2018.07.26(木)

安くて高性能!SYMA製ホビードローンの魅力とオススメ機種を紹介

安くて高性能!SYMA製ホビードローンの魅力とオススメ機種を紹介


今や空撮や測量などで大きな活躍を見せ始めているのがドローンです。「使ってみたいなあ」という方が多い反面、ドローンは高価格で操作も難しいため、なかなか手が出せないという方も多いです。そんなときは、ホビードローンを使ってみてはいかがでしょうか。

ホビードローンは非常にコンパクトで、安価で操作しやすいものが多く、初心者の方に人気のドローンです。中でもSYMA製のホビードローンは人気が高く、世界中の人が使っています。

本コラムでは、ホビードローンの魅力や、SYMA製ホビードローンについてご紹介します。ホビードローンの選び方やおすすめのSYMAホビードローンも紹介しますので、迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

手軽に楽しめるホビードローンの魅力

手軽に楽しめるホビードローンの魅力


ドローンは昨今、メディアなどでも話題になるようになりました。ドローンという言葉を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

ドローンとは、無人飛行機のことをいいます。すべての無人飛行機の総称であり、軍事目的で利用される大きなサイズのものから、手のひらサイズのものまでさまざまな種類や大きさがあります。

これまでは、一部の人たちが娯楽などで使用していましたが、2015年に起こった首相官邸にドローンが落下した事件により、多くの人たちに知られることとなりました。

ドローンの中でも、ホビードローンを使う人も多くなってきています。ホビードローンとは、200g以下のコンパクトなドローンのことをさしています。

日本では2015年に、「ドローン航空法」という法律が定められました。空港周辺や人口の密集する地域、高さ150m以上の場所で許可なくドローンを飛ばすと違法になるというものです。

そういった場所で200g以上のドローンを飛ばす場合、航空法が適用されるため、国土交通省の許可がないと飛ばすことができません。

しかし、ホビードローンは重量が200g以下のため、航空法の適用外なのです。そのため、ほとんどの地域で利用することが可能です。しかし、場合によっては禁止されている区域もあるため注意が必要です。

また、本格的なドローンを購入すると値段は数十万円にもなることもありますが、ホビードローンは数千円という低価格で購入することができます。コンパクトサイズなので、機種によっては家の中でも飛ばすことも可能です。

「ドローンを使ってみたいけど予算が少ない……」「本格的なドローンを買う前に練習してみたい」という方にぴったりです。中でもSYMA(シマ―)製のホビードローンは人気でおすすめです。

SYMAのホビードローンはコスパが高い!

手軽で安価なホビードローンですが、多くのメーカーが存在するため、どれを買おうか迷ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方には、SYMAのホビードローンをおすすめします。

SYMA(シマー)は中国に拠点があるドローンメーカーです。ホビードローンを中心として、ラジコンヘリやマルチコプターなども製造しています。

SYMAは数あるホビードローンメーカーの中でも開発力や技術力に優れており、低価格で高クオリティのホビードローンを製造・販売しています。

SYMAはドローン専門のメーカーではないため、本格的なドローンを製造しているわけではありません。そのため、「安くて手軽に利用できるホビードローン」という点が大きな特長です。

手のひらサイズのものから、空撮などをおこなえる本格的なものまで幅広い種類のホビードローンを販売しています。性能は高価なドローンに劣るものの、安価で手に入り誰でも気軽に使えるドローンとして人気があり、世界各国で使用されています。

何が違う?ホビードローンの選び方

何が違う?ホビードローンの選び方


SYMA製でもさまざまなドローンが販売されており、どれを選べばよいかわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ドローンのバッテリーや操作性など、どんな機能を重視するかで選ぶとよいかもしれません。


▽ジャイロ機能

ジャイロセンサーを搭載しており、自動で傾きを調整してくれます。ドローン初心者でコントロールすることに慣れていない方でも、簡単に安定した操作をおこなうことができるのです。


▽自動帰還機能

ボタンを押すと自動で機体が帰って来てくれる機能で、こちらも初心者におすすめです。誤って電波の届かない場所に飛ばしてしまっても、ボタン一つでドローンが戻ってきます。


▽FPV機能

空撮したい方におすすめの機能です。FPVは、First Person Viewの略称で、一人称視点という意味があります。撮っている映像をリアルタイムで確認しながら操作できるため、臨場感を楽しむことができます。


▽バッテリー

ドローンの飛行時間は、平均で5~10分ほどです。「ちょっと短いのでは?」と思われる方もいらっしゃいますよね。しかし、20分や30分以上連続で飛行できるドローンだとそのぶん高価なものになってしまうため、安価なホビードローンの長時間の飛行は難しいです。

しかし、ドローンの操作は集中力や技術を要するもののため、10分ほど経つと案外満足してしまう方も多いようです。


▽操作性

ドローンに慣れていない方は、操作性が重視されたものを選ぶとよいでしょう。全くの初心者の方は、ドローンのプロペラが4基のものを選んでみてください。

プロペラが多ければ多いほど操作が難しくなります。初めてドローンを扱う方は、最初はいろいろなところにぶつけたり落下させてしまったりすることもあるため、機体が安定しやすい、4基のプロペラがついたドローンをおすすめです。


▽カメラ

カメラが搭載されているものだとそのぶん高価になってしまいますが、空撮を楽しみたい方はカメラ機能のついたものを選ぶとよいでしょう。撮影できる画質がよければよいほど価格も上がります。

SYMAのおすすめホビードローン2つ

「SYMAのドローンを買いたいけれど、どれがいいのかわからない」「おすすめを教えてほしい!」という方のために、SYMAのおすすめのホビードローンをご紹介します。


▽SYMA X5C
SYMAのおすすめホビードローン2つ

Photo by Amazon

こちらは抜群安定感が魅力のホビードローンです。ボタン1つでアクロバティックな操作も可能で、「初心者だけど自在に動かしたい!」という方におすすめです。

200万画素のカメラを搭載しており、飛行時間は7分ほどです。スペアのパーツも販売されていますので、万が一パーツが破損しても安心です。


▽SYMA X5SW
SYMAのおすすめホビードローン2つ

Photo by Amazon

こちらは、基本的な機能は「X5C」と変わりありませんが、カメラ機能が強化されているため、写真だけでなく映像も撮ることが可能になりました。空撮できれいな写真や映像を撮りたいという方におすすめです。

また、FPV機能も追加されており、ドローンのカメラで撮影した映像をスマートフォンなどでリアルタイムに見ることができます。飛行時間は8分ほどです。

まとめ

ドローンは今や、きれいな風景を空から撮影する際に欠かせない存在となりつつあります。しかし、ドローンは価格も安くなく、操作も難しいという方が多いです。

そんなときはまずホビードローンを使うことをおすすめします。ホビードローンは低価格でもしっかりドローンとしての機能を果たしてくれます。とくにSYMA製のホビードローンは人気が高く、安価でも高性能で世界中から人気を集めています。

「10万円以上するドローンは高くて手が出せない……」「ドローンの練習をしたい!」という方はぜひホビードローンを使ってみることをおすすめします。さまざまな機能のあるホビードローンをぜひ楽しく使いこなしてみましょう!

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト