2018.07.26(木)

ドローンで高画質な動画を撮影!4K動画の再生方法などを紹介します

ドローンで高画質な動画を撮影!4K動画の再生方法などを紹介します


ドローンは空撮などの操縦も楽しめますが、その動画をあとで見ることも楽しみの一つですよね。

最近は、4K画質の動画再生が人気です。「4Kって聞いたことあるけどどんなもの?」という方や、「再生してみたいけどどうすればいいの?」という方へ今回は、ドローンで4K動画を撮影した際に動画再生に必要なものを紹介します。

新しい技術のため、準備は必要ですが高画質な動画を撮影してよりドローンを楽しんでいきましょう。

4K動画の画質はどれくらいきれい?

4K動画の画質はどれくらいきれい?


最近、4K動画という画質の動画が話題になっています。4K動画というのは、一体どんな動画なのでしょうか。

現在普及されているフルHDの解像度が1920×1080ドットなのに対して、4K動画は4倍の3840×2160×ドットの解像度となっています。

フルHDの4倍の解像度というだけで、その画質の高さが分かるのではないでしょうか。しかし、4K動画を再生するためには、テレビやパソコンがハイスペックなものが要求されます。また4K動画は、容量も高画質な分大きいです。そんな4K動画の撮影に対応したドローンは続々と販売されています。

現在再生する環境が整っている方はもちろん、今後普及が進むことでもっとお手軽に再生することでしょう。今のうちから、高画質な動画を残しておくのも良いですね。

4Kが撮れるおすすめドローン

魅力的4K動画ですが、ドローンも対応しているものと対応していないものがあります。また、さまざまな種類があるため、今現在、4K動画の撮影をおこなうことができるドローンを紹介いていきます。


【国内正規代理店品】Zerotech ポケット セルフィードローン Dobby デラックス版 D100B-H
4Kが撮れるおすすめドローン

Photo by Amazon

4K画質のビデオ撮影ができるほかに、GPSとGLONASSという二つの衛星で受信センサーが取り付けられているため、安全に飛行を行うことができます。また、風にも強く、重量が199gのため比較的飛行場所を選びません。


【【国内正規品】DJI ドローン Mavic Air Fly More コンボ (オニキスブラック) 】
4Kが撮れるおすすめドローン

Photo by Amazon

この商品は、4K映像を100Mbpsで記録することができる非常に高性能なドローンです。自動撮影機能や前面・底面・背面に取り付けられたカメラによって、障害物を自動で検知して回避してくれます。


【空撮ドローン 4Kカメラ GPS付き 自動フライトアシスタント リアルタイム映像転送 ワルケラ WALKERA AIBAO モード1 (walkera-aibao-m1) 【技適・電波法認証済】 AR ドローン | Phantom 3 Standard ファントム 3 DJI 】
4Kが撮れるおすすめドローン

Photo by Amazon

特徴的な形をしたこの商品は、コントローラーでの手動操縦はもちろん、自動操縦も手軽におこなうことができるフライトアシステント機能がついています。HDデジタル映像転送システム採用のため、リアルタイムで4K画質の映像を楽しむことができます。

4K動画の再生には、パソコンやテレビ以外にもスマートフォンなどでも対応しているものがあるそうです。あわせて使用して、非常に高画質な映像を楽しんでみてはいかがでしょうか。

パソコンは4K対応とそうでないものがある!

4K動画の再生にはいろいろな方法がありますが、パソコンはこれから普及されていく流れのため、4Kに対応していないものも少なくはありません。

また、デスクトップパソコンは、3840×2160ドットの解像度に対応したグラフィックボードが必要となります。ディスプレイだけを対応していても使用できないため、注意しなければなりません。

さらにグラフィックボードを別途用意する以外にも、ディスプレイについている端子も確認する必要があります。

今現在ついているディスプレイ端子は、おもにDVI端子とHDMI端子がほとんどですが、4K動画を出力してもリフレッシュレートが60Hz必要なところ、30Hzでの出力となってしまいます。

リフレッシュレートとは、1秒間に画面を書き換える回数のことです。数値が高ければ高いほど早く書き換えられるため、より高画質な動画を見ることができます。

パソコンで4K動画を快適に見る方法

パソコンで4K動画を快適に見る方法


先ほどもお伝えしました通り、4K動画の再生をパソコンでおこなうにはハイスペックなパソコンを用意する必要があります。

 
【パソコン本体】

・4K出力(3840×2160ドットの解像度)に対応したグラフィックボード

・DisplayPort1.2以上の出力端子がついている

 
【ディスプレイ】

・4K画質(3840×2160ドットの解像度)に対応しているもの

・60Hzのリフレッシュレートに対応している

 

この条件を満たしたデスクトップパソコンしか4K動画の再生をおこなうことができないため、もっと気軽に4K動画を楽しみたい方はノートパソコンやスマートフォンがおすすめです。

ノートパソコンは、ディスプレイと一体となっているため接続端子がありません。4K画質に対応したグラフィックボードが、内蔵されているものを選びましょう。ディスプレイが4K画質に対応しているものならすぐに利用することができます。

もちろんパソコンの性能が良くなければ、動画の再生に遅延が発生してしまうので満足な速度で見ることができなくなってしまいます。お店などでパソコンを購入の際には、相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ドローンで撮影した4K動画の再生には、最新のパソコンが必要となります。これから普及が進めば、もっとリーズナブルに4K画質の動画を楽しむことができるのではないでしょうか。

4K画質に対応したドローンやカメラは増えつつあるため、より高画質な空撮動画を撮影したいなら、新しいドローンに切り替えてみてはいかがでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト