2018.07.26(木)

ドローン空撮に入門!ドローンならではの構図で撮影するコツとは


空から地上を見下ろすような写真を、個人でも撮影できる時代になりました。

無線操作で自由自在に空を飛び回り、物資の運搬も可能な飛行能力をもつドローンは、写真撮影の分野にも大きな革命をもたらしました。カメラを取り付けたドローンを飛ばして空からの景色を撮影する「空撮」です。

かつては飛行機に乗らなければ撮影できなかった景色も、ドローンを使えば個人で簡単に撮ることができます。せっかくの空撮ですから、より綺麗に映像に残したいですよね。

本コラムでは、これから空撮を初めてみよう!という方に向けて、ドローン空撮の基礎知識をご紹介します。ドローンで撮影する方法を知って、空撮の世界に入門してみましょう。


ドローンならではの撮影

スマートホンやインターネットをはじめとするデジタル分野の技術は、まさに日進月歩のペースで進歩し続けています。なかでもとりわけ、21世紀を代表する革新的な技術のひとつが、実用的な無人航空機、すなわち「ドローン」です。

農薬の散布や物資の運搬の用途に期待の高まるドローンですが、空を飛ぶことができるという特性は、写真撮影にも利用することができます。ドローンを使えば、空からの視点で写真を撮れてしまうのです。

ドローンによる空撮の特徴としては、例えば街の景色を俯瞰(ふかん)で撮ることができます。ほかにも、人間が立ち入るには危険な切り立った崖や渓流、水面からの映像を残せることも魅力です。

高層ビルの窓の外から、部屋のなかの様子を撮影するというのも面白いかもしれません。木々が障害物となって全容を映すことのできない建物なども、空撮を利用すれば余すところなく映像に収めることができます。

空を飛ぶドローンが撮影できる場所はほとんど無限大といっていいでしょう。空撮したい場所のアイデアがどんどん浮かんできませんか?

ドローンの空撮を活用して、普通じゃ撮れないドローンならではの映像を撮ってみましょう。



ドローンで空撮するには

ドローンで空撮をおこなうには、大きくわけて2つの方法があります。ひとつは、自分でドローンとカメラを用意して撮影する方法です。そしてもうひとつは、ドローン空撮を請け負う撮影業者に依頼して空撮してもらう方法です。

それぞれの空撮方法について、手順と注意点を解説します。

自分で空撮する

ドローンは家電量販店や専門店などで手軽に入手することができます。インターネットの通販を活用するのもよいかもしれません。ドローンに取り付けるカメラや、そもそもカメラを内蔵したドローンというのも販売されています。

ドローンを含む撮影機材を用意したら、あとは撮りたい構図を撮るだけなのですが、ここで注意しておきたいことがあります。場所によってはドローンの撮影に許可が必要な場合があるのです。

ドローンを操縦すること自体には、とくに資格や免許が必要というわけではありません。家のなかで飛ばすだけなら誰でも自由におこなうことができます。ただし、屋外や公道などで飛ばす際は、「航空法」という法律の制限を受ける可能性があります。

ドローンの飛行が法律で規制されているのは、「人口の集中する地区」、「公道の地上150m」、「空港の付近」などが挙げられます。例えば繁華街の空にドローンを飛ばしたい場合には、国土交通省に申請して許可を得ておかなければなりません。

とくに人口の集中する地区という部分が重要で、場合によっては自分の家が人口集中地区とされることもあります。自宅の庭でドローンを飛ばすのにも、国土交通省の許可が必要になるかもしれないのです。

ドローンを飛ばそうと思っている場所が、人口密集地域であるかどうかは、インターネット上に公開されている「地理院地図」で調べることができます。航空法に抵触する可能性を下げるためにも、ドローンを飛ばす前にあらかじめ調べておきましょう。

またこのほかにも、公園や公共施設などではドローンの飛行に許可が必要な場合があります。そうした場所で無許可でドローンを飛ばせば、最悪通報される可能性もあるため、絶対に避けましょう。

ドローンで空撮をおこなうにあたって忘れてはいけないのは、ドローンがプロペラを高速で回転させて飛ぶ重量物であるということです。墜落した先に人がいれば当然危険ですし、ドローンの直撃した窓が割れてしまうことも十分考えられます。

ドローンを扱う際は、周囲の状況を確認し、安全を確保したうえで飛行をはじめることを徹底するようにしてください。

撮影業者に依頼する

民間の撮影業者のなかには、早くからドローンによる空撮サービスを取り入れているところがあります。また、ドローン空撮を専門的に取り扱うドローン業者もいます。そうした業者に依頼すれば、プロによる高品質な空撮を提供してもらえることでしょう。

業者に空撮を依頼する場合、料金形態について事前に確認しておくのがおすすめです。業者によっては基本料金とは別に、操縦者(オペレーター)の出張費や事前下見(ロケハン)費用、許可申請手続きにかかる手数料や、事故が起きた際の保険料などが必要な場合があります。

また、空撮に使うドローンやカメラの機種によって料金が変動することも多いです。より高解像度な映像を撮影するためには大型なカメラを使用する必要があり、大型なカメラを搭載して飛行するには大型なドローンが必要になりがちなためです。

このように、業者にドローン空撮を依頼した場合の料金変動要因はいくつもあります。どんな作業にどの程度の費用がかかるのかを正確に把握するためにも、事前に詳細な見積もりは必ずとっておくようにしましょう。



ドローンの撮影方法

ドローンで空撮をおこなうにあたって、最初におぼえておきたいのが撮影操作の基本用語です。ドローンをどのように動かせば思い通りの映像を撮ることができるのか、それぞれの操作ごとの特徴を解説します。

前進

被写体に向かってドローンを近づけていく撮影操作です。被写体がどんどん大きく映るため、ズームのように迫力のある映像をとることができます。

後退

被写体から遠ざかりつつ撮影する操作です。後退することでだんだんと露わになっていく被写体の周囲の構図は、前後左右に自在に動くことのできるドローンならではの映像といえるでしょう。

パン

ドローンを滞空させたまま移動させず、旋回させることで「見回す」撮影操作です。周囲の景色をパノラマ写真のように広く撮影することができます。

横移動

被写体との距離を保ちつつ、ドローンを水平方向に動かす操作です。移動する物体を撮影する際に、被写体に追従しつつ撮るのに使われます。

斜め移動

上下の移動と左右の移動を組み合わせて、斜め方向にドローンを飛ばしつつ撮影する操作です。車や電車など高速で移動する被写体を追いかけるように撮るドローン空撮の際におすすめです。

上昇

ドローンの高度を上げながら撮影する操作です。被写体から離れていくことになるため、後退と同じような効果を俯瞰図で得ることができます。

下降

被写体へ向かって下降しつつ撮影する操作です。前進と同様、被写体にどんどん近づいていくダイナミックな映像を撮ることができます。

ドローン空撮の基本的な撮影操作は以上です。あくまで基本中の基本なので、実際には複数の撮影操作を組み合わせることも多いでしょう。被写体の魅力を引き出すにはどんな撮影操作を選ぶのがよいか、考えながら試してみるのも面白いかもしれませんね。

空撮画像をきれいに残すためには

ドローンに取り付けられるカメラにも高性能なものが普及し、小さなカメラでも鮮明で高画質な映像が撮れるようになりました。とはいえ、地上で撮影するのとはやはり勝手のことなる空撮ですから、なんとなく構図に迫力が足りないように感じてしまうかもしれません。

せっかく空中から撮った映像も、普通に高台から撮影したのと変わらない構図になってしまってはがっかりしてしまいますよね。ドローンの空撮の画像をきれいに残すコツとして、「角度」を工夫してみましょう。

写真撮影において、被写体との角度は写真全体の印象を左右する非常に重要なものです。例えば同じ人の顔でも、見下ろす角度で撮影された写真と見上げる角度で撮影された写真では印象がまったく異なりますよね。

これは被写体が風景であっても同じことがいえます。上空から撮影できるからといって、直上からまっすぐ垂直に見下ろすような角度で撮影してしまうと、立体感のないのっぺりとした映像になってしまうといわれています。

被写体に立体感を出しつつ、ドローンならではの俯瞰で見た構図を取り入れるには、ドローンに取り付けたカメラの角度を入念に調整しておく必要があります。

映像に迫力が足りないと感じたときは、カメラのチルト機能を活用してカメラの角度を変更しつつ、ベストな角度を探ってみてはいかがでしょうか。



まとめ

上空からの視点で風景を撮影することのできる「空撮」は、ドローンでしか撮ることの難しいまさにならではの映像です。ドローンの空撮は無限の可能性を秘めているといってもよいでしょう。

ただし、ドローンでの撮影には注意すべきことがいくつもあります。航空法の関係で上空にドローンを飛ばすことのできる場所は限られており、重量物を飛ばすという行為には常に危険がつきまといます。

また地上で普通にカメラで撮影するのとは勝手が異なるため、被写体を鮮明にとらえるには、ドローン空撮独自の撮影技法を習得する必要があるでしょう。

踏むべきステップは多いですが、それでもドローンだけが撮ることのできる映像というのはとても魅力的です。被写体のまったく新しい表情をとらえることのできるドローン空撮の世界に、ぜひ一歩踏み込んでみてください。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト