2018.07.26(木)

実はドローンにも資格がある!資格があることで得られるメリットとは

実はドローンにも資格がある!資格があることで得られるメリットとは


ドローンの普及によって、娯楽としてドローンを飛ばして遊ぶご家庭も増えてきました。そんなドローンに、資格が存在することはご存知でしょうか?

ドローンは非常に便利な最新技術ですが、使い方を間違えると大変な事故を引き起こしかねません。そこで、ドローンに関する知識を備え、安全に操縦することができる証明として、ドローンの資格が登場するようになったのです。

ドローンの資格を所有していれば、ドローンの遊びの幅も広がります。そこで今回は、ドローンの資格のとる方法などについて学んでいきましょう。

ドローンを楽しむためには。

ドローンを楽しむためには。


ドローンを楽しむうえで注意しなければならないのは、やはり「航空法」の存在です。2018年7月の時点ではドローンの飛行にはさまざまな制限があり、これを破ると法律により罰せられてしまうのです。

たとえば、人家が密集している地域にドローンを飛ばす場合は、事前に国土交通省からの許可をもらっておく必要があります。また、夜間にドローンを飛ばす場合にも、国土交通省の許可が必須となっています。

これ以外にも、空港周辺に飛ばす場合は航空事務所に、私有地に飛ばす場合はその土地の所有者に、あらかじめ許可を得る必要があるのです。このように、ドローンの飛行の規制は非常に多いので、事前にどういった規制があるのか調べるようにしましょう。

なお、航空法は重量が200g以上のドローンを対象にしているものなので、重量が200g未満の「ホビードローン」と呼ばれる種類のドローンは航空法の対象外となっています。

しかし、たとえホビードローンであっても飛行制限はいくつか存在しているので、ドローンの法規制に関して学ぶ必要があるのではなにでしょうか。こうしたドローンの知識を学ぶためにも、ドローンの資格は存在しているのです。

ドローンに資格はいるのか?

実は、ドローンを操縦する行為そのものに資格は必要ありません。法規制の範囲内であれば、誰でもドローンを飛ばすことが可能なのです。では、どうしてドローンの資格がいくつも存在しているのでしょうか。

ドローンの資格は、第三者にドローンの知識や操縦技術を持っているという証明になります。もし仕事でドローンを活用している場合は、ドローンの資格の有無が信頼度の高さに直結するでしょう。ドローンを仕事に使う人にとって、ドローンの資格は必要不可欠な存在といえます。

また、ドローンの資格をあらかじめ保有していた方が、ドローンを飛ばす際に必要な許可申請が出やすくなります。そのため、さまざまな場所でドローンを飛ばしたい方にとっても、ドローンの資格は持っていて損はないものなのです。

ドローンの資格をとるためには

ドローンの資格をとるためには


魅力的なドローンの資格ですが、ドローンの資格を取るにはどうすればいいのでしょうか。

DPA操縦士資格

「一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA)」が出しているこの資格を得る場合、DPAが認定しているドローンスクールで受講を受けた後、試験に合格することで資格を取得することができます。

受講するドローンスクールにもよりますが、必要な費用は約20万円とやや高めになっています。しかし、DPA操縦士資格は今後国家資格になる可能性が高い資格として注目を集めています。そのため、獲得しておいても損はない資格といえるでしょう。

JUIDAの操縦技能証明証と安全運航管理者証明証

「一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)」が発行しているこの資格を得るためには、まずJUIDA認定のドローンスクールに入学する必要があります。そこで1,2週間ほどのカリキュラムを受けた後で、座学と実技の修了試験に合格する必要があります。

資格を得るまでに必要な費用は、入学するドローンスクールによって差異はありますが、約23~33万円が相場となっています。

無人航空従事者試験

ドローンスクールに行く必要がない場合には、「ドローン検定協会」が主催しているこの資格をとることをおすすめします。4級と3級の試験は受験資格がないため、誰でも受験が可能となっています。

試験に必要な費用は、4級で3,000円、3級で5,500円、2級で12,000円、1級で18,000円となっています。4級と3級についてはそれほど難易度が高くないため、参考書を使って勉強することができます。

農薬散布ドローンには注意!

農薬散布ドローンには注意!


ドローンの使い道の1つとして、注目されているのが農場への農薬の散布です。農業用ドローンは、それまで農薬の散布に使用されてきた無人ヘリコプターよりはるかに安価なうえ、作業効率も大幅に上がるというメリットがあります。農業は年々、人で不足が深刻な問題となっているため、ドローンが注目されているのです。

しかし、農薬のような人に害が及ぶものを空中から撒くのは、知識がなければ危険な行為となります。そのため、農林水産省は「農薬を散布する小型無人飛行機(ドローン)操作の認定制度」という認定制度をスタートさせています。

「農薬を散布する小型無人飛行機(ドローン)操作の認定制度」の認定を受けるためには、農林水産航空協会に申し込み、座学や実技を数日間学び、そのうえで試験に合格する必要があります。認定取得にかかる費用は約15~18万円とやや高額ですが、安全に農業用ドローンを活用するためには、必ずこのドローンの資格をとる必要があります。

まとめ

ドローンを飛ばすにはとくに資格が必要なわけではありませんが、ドローンの資格を持っているとドローン関係の許可申請が通りやすくなります。

とくにドローンを仕事に使っている方は、ドローンの資格を所有していると信頼度が大きく上がるため、資格の取得は必須といえるでしょう。

もしドローンについて何も知らない場合には、JUIDAやDPAが認定しているドローンスクールに入学するのをおすすめします。費用はかかりますが、1からドローンについて学ぶことができるほか、最終的には資格も獲得することができます。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト