2018.07.26(木)

JUIDAって結局なに?ドローンの資格との深い関係について解説

JUIDAって結局なに?ドローンの資格との深い関係について解説

ドローンの資格について調べていて、「JUIDA」という団体にたどり着いた人も多いのではないでしょうか。JUIDAはドローンの発展を支援する団体ですが、実際にどんなことをしているのかということまでは知らないという方がほとんどかもしれません。

今回のコラムでは、JUIDAとはなにをしている団体なのか、どんな資格を発行しているかについて解説します。ドローンの資格取得を考えている方は、ぜひ読んでみてください。

JUIDAは国土交通省公認の無人航空機管理団体

JUIDAとは、日本UAS産業振興協議会(Japan UAS Industrial Development Association)の略称です。UASはドローンを意味しています。JUIDAではドローン産業が発展していけるように、人材の育成や環境の整備をおこなっています。

その一環として、JUIDAでは資格の認定事業をおこなっています。認定事業の目的は、ドローンを安全に運行するために必要な知識と技術を持った人材を育成することです。また、ドローンが事故を起こしたときのための保険制度や、ドローンに関する最新情報を届けてくれるイベントの開催なども実施しています。

JUIDAは国土交通省からも認定されており、国土交通省の公式サイトにある「無人航空機の講習団体及び管理団体一覧」にも掲載されています。このようにJUIDAは、ドローン市場を発展させていくなか、重要な位置を占めている団体なのです。

JUIDA認定校で資格を取得するメリット

JUIDA認定校でドローンの資格を取得すると、国へドローンに関する許可を申請する際や仕事でドローン操作技能などを証明する必要がある場面などで役立ちます。

ドローンはだれでも操縦して飛行させることができますが、どこでも自由に飛ばしていいわけではありません。墜落時に被害が大きくなりやすい人の多い場所や、飛行機との接触事故を引き起こす可能性がある空港の近くなどはドローンの飛行が禁止されています。

このような飛行を禁止されている場所でドローンを飛ばすためには、国へ飛行許可を申請しなければなりません。申請の際は、ドローンの操縦技能や知識があることを証明する必要があるのです。このとき資格があると能力を証明でき、許可が通りやすくなります。

また、ドローンの仕事で操縦技能を証明しなければならない場面があります。このときにも、JUIDAの資格は役に立ちます。JUIDAの資格はドローン業界において知名度があるので、クライアントからの信頼につながるでしょう。

JUIDAが発行するドローンの認定資格

JUIDAが発行する資格には「無人航空機操縦技能」と「無人航空機安全運行管理者」があります。いずれの資格も、ドローンで仕事をする際に役立つものとなるでしょう。

・無人航空機操縦技能

ドローンに関する法律や機体の仕組み、基本的な操縦技能を学ぶことができます。また、ドローンメンテナンスについても学べるので、ドローンビジネスに興味のある人はこの資格から取ってみるといいかもしれません。

・無人航空機安全運行管理者

ドローンを安全に運航するための知識やリスク管理能力などがあることを証明できる資格です。この資格を取得しておけば、ビジネスの現場でほかのドローン操縦士を指導するドローンインストラクターになることもできます。

どれがおすすめ?DPA・DJI認定資格と比較

ドローンの資格を発行している団体は、ほかにもDPAとDJIなどがあります。この章では、この2種類の団体が発行している認定資格について解説していきます。

DPA(Drone Pilot Association)とはドローン操縦士協会の略称であり、ドローン操縦士の育成を目指している団体です。DPAの発行する資格には「ドローン操縦士回転翼」があります。

資格を取得するためには、ドローンの機体を直接見ないで操縦するなどの難しい操作まで習得する必要があります。そのため、ドローン操縦士回転翼の資格を持っていれば、高度な操縦技能のあることを証明できます。

DJIはJUIDAやDPAとは異なり、世界最大規模のドローンメーカーです。DJIでは、DJI CAMPとよばれるプログラムを受講することで資格の取得が可能です。「DJIスペシャリスト」「DJIインストラクター」「DJIマスター」の3種類の資格があります。資格の取得を通して、DJIの販売するドローンについての知識や操縦技能を取得できるのです。

DPAやDJIの資格もJUIDAの発行する資格と同様に、国土交通省の許可申請の際に利用できます。ドローンの資格の取得を検討している方のなかには、どの資格を取得すればいいのかわからないという方もいるかもしれません。

自分の操縦技能を客観的に証明するために使いたいなら、JUIDAの資格がおすすめです。JUIDAの資格はドローンの資格のなかでも知名度が高く、仕事をする際などは相手からの信頼を得やすくなります。

また、高度な操縦技能を証明したい場合はDPAの資格が、DJI製品をメインで取り扱う場合はDJIの資格がおすすめです。資格ごとに内容がそれぞれ異なるため、自分の目的や仕事の内容にあわせて資格を選びましょう。

どれがおすすめ?DPA・DJI認定資格と比較

ドローンスクールではこんなことが学べる

ドローンスクールには基本的な知識や操作技能のみを学べるコースから、ビジネスでドローンを使うことを見据えた実践的なコースまであります。受講する際は、まずは目的を明確にして、自分が興味のある分野に関するコースを選びましょう。

・飛行時間10h証明コース

このコースは、受講することで国土交通省への飛行許可申請をする際に必要な要件をクリアできます。受講に必要な日数も短く済むため、はじめてドローンスクールにいくという方だけでなく、忙しくてあまり時間が取れないという方にもおすすめです。

・操縦技術+安全運行管理者コース

JUIDAの発行する資格である「無人航空機操縦技能」と「無人航空機安全運行管理者」を同時に取得できるコースです。ドローンを操縦するための基本的な知識と技能、安全に運行させるためのリスク管理方法などを学べます。

・測量点検コース

ドローンの操縦技能に加えて、測量や点検に必要な知識と技能を学べるコースです。建設現場へのICT導入を促進する国土交通省の施策「i-Construction」におけるドローンの使い方も学ぶことができます。

・農薬散布コース

ドローンを使った農薬散布をする際に必要な操作技能や、リスクの管理方法などをまとめて学ぶことができます。現在の農業においてもドローンは効率的な作業に大きく貢献しており、今後ますます活躍していくといわれています。農業に興味のある方は、このコースでドローンを使えるようにしておくと、作物の管理をする際などに役立つかもしれません。

・講師養成コース

ドローンについての知識の学習を通して、JUIDAの認定講師を育てるためのプログラムです。ドローンに関しての知識の教え方などを取り扱っています。また、実技講習もありドローンの基本的な操作も学ぶことができます。

・太陽光パネル点検コース

赤外線カメラを搭載したドローンによる、太陽光パネルの点検方法を学ぶことができるコースです。ドローンによる太陽光パネルの点検は、コストを大幅に削減できるため、今後主流の点検方法になっていくかもしれません。

ドローンスクールではこんなことが学べる

まとめ

JUIDAとは、ドローン市場の健全な発展を目指して活動している団体です。その活動の一環で、JUIDAでは資格の認定事業をおこなっています。JUIDAの資格には「無人航空機操縦技能」と「無人航空機安全運行管理者」があり、ドローン技術を証明したいときやドローンインストラクターになるときに役立つかもしれません。

ドローンの資格には、ほかにもDPIの発行する「ドローン操縦士回転翼」や、DJIの発行する「DJIスペシャリスト」などの資格があります。それぞれ証明できる内容が異なる部分もあるため、自分の目的に合った資格を選びましょう。

ドローンスクールでは基本的な技術だけを学びたい人向けのコースだけでなく、ビジネスの場で役立つドローンの知識を教えてくれるコースまであります。ドローンビジネスに興味のある方は、ぜひ受講してみてください。

(この記事は2019年5月14日に加筆・修正しています)

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト