2018.07.26(木)

ドローンを使用する前に確認!飛ばせる場所や距離について理解しよう

ドローンを使用する前に確認!飛ばせる場所や距離について理解しよう


近年急速に普及しているドローンですが、興味のあるかたは多いのではないでしょうか。飛ばして遊んだり、写真や動画の撮影に使ったりと、ドローンには楽しみかたがたくさんあります。

ドローンはどこでも飛ばしていいわけではありません。「ドローン規制法」というドローンに関する法律によって、ドローンの飛行が禁止されている場所があるのです。許可なくその場所を飛行してしまうと、罰則の対象になってしまうのです。

そこで今回のコラムでは、ドローンの飛行禁止場所はどんな所か、ドローンを飛ばせる場所の探し方についてまとめました。

ドローンには飛ばすことができない場所がある!

ドローンには飛ばすことができない場所がある!


日本には「ドローン規制法(航空法)」が存在しており、ドローンを飛ばせる場所が規制されています。ドローンを飛ばす際はこれを守って飛ばさないと、罰則を受けてしまうかもしれません。


・空港やヘリポート付近の上空

飛行機やヘリコプターが離着陸する際の妨害になったり、事故が発生することを防ぐため禁止されています。

空港から6㎞以内の範囲が規制に適用されており、この中で飛ばす場合は許可が必要です。空港によっては24㎞以内の範囲で飛行が禁止になっているところもあるため、空港付近でドローンを飛ばすときは確認しておくことが重要です。


・150m以上の高さ

飛行機やヘリコプターの領域になるため、接触事故の危険を回避する目的で禁止されています。また、ドローンが150m以上の上空から落下した場合、衝撃がとても大きくなることからも飛行禁止です。


・人口が密集している場所の上空

万が一人口が密集している場所でドローンが落下した場合、人を巻き込んだ事故になるおそれがあるために禁止されています。たとえ私有地であっても、許可をとらずにドローンを飛ばすことはできません。


・国の重要施設、原子力発電所などの周り

国会議事堂や外国公館、原子力発電所など、国の重要施設の上空やその周辺にドローンを飛ばすことはできません。許可を申請すれば飛ばすことは可能ですが、かなり条件が厳しく許可を得ることは困難なようです。よほどの理由がない限りはドローンを飛ばさないほうがよいでしょう。


・道路

車両の通行の妨げになったり、道路交通法の一部にふれるため道路やその付近でドローンを飛ばす際は「道路使用許可申請書」の申請が必要になります。また、走行している第三者の車を追尾するなど、プライバシーの侵害に当たる行為はおこなわないようにしましょう。

以上のような場所やその付近で、ドローンを飛ばさないよう気をつけることが大切です。もしその付近でドローンを飛ばしたい場合は、国土交通省から特別な許可を取得してください。

ドローンを飛ばせる場所の探し方

ドローンを飛ばせる場所の探し方


「飛ばしちゃダメな場所はわかったけど、ドローンを飛ばせる場所は一体どこなの?」というかたも多いのではないでしょうか。許可が必要な場所にうっかり侵入してしまわないためにも確認にしておきましょう。


・Googleマップ

Googleマップのストリートビュー機能を使って、探すことができます。飛行禁止区域の条件に当てはまらない場所を地図上でみつけたら、ストリートビュー機能でどんな場所か、十分な広さがあるか、人口密集地ではないかなどを確認しましょう。


・人口密集地域の確認

人口密集地を確認するときは、国土地理院の地図で調べることができます。国土地理院とは、国土交通省にある政府機関の1つです。ドローンの練習をしたい場所をみつけたら、このサイトを利用して人口密集地域でないか確認しておきましょう。


・アプリで探す方法

ドローンを飛ばせる場所を検索できるアプリもあります。地図上で飛行可能な場所や施設、また飛行することができない場所も知ることができます。


・ドローン練習場で使用する

ドローン専用練習場で練習する方法もあります。ここなら、誤って飛行禁止区域に侵入するおそれありません。自分の住んでいるところのドローン練習場をネットで簡単に調べることができるので、利用してみてはいかがでしょうか。

ドローンはどのくらいの距離まで飛ばせる?

ドローンが飛ばせる場所がわかったけど、ドローンの距離はどれくらいまで飛ばすことができるのでしょうか。

ドローンの種類によって性能はさまざまですので一概にはいえませんが、直線距離で飛行できるのは理論上2,000mといわれています。

しかし、この数値は風や障害物がなかった場合の数字です。実際は風や障害物があるので、直線にドローンを飛ばすことはほぼ不可能です。直線に飛ばしたとしても2,000mの前に電波が届かなくなってしまうこともあります。

また日本では、ドローンを飛ばすことができる距離は目で見える範囲内と、ドローン規制法で決められています。人間が目視できる距離は100mから300mといわれているため、直線距離でドローンを飛ばせるのは最大でも300mぐらいでしょう。

ドローンの飛行時間に注意

ドローンの飛行時間に注意


ドローンの飛行時間は、ドローンの種類によって異なります。大きくて性能の良いものほど飛行時間が長いものが多いです。現在販売されているドローンの飛行時間の平均は、20分ほどです。

ついつい夢中になってドローンを飛ばしていると、あっという間にバッテリーがなくなります。そうすると途中で故障したり、落下して怪我をさせてしまうおそれがあります。そうならないために、ドローンを飛ばす際は予備でバッテリーをもっておくのがおすすめです。

ドローンの飛行時間が20分のものは、15分くらい経過したところでいったん着陸させるといったように、バッテリー時間よりも少し早く切り上げると落下の危険を防ぐことができるでしょう。

ドローンを飛ばせる場所は、みなさんが住んでいるところから遠いところにあるかもしれません。限られた時間の中で思う存分ドローンを楽しむためにも、バッテリーを用意しておきましょう。

まとめ

ドローンには、飛ばせない場所がドローン規制法によって決められています。空港付近や地面から150m以上のエリアに飛ばしたり、人口が密集しているところには飛ばさないようにしましょう。飛ばしたい場合は、国土交通省から特別な許可を得ることが必要です。

ドローンを飛ばしたいが、ドローンを飛ばせる場所がどこかわからないというときは、ネットや専用アプリを使って探してみましょう。

近年、ドローンの普及によりドローン練習場が各地にできているようですので、そちらを利用するのも有効な手段です。

種類によってドローンの飛行時間はさまざまです。平均すると20分くらいですが、ドローンの落下を防ぐためにもバッテリーに余裕をもって飛行することが大切になります。予備のバッテリーをもっておくことでより長い時間ドローンを楽しむことができるのではないでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト