2018.07.26(木)

安くて優秀!小型ドローンでドローンデビュー!選び方や使い方とは

安くて優秀!小型ドローンでドローンデビュー!選び方や使い方とは


最近何かと話題になっているドローンですが、具体的にどういった用途で使うのかよくわからない方もいるのではないでしょうか。

また、「ドローンに興味はあるけど高そうだ…」と購入するのを敬遠している方も中にはいるかもしれません。そんな方のために紹介したいのが、お安く購入できる小型ドローンです。

今回解説するのは、そんな小型ドローンについてです。小型だからといってあなどってはいけません。現在の小型ドローンはリーズナブルながらも機能も充実しており、十分にドローンの可能性を感じることができるのです。

こんなときはドローンを飛ばしてみましょう!

こんなときはドローンを飛ばしてみましょう!


ドローンとは人が乗って操縦しない空を飛ぶ機体、いわゆる「無人航空機」のことです。ラジコンと何が違うのかと聞かれるかもしれませんが、ラジコンとは異なり自律して目的地まで飛ぶことができるという特徴があります。

そんなドローンですが、現在は農薬の散布や物品の配送など、さまざまな分野で活用されつつあります。報道などの分野でも役に立っており、今後もドローンを目にする機会は増えていくことでしょう。

もちろん、娯楽としてのドローンも人気を博しています。ラジコンのように空へ飛ばして遊んだり、ドローンを使って空から写真を撮ったりと、さまざまな用途で人々を楽しませているのです。また、近年では安価な小型ドローンの登場によって、誰でも気軽にドローンを楽しめるようになっています。

もし外が快晴で風も少ないのなら、ドローンを飛ばしてみましょう。ドローンを操作するには少々コツが必要になりますが、なれてくれば子どもから大人まで操縦を楽しむことができるはずです。

小型ドローンはお安く購入できます

ドローンの値段は、そのドローンの大きさやどういった機能が備えられているかで変わってきます。高画質のカメラを装備していたり、安定した飛行ができたりするものは、性能がよい分値段も高くなっていくでしょう。

そのため、ドローンの値段は1万円を切るものから数十万円はかかるものまで非常に幅広いです。なかでも小型ドローンは全体的に安価であり、ご家庭でもお手軽にドローンを楽しむことができます。

小型ドローンでできること

小型ドローンでできること


小型と聞くと、どうしても小型化の代償に機能性が低いというイメージを浮かべがちですが、現在の小型ドローンも一般的なドローンに負けない性能を誇っているのです。ここでは、小型ドローンでは何ができるのかについて説明していきます。

空撮

小型ドローンであっても、一般的なドローンと同様に空撮をすることができます。なお、6軸ジャイロセンサーと気圧センサーを搭載した小型ドローンであれば、ホバリング機能が安定するため、美しい映像や画像を撮ることができるでしょう。

また、小型ドローンにカメラが搭載されていることを利用して、ドローンから自分を撮影する自撮りも人気になっています。空から自分を撮ると、いつもと一風変わった風景になって面白いのではないでしょうか。

FPV機能

FPVとは「First Person View」の略であり、ドローンの映像をスマホなどのディスプレイに表示させる機能のことです。小型ドローンにも、このFPV機能が搭載されている場合があります。また、このFPV機能とVR器具を活用することで、まるで自分が空を飛んでいるかのような体験をすることができるでしょう。

ただし、FPVで映像を送受信するドローンのなかには、5.8GHz帯の電波を使用するものがあります。5.8GHz帯の電波を使うにはアマチュア無線4級の資格が必要になってくるため、事前に使用する電波の周波数を確認しておくことが大切です。

小型ドローンの選び方

一口に小型ドローンといっても、さまざまな会社がいろいろなタイプの小型ドローンを販売しています。数多くのドローンの特徴を比べて、どんな小型ドローンを購入するかを考えてみましょう。


FQ777 124ポケットミニドローンラジオコントロールクアドコプター
小型ドローンの選び方

Photo by Amazon

この小型ドローンの最大の特徴は、とにかく小さいということです。カメラ機能などはついていないものの、非常に軽いつくりになっています。そのため、コントローラーでうまく操作すればアクロバットな飛行を楽しむことができるのです。値段も極めて安価なため、室内で気軽にドローンを飛ばしてみたい方におすすめします。


ディー・ジェイ・アイ(DJI) Tello
小型ドローンの選び方

Photo by Amazon

こちらの小型ドローンは、プロペラ保護機能や衝突探知機能が搭載された初心者向けのモデルとなります。小さいながらも最大13分間も飛行可能なほか、ショートビデオを自動撮影してくれる機能もついており、比較的安価ながらも充実した機能をもっている人気の一品です。


ホーリー・ストーン(Holy Stone) SHADOW HS160
小型ドローンの選び方

この小型ドローンはアームを折りたためるため、持ち運びに非常に便利という特徴があります。また、専用のアプリを使うことで、スマートフォンから操作したり動画や写真を撮影することが可能です。操作も簡単なため、初心者でもドローン飛行を楽しむことができるでしょう。

ドローンを飛ばすときには法律に注意

ドローンを飛ばすのは非常に楽しいものですが、その一方で気をつけなければならないことがあります。ドローンにはいくつか制限が設けられており、それを守らないと法律で罰せられるおそれがあるのです。

小型ドローンは航空法の対象外だけど…

一般的なドローンは航空法によって飛ばせる場所に制限があるのですが、総重量が200g以下の小型ドローンは航空法の規制対象外となっています。そのため、さまざまな場所に飛ばすことが可能だそうです。

とはいえ、そんな小型ドローンであっても飛行に制限がある場所があります。たとえば国の重要な施設や外国公館、原子力事業所のような場所の周辺では、犯罪防止も兼ねてドローン全般の飛行に制限がかけられています。国土交通省が制定したガイドラインでは、ドローンを飛ばしてはいけない場所の例に、高速道路や新幹線の上空や電波塔の周辺などをあげています。

また、観光地をはじめとした私有地の上空でドローンを飛ばす場合は、事前に土地の所有者に許可をもらうことが必要です。

まとめ

ドローンにはさまざまな種類が登場しており、小型ドローンも今後さらに機能が充実したものが販売されるでしょう。もしかしたら、今以上にリーズナブルで多機能な小型ドローンも出てくるかもしれません。

とはいえ、どれだけ高品質な小型ドローンを購入しても、ドローンを飛ばす技術がないとドローンを最大限楽しむことはできません。現在では、初心者の方に向けたドローンに関する技術や知識を学べるドローン教室なども開かれているので、興味がある方は参加してみるとよりドローンを楽しめるのではないでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト