2018.07.26(木)

ドローンで新婚旅行をもっと楽しむ!ルールを守って最高の旅にしよう

ドローンで新婚旅行をもっと楽しむ!ルールを守って最高の旅にしよう


ドローンを新婚旅行に持っていく人が年々増えています。ドローンは、スマートフォンや一眼レフカメラでは撮影することの難しい迫力満点な写真や映像を撮ることができます!

新婚旅行は人生の中でも重要なイベントです。「思い出に残るものにしたい!」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。ドローンを新婚旅行に持っていけば、思い出に残るような写真を撮ることができるかもしれません。

本コラムでは、ドローンを新婚旅行持っていくメリットや注意点をご紹介します。ドローンを海外に持っていく際は、気をつけなければならないことがあります。ルールを守って、ドローンで最高の思い出を作りましょう。

ドローンを新婚旅行にもっていくメリット

ドローンを新婚旅行にもっていくメリット


新婚旅行は人生で一度きりの大切なイベントです。新婚旅行ではそれぞれの思い思いの地へ旅に出るかと思いますが、そんな一大イベントで大切になってくるのがやはり「写真」なのではないでしょうか。

写真に収めておくことで何年後にも繰り返し思い出を振り返ることができます。大切な新婚旅行ですから、思い出に残る写真や映像をたくさん撮影しておきたいですよね。

そんなときに活躍してくれるのがドローンです。ドローンという言葉を聞いたことがある方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

ドローンとは、無人飛行機のことをいいます。ドローンのプロペラ音が蜂の飛ぶ音に似ているところからその名がつけられたといわれています。

ドローンはもともと戦争などの軍事目的で利用されていましたが、現在ではさまざまな場面で利用されるようになりました。空からの観測、警備、物流など、今後もあらゆる分野で活躍することが期待されています。

なかでも、注目されているのが「空撮」です。テレビや映画などでも、空から撮られた美しい景色などの映像を見たことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。最近ではそんな空からの撮影には、ドローンが多く使われています。

そんなドローンを、新婚旅行に持っていくという方が年々増えています。新婚旅行では、海外などの景色がきれいな場所を選ぶという方が多いのではないでしょうか。ドローンは空からの撮影をすることができるため、迫力のある景色を簡単に撮ることができます。

また、空撮だけではなく、スライド動画や、少し離れた高い場所からの自撮りなんかも撮ることができます。

そして、海外では美しい景色が見られるところだと足場がないという場所もあります。しかし、そんな足場のない場所でもドローンを飛ばせば撮影することが可能になります。

スマートフォンや一眼レフカメラでは撮影の方法にも限りがありますが、ドローンがあることによって撮影方法の幅はかなり大きく広がるのではないでしょうか。

ドローンは今では、一眼レフカメラよりも小さくて軽いものも増えています。以前なら莫大な予算と多くの人員を必要としていた空撮ですが、今ではドローン一台で簡単にできてしまうのです。

ドローンを海外にもっていくときの注意点

ドローンを海外にもっていくときの注意点


「ドローンを新婚旅行に持っていきたい!」と思っている方もいらっしゃいます。しかし、ドローンを海外に持っていくときには注意しなければならない点がいくつかあります。

ドローンは飛行機内に持ち込むことができますので、海外に持っていくこと自体は可能です。しかし、気をつけなければならないのが、ドローンのバッテリーです。

ドローンのバッテリーは、リボバッテリー(リチウムイオンポリマーバッテリー)というもので、国の指定する危険物に該当しています。

しかし飛行機に乗せられないというわけではなく、手荷物の中に入れて飛行機内に持っていけば引っかかることはありません。ドローンの機体は預けてしまっても問題ありませんが、バッテリーは機体から外して手荷物に入れておきましょう。

ドローンのバッテリーだけでなく、携帯電話やパソコンなどのバッテリーも機内へ持ち込みとなっていることも多いです。

また、すべてのリボバッテリーが機内へ持ち込めるわけではありません。バッテリーのワット数が100wh以下のものでしたら個数制限はありませんが、100wh以上のものですと2個までしか持ち込めません。

最近ではあまりないものですが、160wh以上のバッテリーは持ち込むこと自体ができないため注意が必要です。

さらに、ドローンやそのバッテリーの重量にも気をつけなければなりません。飛行機によっては荷物の重量制限がある場合もあり、その制限を超えると料金を支払わなければならないケースもあります。

各航空会社のホームページには、荷物の取り扱いについての注意事項が記載されています。ドローンを持って海外へ行く際は一度確認しておくとよいでしょう。

アメリカでは申請もいる!

アメリカでは申請もいる!


ドローン持参で新婚旅行をしようと思っている方のなかには、旅先をアメリカにしようとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。ドローンは国によって規制が異なり、アメリカの場合は少し特殊な制度があります。

それは、「FAA登録制度」です。アメリカでドローンを飛ばしたいという方は、このFAA登録をおこなわなければなりません。

氏名・住所やメールアドレスなどを登録し、証明書を発行してもらいます。その証明書には個人のIDが記載されていますので、そのIDをドローンに貼りつけます。そうすることでようやくアメリカでドローンを飛ばすことが可能になります。

もしFAA登録をおこなわずにアメリカでドローンを飛ばしてしまい、事故や事件に発展してしまうと、最悪の場合3,000万円以上の罰金および3年の禁固刑が科されてしまうこともあります。

5ドルの登録費用がかかってしまいますが、もしものときのためにも、アメリカへドローンを持ちこむ際は必ずFAA登録をしましょう。有効期限は3年間のため、期限切れにも注意しましょう。

登録は、FAAの公式サイトから簡単におこなうことができます。まずはFAAの公式サイトにアクセスし、メールアドレスとパスワードを入力してアカウントを作成します。

メールアドレスに確認のメールが届いたら住所や電話番号などの情報を入力し登録をおこないます。その後、5ドルの料金の決済画面が表示されるため、決済手続きをおこなえばFAA登録完了です。

登録したメールアドレス宛てに、登録番号の書類などがPDFファイルで送られてきますので確認しておきましょう。このファイルに記載された登録番号が、ドローンに貼り付けておかなければならない番号です。番号がすぐにわかるように貼りつけておきましょう。

場所も限定される?!

「ドローンを新婚旅行へ持っていきたい」と思っても、ドローンの規制は国によって異なります。ドローンの持ち込み自体を禁止している国はあまりありませんが、ドローンの使用を全面的に禁止している国もありますので注意が必要です。

まずは新婚旅行先が、ドローンを使用してもよい国なのか確認してください。使用できる国であることがわかったら、その国にはドローンに関する法律や規制があるか、ドローンを使用してはいけない区域はどういったところなのかなども確認しておきましょう。

これを調べずにその国の規制に反してしまうと、ドローンを没収されたり、罰金刑に科されたりするかもしれません。最悪の場合、禁固刑になるおそれもあります。

ドローンが禁止されている国や地域は、テロ対策として規制がある場合も多いです。日本でもこれまで、ドローンを悪用してテロをおこなった事件がいくつか報道されました。

そのため、日本では人口密集地域や高さ150m以上の上空ではドローンを飛ばすことができないという法律が定められました。その区域は、国土交通省の許可がないと飛ばすことができません。

海外でも、そういったテロ対策のためにドローンを禁止している区域は多いです。とくに観光地が多い国で人口が密集している場所は、ほとんどドローンを飛ばせないといっても過言ではないでしょう。

ドローンを使いたい場合は、人口の密集していない自然エリアをおすすめします。そこでも、ドローンを飛ばせるかどうか事前に確認してきましょう。

まとめ

新婚旅行は人生の一大イベントといってもよいくらいに重要なものです。そんな大事な旅行を思い出に残るものにするためには、ドローンを使うことをおすすめします。

ドローンは空からの景色を撮影したり、離れた場所から自撮りしたりと、一般的なカメラでは撮影できない写真を撮ることができます。

しかし、海外でドローンを使用する場合、その国のルールを守らないと大変なことになってしまうかもしれません。ドローンを海外に持っていく場合は、事前に旅先のルールを調べておくようにしましょう。

ドローンを新婚旅行へ持って行って、すてきな写真や映像を撮影し、思い出に残る新婚旅行になるとよいですね。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト