2018.07.26(木)

ドローンを販売しているところは沢山!ドローン購入で迷ったときには

ドローンを販売しているところは沢山!ドローン購入で迷ったときには


ドローンは注目度が高くなってきて、デザインも大きさもさまざまです。ドローンとは無人飛行機のことをいいますが、一見ラジコンとそっくりです。ラジコンとの違いはドローンには自律性というものがあることです。

ドローンはGPSやカメラを取り付けることができるため、自分の力で飛ぶことが可能なのです。対してラジコンは、コントローラーを誰かが動かし続けなければ動きません。

さまざまな場面で活躍しているドローンを購入したいと思っているかたも多いのではないでしょうか。ではドローンはどこで購入できるのでしょうか。今回のコラムではドローンの購入場所や、ドローンを使う上で注意する点を説明します。

ドローンを購入する前に知っておきたいこと

ドローンを購入する前に知っておきたいこと


ドローンを使う上で免許などは必要ありません。しかし、ドローンを使う上で守らなければならないルールはいくつかあります。

そのなかでもドローンには飛ばしてはいけない場所があります。ドローンを購入する前に必ず覚えておきましょう。

空港周辺

空港周辺は飛行機やヘリコプターがたくさん飛んでいます。空港ではレーダーなどで周囲が安全か常にチェックしています。そこにドローンが飛んでいるとレーダーに反応してしまうおそれがあります。ドローンが万が一衝突すると、たくさんの方の命にかかわります。そのため空港周辺ではドローンは絶対に使用してはいけません。

また、空港周辺の敷地がいくらドローンを飛ばしやすそうでも制限されていることもあります。地域によっては、空港の約24kmの範囲が規制対象になっていることがあるので、注意が必要です。

人口密集地域

集合住宅付近で、ドローンが落ちてしまっては怪我をさせてしまうおそれがあります。なにかトラブルがおきてしまってからでは遅いです。住宅街などでドローンは使わないようにしましょう。

また、地域によっては人口集中地区に指定されているところがあります。人口集中地区とは、国勢調査によって設定された地区で、DIDとも呼ばれています。

この地域に指定されていると、たとえ川や広い公園などであってもドローンを飛ばすことは禁止されています。人口集中地区は事前に国土地理院が提供している地図で確認することができるので、ドローンを飛ばす前に一度確認してみましょう。

ドローンの高さ

ドローンを飛ばすときには、飛ばす高さにも注意が必要です。地上などから150m以上の高さに飛ばすことは規制の対象となってしまいます。

たとえ、空港の近くでなくても、この高さまで飛ばすと飛行機やヘリコプターと衝突してしまうおそれがあります。また、ドローンが操縦不可になったとき、どこかに行ってしまうと危険なため、ドローンを飛ばすときには高さに注意しましょう。

イベント会場

以前、ドローンをイベント会場でお菓子をまいていたことがありました。このとき、ドローンがバランスをくずし、約10メートルの高さから落下しました。当然、下にいたたくさんの人たちが怪我した事件がありました。

このような事件があったことから、イベント会場などたくさんの人が集まるところではドローンを飛ばすことはできません。

ドローンはどこで買えばいいの?

ドローンはどこで買えばいいの?


たくさん種類があるドローンは、販売場所もさまざまです。ではどこでドローンは購入できるのでしょうか。

ひとことでドローンといっても種類はとてもたくさんあります。値段も数千円で買えるものからローンを組まなくては買えないものまであります。

近くのお店でドローンが購入できるなら、店員さんにどういったドローンがおすすめか聞いてみるのもいいかもしれません。

また、通販でもドローン専門店のようなサイトもあります。そういったサイトでは電話対応もできるので一度問い合わせて聞いてみるのもいいかもしれません。

お店で買うのも通販で買うのもそれぞれメリットがあります。お店は自分の目でみて確かめて買うことができますし、通販ではよりたくさんの種類のドローンをみれます。

ほかにも、ドローンメーカーでも購入することができます。ドローンメーカーで購入すると、お店とは違ったアフターサービスや独自のサポートサービスが受けられることもあります。ドローンを購入するときは、一度HPなどをみるのもおすすめです。

安いドローンには注意!

安いドローンには注意!


ドローンは値段にも違いがあります。ついつい安いドローンを購入していまいがちではないでしょうか。しかし、安いドローンにはさまざまな問題がおきることがあります。そのため、ドローンを購入する前に注意しなければならなりません。

電池不良

ドローンはリチウムイオンポリマー二次電池を使って稼働しています。リチウムイオンポリマー二次電池は、電池のショートなどのトラブル対策で電池を保護するための保護回路がついています。

しかし安いドローンなどは保護回路性能が不十分なことが多いです。また電池の強度がないと、着陸のさいの衝撃や落下の衝撃で、爆発することもあります。空中で突然発火してしまうおそれもあるので、注意する必要があります。

接続不良でコントロール不能になる

ドローンはコントローラーから電波を飛ばして動かしています。ドローンとコントローラーの接続が途切れるとドローンを動かすことができなくなります。この状態でドローンを使うと思わぬ方向に飛んで行ってしまうこともあります。

ドローンが空から降ってくるのはとても危険で命にもかかわります。また、墜落した先が規制対象となっているのなら、罰則が科せられてしまうかもしれません。

必ずしも安いドローンがすべて、不具合がおこるわけではありません。そのため、安いからといってすぐにドローンを購入しないようにすることが大切です。安いドローンは扱いやすいですが、もしものことを考えるとしっかりと安全対策があるドローンを選ぶことをおすすめします。

機種に迷ったときはレンタル確認!

種類がたくさんあってどのドローンにしたらいいかわからない、一度ドローンを購入する前に試したい、そんな方におすすめなのが、ドローンのレンタルです。

ドローンのレンタルにはたくさんのメリットがあります。まず何よりも買う前にお試しができるという点です。買う前にお試しができると、買ってから後悔するようなことが少なくなります。

しかもドローンのレンタルは、必要な日数のみ借りることができます。旅行先で使いたいからその期間だけレンタルすることが可能なのです。

また、ドローンをレンタルしているところのほとんどは、最新機種がそろっています。そのため、最新のものを試してみることもできるのです。

しかし、毎回レンタルをすると当然コストが重なってきます。さらにドローンは慣れるまでに練習する時間が必要です。色んな種類を試したくてドローンをレンタルするときはあらかじめレンタル期間に余裕を持ちましょう。

まとめ

家電製品店でも通販でもドローンは購入することができます。どんなドローンが欲しいのかがわからなくても、一度家電製品店でも通販でも店員や担当の方に問い合わせてみましょう。そうすることで、自分の目的にあったドローンがどんなものかわかるのではないでしょうか。

ドローンを使用する上で免許などは特に必要はないですが、ドローンを利用してはいけない場所があるので必ず守るようにしましょう。これはドローンの大きさなどは関係なくすべてのドローンに該当します。

ドローンは自分の趣味の幅を広げるにはもってこいのツールです。ルールをきちんと守って楽しくドローンを使いましょう。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト