2018.07.26(木)

ドローンの自動追尾機能で自撮りを快適に!おすすめドローンも紹介!

ドローンの自動追尾機能で自撮りを快適に!おすすめドローンも紹介!


最新技術の1つとして注目を集めているドローンの最大の特徴は、ずばり「自律性」の存在でしょう。ドローンにはGPSや電子コンパス等の精密機械が搭載されているため、人の操縦がなくても飛行することができるのです。

そんなドローンの自律性を活かした機能の1つに、「自動追尾機能」があります。この機能を使用することで、ドローンは指定した対象の周りを自動的に飛ぶことが可能なのです。

今回は、ドローンの自動追尾機能について解説していきましょう。また、優れた自動追尾機能を持つドローンの紹介もしているので、どのドローンを買えばいいか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

ドローンをついてくるようにするには

ドローンをついてくるようにするには


気をつけなければいけないのは、すべてのドローンに自動追尾機能が搭載されているわけではないということです。特に1,2万円の安価なドローンには自動追尾機能がない場合があるので、あらかじめ自動追尾機能の有無を確認しておくといいでしょう。

ドローンの自動追尾機能のメリットは、自分がなにもしなくてもドローンが撮影してくれることでしょう。自分がカメラを持って撮影する必要がなくなるだけでなく、空中から自分の姿を撮影することもできるのです。

ドローンの自動追尾にも種類がある

ドローンの自動追尾にも種類がある


ドローンの自動追尾機能を活用する場合、スマートフォンが必須アイテムとなります。あらかじめ専用のアプリをダウンロードしたスマートフォンをドローンとwi-fiで接続し、アプリのメニューから「アクティブトラック」や「フォローミー」を選択すれば、自動追尾機能が使用可能となるのです

アクティブトラック

「アクティブトラック」とは、指定した被写体の周りを自動的に飛行してくれる追尾機能です。アクティブトラックは追尾対象と一定の距離を保ち続けるだけでなく、道中の障害物を自動的に回避することもできます。

アクティブトラックは、後述するフォローミーよりも近い距離で追尾が可能というメリットがあります。ただし、視界が優れない状態だったり、追尾対象とよく似た物体が出現したりした場合は、追尾対象を見失ってしまうおそれがあります。

フォローミー

フォローミーとは、送信機を持っている人を追いかける追尾機能となります。送信機に搭載されたGPSをドローンが認識することで、ドローンが自動的に追いかけてくれます。

ただし、フォローミーを使用する場合は、ドローンの高度が10m以上必要という条件があります。また、フォローミーはGPSを活用しているため、GPSの状況が悪いと自動追尾の性能も悪くなってしまいます。

どんなドローンがおすすめ?

さまざまなメリットがある自動追尾ですが、ドローンによっても違いがあります。そこで、おすすめの自動追尾機能を持つドローンをいくつか紹介していきます。


・DJI phantom4 pro
どんなドローンがおすすめ?

Photo by Amazon

Phantom4 proは、約20万円はかかる高額なドローンではありますが、自動的に追尾のスピードを調節することで、滑らかな動画撮影を実現しています。搭載されているカメラも非常に高性能であり、4K/60fpsのきれいな空撮を楽しむことができるでしょう。

また、機体の5か所にセンサーが搭載されており、これらのセンサーによって障害物を回避しながら安定した飛行を可能にしています。


・Mavic Air
どんなドローンがおすすめ?

Photo by Amazon

Mavic Airは、価格が約10万円とPhantom4 proより安価でありながら、高度な自動追尾機能はもちろん、4K動画によるきれいな動画撮影が可能となっています。障害物感知機能も搭載されているため、初心者でも扱いやすいです。

また、折りたたみ式なのでかなりコンパクトにすることができるため、持ち運びも簡単というメリットもあります。旅先できれいな自撮りをしたいと考えている方には、おすすめできる一品といえるでしょう。


・ZEROTECH DOBBY
どんなドローンがおすすめ?

Photo by Amazon

ZEROTECH DOBBYは自撮りに特化しているという特徴があり、そのため自動追尾機能にも優れています。また、内蔵されたGPS機能によって高さを維持しながらその場に留まってくれるため、写真を撮りやすくなっているのも利点でしょう。

自動追尾には注意点も!

ドローンの自動追尾機能は画期的な機能ではありますが、注意すべき点も存在します。2018年7月時点では、日本でドローンを飛ばすのにはいくつもの制限があるのです。

たとえば、ドローンを道路上で離発着させるのは、道路交通法によって禁止されている行為です。単にドローンを飛ばすだけでなく、空撮のために非常駐車帯などに一時停車するのも禁止されているので、道路でドローンを動かすのは控えるようにしてください。

また、いくらドローンが自動追尾してくれるからといって、バイクなどの乗り物を運転しながらドローンを飛行させるのはやめましょう。乗り物を運転しながらドローンを飛行させるのは「目視外飛行」に該当される行為で、国土交通省からの許可がなければやってはいけない行為です。

ほかにも、人口密集地でドローンを飛ばす場合は、国土交通省から事前に許可をもらっておく必要があります。このように、ドローンの飛行許可が必要な場所はいくつも存在しています。そのため、事前にドローンの飛行制限について調べておくようにしましょう。

山での撮影にも要注意!

法律では禁止されていませんが、山や峠でドローンの自動追尾機能を使用する場合は注意しましょう。特にフォローミーによる自動追尾だと、ドローンは地面の高低差の変化を検知することができないため、坂に激突してしまうおそれがあります。

もし山などの高低差のある場所で自動追尾機能を活用する場合は、フォローミーではなくアクティブトラックを使うようにしましょう。

まとめ

自動的に追いかけてくれる自動追尾機能はドローンの特色の1つです。ドローンの自動追尾機能を活用することで、空中からの自撮りという普通ではできないことも可能となっています。

しかし、ドローンの飛行にはさまざまな制限があります。もし制限を破ってしまった場合は法律で罰せられてしまうため、ドローンで空撮を楽しむ前に、まずドローンの飛行に関する規制を知っておくことをおすすめします。

もしドローンの知識をどう学べばいいのか分からない場合は、ドローンスクールに通ってみるのもいいでしょう。ドローンスクールならドローンの操縦技術も磨けるので、ドローンの遊びの幅をより広げることができるかもしれません。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト