2018.07.26(木)

本格的なドローン撮影はinspire2がオススメ!その理由を紹介


今はたくさんの種類のドローンがあります。ドローンを買う時にどのドローンにしたよいかわからないというかたもいらっしゃるのではないでしょうか。今回はドローンの選び方とdji inspire2について紹介します。

dji inspire2とは中国のDJIというドローン製造会社が出しているドローンです。従来のdji inspire 1 をさらに進化させて性能が上がっています。値段は約40万なのでとても高いですが、とても機能性が高く高い質で動画を撮影することができます。

ドローンで本格的に空撮しようと思っているかたやドローンに興味のあるかたはぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。


ドローンの選び方

ドローンは現在たくさんの種類があり、年々新しいドローンも増えてきています。ドローンを選ぶ際はどのドローンにしたらよいか迷ってしまいますよね。

そこでドローンの選び方を紹介していきます。以下の点を参考にしてみてはいかかでしょうか。

いつできたか

比較的新しいものであれば、機能性が高いドローンであることが多いです。ドローンも年々改良されているので、一番新しい機種のドローンを選んでみてはいかがでしょうか。

値段

一番新しい機種でも予算よりも値段が高ければ、迷ってしまいます。ご自身の予算内のドローンを買うことをおすすめします。バッテリーなどの付属品は予備に買っておくようにしましょう。

性能や大きさ

ドローンで空撮するのであれば、画像の質もドローンによって変わります。200g以下のドローンであれば、航空法の規制を受けません。しかし、高い質の映像を空撮したいのであれば、ドローンは200g以上になるといわれています。

人が立ち入ることが難しい場所を空撮したい場合であれば、持ち運びができる軽いドローンがよいかもしれません。

たくさんあるドローンですが、djiのinspire2が人気になっています。inspire2とは比較的人気のドローンで従来のdji inspire 1 を進化させたドローンのため、注目を集めています。




inspire2ってどんなドローン?

inspire2とはDJIという中国のドローン大手の製造会社が作っているドローンです。そんなinspire2はどういったドローンなのでしょうか。

飛行時間が長い

inspire2はバッテリーがふたつ搭載していて、飛行時間が長いのが特徴です。飛行時間は約25分で、ほかのドローンと比較しても長いです。ひとつのバッテリーに問題が起きても、もうひとつのバッテリーでドローンを動かすことができるので墜落するリスクを減らすことができます。

衝突防止センサーを搭載

衝突防止センサーを搭載することで前方向や上下方向の障害物を回避することができます。飛行経路上の障害物を回避しながら、飛行することが可能になりました。

IMUと気圧センサーを搭載

IMUとは慣性計測装置のことで角度、速度、加速度を計測する装置です。気圧センサーは気圧を検知する装置です。このふたつを搭載することでよりドローンの安全性を高めています。

オペレーター機能

inspire2はドローンの操縦とカメラのコントロールを分けることができます。そのため、ドローンを操縦しながらカメラのアングルを動かすこともでき、ふたりで操縦することもできます。また、コーチモード機能も搭載しているため、始めてドローンを操縦するかたに経験者が操縦を手助けすることができます。

搭載カメラを選べる

搭載カメラを選ぶことができるのも特徴です。カメラの性能によって映像に違いを出すことができます。撮影する高さによって選ぶのがおすすめです。

とくに、Zenmuse X4S・Zenmuse X5S・Zenmuse X7の3つが人気となっています。Zenmuse X4SよりもZenmuse X7のほうが高画質で空撮することができますが値段は高くなります。


小型ドローンでできること


inspire 1 もある。なにが違うの?

先ほども説明しましたが、dji inspire 2の従来品がdji inspire 1 です。いったいどのように進化しているのでしょうか。

飛行時間

inspire2が約27分の飛行時間であるのに対して、inspire 1 は約15分です。搭載するバッテリーによっても違いはありますが、飛行時間が長くなっています。

高性能

inspire2から衝突防止センサーを搭載したため、墜落するリスクが低くなりました。またドローンの操縦とカメラのコントロールを分けることもできます。

Inspire 1 の値段は約25万です。Inspire2よりも安いですが、機能性を考えるとinspire2がよいかもしれません。

inspire2と比較されるPhantom 4 Proとは

inspire2とよく比較されるドローンにPhantom 4 Proがあります。どんな違いがあるのか説明していきます。

カメラの性能

Phantom 4 Proよりもinspire2のほうがカメラの性能が高いです。交換できるレンズの種類やカメラの幅がinspire2のほうが広いのです。

場所

どこの場所で空撮するかも選ぶ基準になります。風が強い場所や海沿いであれば、安定感があるinspire2がよいです。室内や狭い場所であれば、Phantom 4 Proのほうが小さいので融通が利きます。


ドローンを楽しむためには。


まとめ

ドローンを選ぶ際の基準はさまざまです。値段や性能などあるので、ご自身が納得するドローン選びが重要です。

ドローンのなかでも、inspire 1 をよりグレードアップさせたinspire 2が注目されています。値段は約40万円で高いですが、飛行時間が長く、衝突防止センサーを搭載していて、搭載するカメラも選ぶことができます。

inspire2は、Phantom 4 Proと比較されることがありますが、本格的にドローンで空撮したいというのであれば、inspire2にしてみてはいかがでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト