2018.07.26(木)

dji gogglessを使ってみよう!ドローンの映像を楽しむには


ドローンを最大限楽しむために、さまざまな周辺器具が販売されています。ドローンだけでなくこうした器具を活用することで、よりドローンの操縦を楽しくすることができるでしょう。

そこでご紹介したいのが、「dji goggles」というドローン用に開発されたゴーグルです。このゴーグルを使用することにより、まるで自分がドローンに乗り移ったかのようにドローンを動かすことができるのです。

今回のコラムでは、dji gogglesの利点や注意点を解説していきます。使い方をしっかり覚えて、臨場感のあるドローン操作を楽しみましょう。


dji gogglessはなぜいいのか

「dji goggles」とは、ドローンで有名な中国のDJI社が出しているドローン用のゴーグルとなります。値段は約5万円と高めではありますが、それの値段にふさわしい機能を内蔵したものなのです。


Photo by Amazon


dji gogglesでなにができる?

ドローン飛行の際にdji gogglesを活用することで出来ることは、「ドローンが撮る映像の閲覧」と「ドローンのカメラの向きや進む向きの指定」の2つとなります。

まず「ドローンが撮る映像の撮影」ですが、dji gogglesなら非常に高い解像度で映像を楽しむことができます。さらにdji gogglesは低遅延伝送システムを内蔵しているため、映像のタイムラグが少ないという利点もあるのです。

もう1つの「ドローンのカメラの向きや進む向きの指定する」という機能ですが、dji gogglesを装着した人が右を向けば、ドローンも右方向に回転するのです。高品質の映像も相まって、まるで自分がドローンそのものになっているような体験ができるでしょう。

これ以外にも、dji gogglesを使ってドローンを操作する「インテリジェントフライト」という機能も内蔵されています。dji gogglesにはこの機能にいくつか種類があり、選択した場所にドローンを飛ばす「TapFly」や、指定した物体を追尾する「ActiveTrack」しています。

また、dji gogglesはドローンの操作以外にもヘッドマウントディスプレイとしても活用することができます。ゲーム機器やPCと接続することによって、臨場感のある映像体験を楽しむことができるのです。



dji gogglessの操作方法

それでは、dji gogglesをどうやって操作すればいいのかについて解説していきましょう。

電源のつけかたにコツがいる?

dji gogglesを起動する際、最初にとまどうのが電源の入れ方でしょう。ゴーグルに取り付けられている電源ボタンを一回押したり長押ししたりしても電源が入らず、困惑する方もいるかもしれません。dji gogglesは短い間隔で2回電源ボタンをおし、2度目は長押ししなければ電源が入らないのです。

どうやって操作するの?

電源が入ったら、早速dji gogglesを動かしてみましょう。dji gogglesを操作する場合には、本体に取り付けられているタッチパネルを使用します。ゴーグルのタッチパネルを2本指で下にスワイプしてみると、goggles機能のショートカットが出てくるので、それを使いどの機能を使いたいか選択しましょう。

ショートカットで選べる機能は、主に3つあります。画面全体にドローンの映像だけを表示する「全画面モード」、頭を動かすとその方向にドローンとカメラの向きを移動させる「ヘッドトラッキング飛行」、頭の動きでカメラだけを動かす「ヘッドトラッキングジンバル」などがあります。用途に合わせたモードを選択するようにしましょう。

ここでご紹介したのは、dji gogglesが持つ機能のほんの一部です。もしdji gogglesを最大限活用したい場合は、説明書をよく読んで、どのような機能があるのかをあらかじめ確認して使用しましょう。



初期設定はアクティベーションが必要?

dji gogglesをはじめて利用する場合、初期設定の段階で「アクティベーション」をする必要があります。アクティベーションとは正規のライセンスを所有しているかを証明する手続きのことで、これをしないとdji gogglesの機能を活用することができません。

dji gogglesでアクティベーションを完了させる方法には、PCやスマートフォンをdji gogglesに接続させたり、ドローン本体をdji gogglesと接続させたりするといったものがあります。dji gogglesは操作が少々複雑なので、説明書のアクティベーションに関する項目をしっかり読んでおくようにしましょう。

ドローンを飛ばすには注意が必要!

dji gogglesを使ったドローン体験は非常に楽しいものですが、ここで気を付けなければいけないのは「目視外飛行」についてです。

操縦者自身の目で直接見ながらドローンを操作するのが「目視飛行」です。一方で自動飛行やゴーグルを使ってのドローンの操作は「目視外飛行」となります。この目視外飛行をする場合には、事故防止のためにルールが設けられているのです。

2018年7月の時点では、目視外飛行をするにはある程度のドローンの操縦技術が必要なほか、国土交通省の許可が必要となっています。許可の申請を面倒に思う方もいるでしょうが、これをしないと法律で罰せられるおそれがあるので、必ず申請はしましょう。

訓練施設でドローンの腕を磨こう

「目視外飛行の訓練ができないのに、どうやって目視外飛行の訓練をすればいいんだ」と疑問に思う方も多いでしょう。たしかに、目視外飛行が規制されている以上は訓練のしようがありません。そこで役に立つのが、全国各地にあるドローンの訓練施設なのです。

屋内施設は航空法の対象外となるため、事前の許可をとらずに目視外飛行をすることができます。もし目視外飛行をしたい場合には、ドローンの訓練施設でドローンを飛ばす訓練をするようにするようにしてください。



まとめ

dji gogglesを活用したドローン体験は、今までにない臨場感のあるものとなるでしょう。ただし、2018年7月の時点では目視外飛行にさまざまな制限があるため、それを理解しておくようにしましょう。

先ほども述べたとおり、目視外飛行をするには訓練をして操縦技術を積んでおく必要があります。もしdji gogglesでドローンを楽しみたいと思った方は、まずドローンスクールに通って操縦技術を磨いてみるのをおすすめします。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト