2018.07.26(木)

360°撮影で臨場感のある映像を!Gopro fusionの特徴

360°撮影で臨場感のある映像を!Gopro fusionの特徴


みなさんは360度カメラとは何かご存知ですか?普通のカメラとは異なり、360度すべての風景を同時に写真や動画で撮影できるカメラのことをいいます。最近はアウトドアなどの場面で使われることが多い360度カメラですが、その中でも今回ご紹介したいのがgoproから発売された「gopro fusion」です。

今回のコラムでは、gopro fusionの優れた性能やほかの360度カメラとの違いなどをまとめてみました。gopro fusionが気になっている方はぜひ最後まで読んでみてください。

360°撮影可能!Gopro fusionとは

360°撮影可能!Gopro fusionとは


fusionとは、goproから2018年4月に発売された360度カメラです。そもそもgoproとは、スポーツなど動きのあるシーンを撮影したり、臨場感そのままに風景を写真におさめることができるアクションカメラのことです。

また、goproはサイズ感が手のひらに収まるほど小さく、バイクや自転車、ヘルメットなどにつけて撮影ができるのが特徴です。

すでにさまざまな種類が発売されており、そのうちの最新シリーズとして発売されたのが「gopro fusion」です。

gopro fusionは、5.2Kの高画質の撮影が可能になり、いままでのgoproとは異なり搭載されている機能の1つ1つが高性能になっています。

Gopro fusionの優れたポイント

Gopro fusionの優れたポイント


gopro fusionはいままでのgopro とは違った性能があります。

手ブレを抑えるスタビライゼーション機能

gopro fusionの目玉ともいえるのが「スタビライゼーション機能」です。これは、手ブレを抑えるための機能で、激しいアクティビティ中でもキレイに写真や動画の撮影が可能になりました。

従来のgoproの手ブレを抑えるには、「ジンバル」という別のパーツをつけることである程度解消されてきました。しかし、このgopro fusionではジンバルが必要ないほどスタビライゼーション機能が優れているそうです。

防水性能が高い

じつは、多くの360度カメラには防水性能がついていない場合がほとんどです。しかし、gopro fusionには水深5mまで対応の防水機能が搭載されています。

そのため、海やプールでの撮影や雨の中での撮影も使うことができるのです。

360度音声を録音が可能

多くの360度カメラには、多くても2つしかマイクがついていませんでした。しかし、gopro fusionには4つのマイクが搭載されています。そのため、360度で最高画質の映像が撮影できることに加え、まるでその場所にいるような臨場感のある音声が録音することができます。

また、自転車などに乗りながら撮影しているとどうしても風を切る音が入ってしまい、周囲の音がしっかりと聞こえないことがあります。そんな風切り音を低減することができる機能もついているため、周囲の音をかき消すことなくしっかり録音することが可能となったのです。

「OVERCAPTURE」で編集できる

撮影した動画や映像を編集できる「OVERCAPTURE」という専用アプリがあります。スマートフォンがあれば簡単に編集でき、編集をおこなうのに特別な知識や技術は必要ありません。また、出来上がった写真や動画はアプリを通じてシェアすることも可能です。

Gopro fusionの気になるポイント

さまざまな機能を持つgopro fusionですがその一方で、デメリットもあります。


・microSDカードが2枚必要

gopro fusionのもっとも大きなデメリットがmicroSDカードが2枚必要なことです。「なぜ2枚もいるの?」と思うかもしれませんが、データの書き込みスピードを上げるためには必要になります。

また、gopro fusionが作動するためには必ず2枚入っていることが条件になるので注意が必要です。


・対応できないスマホも

先ほど、スマートフォンと連携して写真や動画が簡単に編集できるというお話をさせていただきましたが、連携できるスマートフォンの機種がとても少ないこともgopro fusionのデメリットとして挙げられます。

その他の360°カメラとの違いは?

その他の360°カメラとの違いは?


ほかの360度カメラには、画素数はいいがメモリーが少ないなどといったアンバランスな面がある場合が多いようです。

しかしgopro fusionはほかの360度カメラとは異なり、全体的な性能がバランスよく取り込まれているところが大きな特徴といえます。

そのため大きな欠点もなく、不自由なく撮影を楽しむことができるのがgopro fusionの魅力ではないでしょうか。

Gopro fusionはこんな人にオススメ

「gopro fusionを購入したいけど迷っている……」という方もいらっしゃるかと思います。どんなときにgopro fusionが活躍するのでしょうか。


・動きの激しいアクティビティ

手ブレを抑えてくれるスタビライゼーション機能が搭載されているため、動いているものでもブレたりせずにきれいに撮影できます。激しい運動や動きをするときに撮影をしたい方におすすめです。


・ドローン撮影

ドローンを所有している方は、ドローンに設置して飛ばしてみても楽しめるのではないでしょうか。ドローンの種類によってはgopro fusionをつけることによって飛行できなくなるおそれもありますので、注意してください。


・自撮りにも使える!

「アウトドアには最適だと思うけど、日常生活の中で使うのは難しいのかな……」と思った方もいるのではないでしょうか。

しかし、広範囲の撮影も可能なgopro fusionは自撮りするのにも使うことができるのです。大人数で集まるパーティーや、ちょっとしたお出かけ先での記念撮影用としても活躍するでしょう。

まとめ

「gopro fusion」はgoproから発売された360度カメラで、激しいアクティビティどの写真や動画の撮影が可能になっています。

そんなgopro fusionはいままでのgoproとは異なり、搭載されている多くの機能が高性能になっています。5.2Kの高画質での撮影や手ブレを抑えるスタビライゼーション機能搭載、防水機能、360度音声の録音が可能になっています。

高性能なgopro fusionですが、microSDカードが2枚必要であったり、対応スマホが少ないというデメリットもあります。

しかし、ほかの360度カメラとは異なり搭載されている機能のバランスが全体的にとれているため、大きなデメリットが少ないことが特徴です。

gopro fusionは激しいアクティビティなどのアウトドア以外にも、日常生活の中で使うことができるカメラです。気になっている方はぜひチェックしてみてくださいね。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト