2018.07.26(木)

ドローン操縦を悩まない!自動操縦システムdji gs proについて


空撮や測量の新たなる手段として注目されているドローン。人間の立ち入りにくい場所や、空からの映像を撮影することができるのは、ドローンならではの魅力といえるでしょう。

とはいえ、ドローンの操縦を一朝一夕でマスターするのは難しいものです。「高さ」という概念に加え、風向きや飛行速度なども計算に入れながら、操作しなければなりません。さらに被写体を適切な距離や角度で撮影するには、技術と知識が必要になります。

そこで本コラムでは、そういった操縦技術の問題を解決する空撮のマストアイテムとして、ドローンの自動操縦撮影システム「dji gs pro」をご紹介します。

システムの力を借りて、正確な空撮映像をお手軽に撮ってみましょう!



ドローン必須スキル!dji gs proとは

「dji gs(grand station) pro」とは、民間で使われるドローンの世界シェア7割を占める最大手メーカー「DJI」社が開発した、ドローンの自動操縦システムのことです。

ドローン空撮においてもっとも重要とされる技術とは、被写体に対して適切な距離と角度を保つことだとされています。ドローンは「どこからでも」「どんな角度でも」撮影することができる自由度が魅力ですが、撮影に最適な位置取りができるかとなると話が変わってくるわけですね。

また、ドローンの操縦は簡易化されているとはいえ、すぐにマスターできるものではありません。前進、後退、左右の移動に加え、高度の上げ下げや風の強さも考えて操縦する必要があるため、初心者が飛ばしたい場所にドローンを飛ばすのは簡単ではないでしょう。

ドローンは高速でプロペラを回転させる重量物です。墜落した先に人がいれば非常に危険ですし、飛行の禁止された空域も存在します。ドローンを飛ばしているうちに禁止空域に入ってしまって、通報されてしまうようなことはできるだけ避けたいところですよね。

「dji gs pro」は、そうしたドローン空撮において最初につまづく「操縦の難しさ」をシステムが補ってくれるソフトです。

操縦を誤って墜落したり、危険な空域に飛んでいってしまうリスクを格段に減らせるので、ドローンの操縦技術に自信のない方でも気軽に空撮を始めることができることでしょう。


ドローンの自動追尾にも種類がある


dji gs pro の3つのミッションタイプ

「dji gs pro」と、システムに対応したドローンを入手したら、さっそくドローンの自動操縦を試してみましょう。「dji gs pro」には大きく分けて3つの自動操縦プログラム(ミッション)が用意されています。

①バーチャルフェンス

バーチャルフェンスとは、「ここからここまで」といった具合にドローンが飛び回る範囲を地図上で指定して、ドローンがそこから出ないように自動でブレーキをかけてくれるミッションです。

バーチャルフェンスという言葉を直訳すると「架空の垣根」となりますが、その名の通り空に見えない壁を設定するわけですね。

バーチャルフェンスを活用することで、安全の確保された空域内でのみドローンを飛ばすことができます。たとえばドローンの手動操縦を練習したい場合や、特定の範囲内をはみ出ないようくまなく撮影したい場合などに便利な機能です。

②計測撮影

計測撮影とは、あらかじめ指定しておいた特定の範囲を自動で飛び回って撮影してくれるミッションのことです。撮影範囲とカメラ設定を入力しておけば、システムが最適なルートを自動で判断して空撮をおこなってくれます。

計測撮影で撮った画像は、別の写真結合ソフトと連携することで、一枚の大きな航空写真に作りなおすこともできます。

計測撮影にはさらに、指定範囲を俯瞰で撮影する「領域モード」と、指定した建物を立体的に撮影する「建物モード」の2種類があり、被写体によって使い分けが可能です。

③ウェイポイント飛行

ウェイポイントとは地図上の特定の位置を示すポイントのことです。計測撮影が「面」を指定するとするなら、ウェイポイントは「点」を指定するものだとイメージするとわかりやすいかもしれません。

ウェイポイント飛行は、地図上に複数指定しておいたウェイポイントを全て通過するような飛行経路をシステムが自動で設定してくれるミッションです。計測撮影ミッションよりも飛行ルートを具体的に指示するミッションといえるでしょう。

「dji gs pro」を使って空撮をおこなう際は、主に上で挙げた3つのミッションを活用することとなります。それぞれの特徴と利点をおぼえて、最適なミッションを選択しましょう。


その他の360°カメラとの違いは?


dji gs proの基本設定

どのミッションを使って撮影するかを決めたら、次は「dji gs pro」の基本設定をおこなっていきます。「dji gs pro」には多種多様な設定項目が用意されていますが、ここでは基本的かつ重要なポイントに絞って解説します。

カメラモデル

「dji gs pro」と連携するカメラの機種を設定する項目です。ドローン本体の機種を設定する場合と、カメラ自体の機種を設定する場合の2通りがあります。カメラの機種によって最適な飛行ルートや被写体との距離をシステム側が自動で判断してくれるため、忘れずに設定しておくようにしましょう。

撮影モード

空撮の際にカメラをどのように動かすかを設定します。その場で滞空しながら撮影を続ける「ホバリング撮影」、一定時間ごとにシャッターを切る「等時間間隔撮影」、ドローンが一定距離を進むごとに撮影する「等距離間隔撮影」の3つのモードから選ぶことができます。

飛行速度

ドローンをどのくらいのスピードで飛ばすかを決めます。ドローンの飛行速度を上げれば上げるほど、飛行経路を飛び切るまでの時間は短くなり、ミッション終了が早くなります。

飛行高度

ドローンをどのくらいの高さで飛ばすかを設定する項目です。基本的に、高度が高いほど広い範囲を一度に撮影できるため、飛行経路とミッション時間を短く済ませられます。

ただし、高度が高いと地上の細かい部分まで鮮明に映すことができなくなるため、画質と効率のバランスを考えて設定しておく必要があります。画質と効率、どちらを重視するかを考慮して、ちょうどよい高さを選びましょう。

オーバーラップ率

指定範囲をくまなく空撮する場合、ドローンはジグザグに飛び回りながら等間隔で撮影していきます。そのため、写真の撮影範囲が隣や前後と被ることがあり、どのくらいの割合で範囲を被らせるのかを決めるのが「オーバーラップ率」です。

オーバーラップ率が高いほど、同じ範囲を別々の角度から撮ることとなり、写真の精度は高くなります。ただし、同じ範囲を何度も撮るため、ミッション完了までに時間がかかるということをおぼえておきましょう。

ミッション終了時の動作

決められた飛行経路を飛行し、終えたドローンの動作を設定する項目です。その場で滞空を続けて、次の指示を待つ「ホバリング」、操縦者のもとへ自動で戻ってくる「自動帰還」、真下の地面に降りて動作を停止する「自動着陸」の3つから選ぶことができます。

ホバリングに設定しておけばすぐに次のミッションに移ることができますが、ドローンのバッテリー残量やミッション終了地点によってはドローンを回収しておきたい場合もあるため、状況に応じて設定を変えておきましょう。


ドローンの操縦するは誰でもできる?


特別なケースとは

「dji gs pro」はドローンの操縦からカメラでの撮影まで自動でおこなってくれる便利なシステムです。しかし、自動であるがゆえに、予期しない事態におちいるとミッションを続けることができないエラーを起こすことがあります。

「dji gs pro」がミッションを続けられなくなる特別なケースとは一体どんなものなのか、以下にまとめておきました。

ドローンが吹き飛ばされる

ミッションの最中に、強風などによってドローンが吹き飛ばされ、指定されたバーチャルフェンスからはみ出てしまった場合は、ミッションの継続が不可能になります。自動着陸や自動帰還などでドローンを回収し、再度フェンスを設定しなおしてドローンを再離陸させましょう。

誤操作による飛行モードの切り替え

コントローラーを誤操作して、飛行モードが手動から自動に切り替わったり、自動から手動に切り替わったりすると、バーチャルフェンスが無効化されてミッションが強制終了します。

GPS信号が弱くなる

ドローンの位置情報を確認するGPS(GNSS)信号が何らかの理由で弱まると、システムがドローンの居場所を見失ってしまうため、ミッションが続行できなくなります。GPS信号が再び捕まえられる状態になれば、中断されたところからミッションの再開が可能です。

バッテリー切れ

ドローンのバッテリーが規定値よりも減ると、その時点でミッションを中断します。ドローンの充電をおこなってバッテリーを回復させれば、中断した時点からミッションを再開できます。

深刻なバッテリー切れ

ドローンの動作が不可能なレベルでバッテリーが消耗していると、ミッション継続はおろかドローンが手元に帰還することすら不可能になります。ドローンはその場に自動着陸するため、直接回収して再充電をおこなうことで、ミッション中断時点から再開が可能です。



まとめ

これまでヘリや飛行機を使わなければ撮ることができなかった航空写真も、ドローンを活用することで個人で手軽に撮ることができます。しかしドローンの操縦は簡単とはいえず、また禁止空域の存在など、法的にも注意しなければならないことが多々あります。

「dji gs pro」はドローンの操作と撮影をシステムが自動でおこなってくれるため、ドローンの操縦に自信のない初心者でも空撮を可能にする空撮入門の心強い手助けとなることでしょう。

最適な飛行経路を自動で判断するとはいえ、「dji gs pro」が真価を発揮するには使用者が空撮の基本的な知識をしっかりと理解しておく必要があります。システムをフル活用し、綺麗な空撮写真を撮るためにも、「dji gs pro」のミッションと基本設定を確認しておきましょう。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト