2018.07.26(木)

ドローンってレンタルもできるの?購入した時の比較やメリットなど!

ドローンってレンタルもできるの?購入した時の比較やメリットなど!


日常的にはあまりドローンを使用しないけど、旅行先などでドローンを使用したいという方は多いのではないでしょうか。「せっかくの思い出作りには普段よりも高性能なドローンで高画質な空撮を楽しみたいけど、高くて手が出せない……」そんな方におすすめなのが、ドローンのレンタルです。

高性能なドローンは決して安くないですがレンタルなら定価よりもお得な料金で使用できます。今回はそんなドローンレンタルのメリットや料金比較、レンタル時の注意点についてご紹介いたします。

ドローンはレンタルもできる?

ドローンはレンタルもできる?


ドローンは、さまざまな機種や性能があります。小型のドローンは安価なものが多く、比較的お手軽に手に入れることができるでしょう。

しかし、高性能なカメラが取り付けられたドローンは非常に高価なため、簡単に購入するのは難しいのではないでしょうか。

また、普段はあまり使うことがないけど旅行などで高画質な撮影をおこないという方にもドローンのレンタルをおすすめです。

ドローンをレンタルするメリット

ドローンをレンタルする一番のメリットは、常に最新機種を試せるところです。ドローンは日々進化しているので、高価なドローンを購入してもさらに高性能なドローンが販売されています。頻繁にドローンを使用しないなら、レンタルで済ませると、最新機種を使うことができます。

結局購入とレンタルどっちがいいの?

結局購入とレンタルどっちがいいの?


特に高価なドローンの場合、購入すべきかレンタルすべきか悩んでしまうことでしょう。定期的にドローンを使用する方なら、使用回数やドローン本体の値段で比較してみることをおすすめします。

10万円以上の高級なドローンは購入したうえに、万が一のためご自身で保険に加入する方が多いです。さらに予備バッテリーの費用もかかってきます。すべて含めると15万円以上かかることがあります。

いっぽうドローンをレンタルした場合は、レンタル期間が3泊以上のタイプもあるうえ、予備バッテリーも付属されていることがほとんどです。レンタル費用も高級なドローンでも1万円前後からとなっているため、購入するよりもお得に利用できます。

購入時にかかる費用から使用回数を割ることで、1回あたりの費用のおおよそを算出できます。上記の場合で例えると10万円以上のドローンを使用するなら、月に1回以上の使用が見込めれば購入した方がお得かもしれません。しかし、それ以下ならレンタルの方がお得といえるのではないでしょうか。

レンタルするときの注意点!

レンタルするときの注意点!


ドローンをレンタルしてさっそく操縦を楽しみたいところですが、ドローンを飛ばすにはたくさんの規制やルールがもうけられています。

航空法による規制

ドローンは航空法により、どこでも自由に飛ばせるというわけではありません。たとえば、空港から半径6km以内は飛行機との衝突を避けるため飛行を禁止されています。空港によっては、24kmという広い範囲で規制している場合があるためご注意下さい。

日没や日の入り前の夜間飛行や、目の届かない範囲での飛行、街中などの人口密集地でも飛行は禁止されています。また、車や建物、第三者の人間からは30m以上距離を置いて飛行させるようにしましょう。第三者の人間に身内などは含まれませんが、周囲に人がいないかよく確認してからおこないましょう。

重量200g未満のドローンなら飛行可能

上記の航空法は、ドローンの重量が200g未満の軽量のドローンであれば規制の範囲外となり比較的自由に飛ばすことができます。

しかし、小型のドローンは初心者向けのものが多く購入するにも比較的手に入りやすいです。ドローンをレンタルする際は、使用可能な場所かきちんと確認して取り扱うようにしましょう。

200g未満のドローンでも飛行制限はあります

重量が200g未満の小型のドローンでも国会議事堂などの国の重要施設周辺でのドローン使用は禁止されています。また米軍施設周辺でも、ドローンの衝突や落下事故によって法律違反のおそれがあるため、控えるように周知されています。

レンタルするときは保険も確認!

レンタルできるドローンはレンタル会社によってほとんどのものが損害賠償保険に加入済みですが、ドローンを故障させてしまったときには修理費用を弁償する必要があるかもしれません。

ドローンをレンタルする前には、規約をきちんと確認しておきましょう。故意や過失による破損の場合や、機体の不具合による故障などでも修理費用がかかるかどうか変わってきます。また、万が一ドローンを紛失してしまった場合は本体費用を実費で請求されることがほとんどです。

レンタルドローンは非常に便利ですが、あくまでも借りているということを忘れないように、取り扱いには十分注意して使用しましょう。

まとめ

ドローンは比較的安価で手軽に購入できるものも多いですが、高性能なドローンは高価でなかなか手が出しにくいのが現状です。高価なドローンを試してみたいなら、ドローンのレンタルをおすすめです。購入するよりも約10分の1の値段でレンタルできるため、使用頻度と相談してレンタルしてみてはいかがでしょうか。

ドローンは航空法により、飛行場所に多くの制限がもうけられています。法律をきちんと守り、適切な場所で使用しましょう。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト