2018.07.26(木)

自撮り棒ではなくて自撮りドローン?!自撮りドローンについて紹介!


ドローンは将来わたしたちの生活をより便利にしてくれるといわれています。そんなドローンですが、自撮りできるドローンが登場してきています。

本コラムでは自撮りドローンについてと小型のドローンを使用する際の注意点を紹介します。ドローンに興味があるという方はぜひ読んでみてください。


これからは自撮り棒じゃなくて自撮りドローン!?

最近はスマートフォンで自撮りをしている人をよく見かけます。自撮り棒という長い棒を使ってみんなで一緒に撮影するというかたも多いのではないでしょうか。ですが、これからは自撮り棒ではなく自撮りドローンが人気になるかもしれません。

ドローンは空撮することができたり、物を運ぶことができるため、とても便利ですが、プライバシーが侵害されるといった悪用されるケースもあります。そのため使い方には注意が必要です。


Gopro fusionの優れたポイント


こんな時こそ自撮りドローンの出番!

自撮りをする際には自撮り棒を伸ばして撮影しますが、撮影したい場所で自撮り棒が伸ばせないようなシチュエーションもあるでしょう。しかし、自撮りドローンは以下のようなシチュエーションでも使うことができます。

観光地

空から撮影することで、周りの風景を広く撮影することができます。また人が多く集まるような場合でも、しっかり全員撮影することができるでしょう。

結婚式

一生の思い出として結婚式で自撮りドローンで撮影してもよいでしょう。あらゆる角度から撮影できるため、普通のカメラでは撮影できないような写真を撮ることができます。忘れることのできない結婚式になるでしょう。

このような場所などで撮影することが出来るので、これからあらゆる場所で自撮りドローンを見ることになるかもしれませんね。


ドローンはレンタルもできる?


おすすめの自撮りドローン

すでにいろいろな種類のドローンが発売されていますが、その中でもおすすめの自撮りできるドローンをご紹介します。


【国内正規品】DJI Spark(アルペンホワイト)



Photo by Amazon

ブレを抑える技術が搭載されているためキレイな動画が撮影できます。手のひらサイズの軽ドローンです。


【国内正規代理店品】Zerotech ポケット セルフィードローン Dobby スタンダード版 D100B-S(プロペラガード付属)


Photo by Amazon

折り畳み式でポケットにも入れることができるので、持ち運ぶのにおすすめです。アプリケーションから撮影した映像を確認することができます。


【国内正規品】Parrot ドローン Mambo FLYドローン規制対象外200g未満 ピジョン+超音波センサー搭載オートホバリング PF727078


Photo by Amazon

スマートフォンを使ってドローンを操縦することができます。また、同機種でコントローラー付きのドローンもあります。

小型のドローンを使うときの注意点

ドローンは航空法や電波法といった法律で規制されています。200g以下であれば規制の対象にはなりませんが、小型のドローンを使う際にも注意は必要です。以下の事に気をつけてドローンを飛行させてください。

場所に気をつける

空港でドローンを飛ばせば、飛行機などと衝突してしまう可能性も考えられます。飛行機が着陸、離陸する付近ではドローンの使用が規制されていることもあります。そのような場所でのドローンの使用は控えましょう。

ほかにも家が密集している場所での使用も控えたほうがよいです。車や自転車が通る道でドローンが落ちてしまうとトラブルになる可能性があります。またイベント会場などの人が多い場所の、使用も控えたほうがよいです。

ドローンを使用する際は、人が少なく広い場所で使用するのがよいでしょう。

時間帯に気をつける

ドローン夜間に飛ばす際は気をつけたほうがよいです。暗い場所でドローンを飛行させると肉眼では見えにくくなり、事故の可能性が高まってしまうからです。場所によっては日が沈むまでしかドローンを使用できないという規制があるところもあります。夜間にドローンを飛ばす際は肉眼で見える範囲で使用しましょう。

また、第三者と建物の間の距離の確保は30m以上という規定があります。飛行する際は周囲への配慮を心がけましょう。

ドローンを飛ばす際は、ほかの人に迷惑をかけないということも大切です。当たり前のことかもしれませんが、ドローンに夢中になってしまうと忘れてしまうこともあるので、意識して自撮りドローンを操縦しましょう。


子供飛ばせるhs190wとは


まとめ

これからは自撮り棒ではなくて、自撮りドローンが登場するかもしれません。空撮することができるので、撮影できる範囲も格段に広がり人気が出てくるでしょう。観光地や結婚式などで自撮りドローンを使用すれば、一生の思い出になると思います。

そんな新しいドローンですが、使用の際は十分に注意しなければなりません。200g以下のドローンであれば、航空法といった法律の対象にはなりませんが、ほかの人に迷惑をかけないようにしましょう。人が多い場所や夜間の使用にはとくに注意が必要です。

安全を確認して自撮りドローンを使って撮影してみてはいかかでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト