をおこなってくれるボタンがあるため、いざというときにはオート着陸で機体トラブルを回避といった使い方も可能です。

まったくドローンを操縦したことのない初心者でも、買ってその日にドローンを飛ばせるようになるのは、空撮の入門機種としても非常に心強いのではないでしょうか。

ドローン飛行はルールを守って楽しもう

ドローンで空撮をおこなう際、絶対に忘れてはならないのは、ドローンは使い方によってはケガや物損事故にもつながる機材だということです。

「Gopro karma」は最大時速35km、つまり原付バイクと同等のスピードで飛行することができます。もしも墜落してしまった場合、最高高度3,200mからの落下地点に大きな被害が出ることは想像に難くありません。

また、ドローンを含む無人航空機の飛行は、場所によって「航空法」という法律で規制されている場合があります。飛ばしてはいけない場所に無許可でドローンを飛ばした場合、最大で50万円の罰金がかされる可能性があるのです。

ドローンを飛ばす際は、飛行場所の安全を十分に確保し、ルールの範囲内で正しく空撮をおこなうようにしましょう。

まとめ

「Gopro karma」は、アウトドア・スポーツ用カメラの大手メーカーGopro社が開発した、Gopro製カメラを載せるためのドローンです。

Gopro製カメラの運用に最適な性能に加え、アウトドアに持ち込みやすいコンパクトさと、ブレを抑える高度な撮影機能、シンプルなコントローラーによる操縦の簡単さが魅力といえるでしょう。

空撮を快適におこなうために必要な要素がすべて詰まった「Gopro karma」を使って、空撮の世界に一歩踏み込んでみてはいかがでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト