2018.07.26(木)

ドローンビジネスは急成長!ドローン操縦士になるために必要なことは


近年、撮影技術や機械の大きな発達により、ドローンなどの無人航空機が日常生活のなかでも用いられるようになりました。

ドローンを取り扱い販売するメーカーも増えてきて、ドローン専門のお店も見られます。

ドローンを販売するドローンメーカー以外にも、ドローンをビジネスとして扱う企業も増えてきており、社会的にもドローンは大きく関わってきています。ドローンビジネスは、現在でも急成長を遂げており、賛同する人も増えてきています。

そこで今回は、ドローンビジネスの内容やドローンビジネスを行う際に必要な資格などについて詳しくご紹介します。


ドローンビジネスは成長を続けている

ドローンでのビジネスは、使用目的もさまざまで「空の産業革命」ともいわれています。そのため、空中からの映像撮影や写真撮影を始め、農業や点検などにも役立っています。ドローンをビジネスとして取り扱っている企業は、日本国内にもたくさんあります。

最近では、スマホで操縦できるドローンも開発されています。そのため、誰でも簡単に扱え、ビジネス初心者でもドローンビジネスを始めることができるため、ドローンビジネスが人気となっています。

しかし、ドローン自体がまだまだ発展途上なのでプロのドローンの操縦士が数少ないのが問題になっています。

そのため、ドローンビジネスでも操縦士としてビジネスを行っている企業が成長を遂げているのです。



ドローン操縦士とは

ドローンの操縦を主にしているドローンビジネスを行っている企業の場合、どのような内容で活躍しているのでしょうか?主な仕事内容とはどのようなものなのでしょうか?

ドローンをビジネスとして、ドローン操縦のサービスを行っている企業は、扱いが難しいドローンの操縦や資格が必要な難しい飛行、ドローン操縦初心者に対しての指導を主に依頼され活動します。

ドローンを使用する人も増えてきて、企業や団体だけでなく一般向けのドローンも開発されているので、今後ドローンの操縦サービスを行うビジネスの需要性は非常に高まっています。

ドローンは、農業や物流、監視だけでなく、点検設備や汚染検査、測量在庫管理などにも活用されています。他にも、スポーツや空撮事業をビジネスとして取り入れているところもあります。



仕事で使用するなら資格をとろう!

ドローンでビジネスを行う場合、ドローン操縦士に必要な資格や免許を取る必要があります一般的に、趣味や撮影などの私欲使用目的の場合は、特に必要な免許や資格の取得はありません。

しかし、ドローンの操縦や撮影などのサービスをビジネスとして行う場合には、資格や免許を取得しておいた方が実用的でしょう。

また、ドローンをビジネスに取り入れる場合にはドローンについて決められている法律に注意しなければなりません。

以前、ドローンによるトラブルや事故の発生がたくさんありました。そのため、2015年度に改めて制定された「改正航空法」により、飛行禁止区域や飛行時のルールが加えられました。

航空法だけでなく、ドローンの使用の際は、電波法や道路交通法、個人情報保護法などさまざまな法律を知っておくことが大切です。

特に、ドローンのカメラでの撮影時に許可なく写り込む形で写真や映像に撮ってしまうことがあります。こういった場合、個人情報保護法でプライバシーの侵害に該当してしまい訴えられることがあるので、十分に注意しましょう。



この資格もあれば更に活躍できる!

ドローンには必ずしも資格が必要なわけではありませんが、取得しておくと便利な資格があります。

ドローンの操縦時に無線を使用する場合に便利なのが、アマチュア無線の免許です。ドローンの操縦の際に、FPVを用いて操作する際には必須な免許です。FPV を用いてドローンの操縦すると、パイロット体験や目視外の距離でも飛行が可能になります。

また、農業サービス目的でドローンのビジネスを行う場合、農薬散布資格を取得しておかなければドローンで農薬を撒くことはできません。農薬散布資格の取得は簡単で、航空法や農業取締法、操作方法などを学びます。



まとめ

ドローンの開発が次々と進んでいるため、ドローンをビジネスとして取り扱う企業が増えてきています。ドローンの操縦サービスや、ドローンを活用して行うサービスとドローンビジネスのサービスは幅広いです。

しかし、ドローン自体が発展途上なのでプロとして操縦できる者も少なく、今後高い需要性があります。また、ドローンビジネスは「空の産業革命」といわれており、社会的にも大きく関わっています。

ドローンビジネスを行う際には、ドローン検定や農薬散布資格など取得しておいた方がいい資格や免許があります。事前に、しっかりと確認して取得しておきましょう。

また、2015年度に新たに改正された航空法により、飛行禁止区域の追加や飛行時のルールなど、しっかりと確認し、正しい知識やルールが守って活用しましょう。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト