2018.07.26(木)

初めてのドローンはDJI Sparkで決まり!おすすめの理由を紹介

初めてのドローンはDJI Sparkで決まり!おすすめの理由を紹介


ドローンは産業用としてではなく、趣味でドローンを飛ばすかたも多くなりました。しかし、種類がたくさんあるため、ドローンを購入しようとするときにどのドローンにしたらよいか迷ってしまうのではないでしょうか。ドローンを選ぶ際は値段や機能面などを考慮すると思います。

今回はDJIのSparkというドローンについて紹介していきます。DJIとは中国のドローン製造会社のことで、その会社が製造しているドローンが(スパーク)Sparkです。Sparkはほかのドローンにない性能を持っています。ドローンを購入しようと考えているかたやドローンに興味があるかたは参考にしてみてください。


DJI Sparkの基本的な性能

DJIのSparkの基本的な性能から紹介していきます。SparkとはDJIという会社が出しているドローンのことです。

まずはこちらの動画をご覧ください。DJI社が公開しているDJI Sparkの紹介動画です。



この動画で紹介されているDJI Sparkの特徴を、以下にまとめました。

コンパクト

とても小さくコンパクトなサイズのドローンです。折りたたむことはできませんが、持ち運びしやすく、便利です。

色が豊富

アルペンホワイト、サンライズイエロー、スカイブルー、メドウグリーン、ラヴァレッドというように色が豊富なのでお好きな色を選ぶことができます。

操作が簡単

操作も比較的簡単にできます。新品を箱から出して、Wi-Fiで設定するだけで簡単に飛ばすことができます。スマートフォンで操作することができるので、買ってからすぐに操作することもできるでしょう。またプロペラの取り外しも簡単にできるので、お子さんでも設置することができます。

ココがスゴイ!DJI Spark

ドローンにはたくさんの種類があります。なぜ、DJIのSparkがいいのでしょうか。

機能が豊富

DJI Sparkではパームコントロールという機能がついているため、ジェスチャーでドローンをコントロールすることができます。離陸、移動、着陸、動画撮影といったすべての動作をジェスチャーのみですることができるのです。

キレイな映像が撮影できる

DJI Sparkにはメカニカルジンバルがついています。映像がぶれてしまうのを防ぎ、安定したキレイな映像を撮影してくれます。撮影モードも数種類あるので、その場にあった撮影をすることができます。

DJI Sparkの残念ポイント

DJIのSparkはスゴイところだけではなく、残念なポイントもあります。メリット、デメリットを比較してみましょう。

飛行時間

DJI Sparkの飛行時間は最大16分です。16分であれば、長いようにも見えますが、安全に着陸する時間などを考慮すると16分よりも飛行させている時間が短いです。長い時間ドローンで空撮していたいとうかたには向いていないかもしれません。

操作が慣れるまで大変

パームコントロールには慣れが必要です。個人差はありますが、上手に操作できるようになるには時間が必要でしょう。

またスマートフォンでの操作も便利なように見えますが、タッチパネルの操作は想像よりも難しいようです。慣れるまで根気強く操作する必要があるかもしれません。

航空法の対象になる

ドローンはとても便利なものでありますが、悪用される可能性もあります。そのため、政府は航空法という法律で200g以上のドローンを規制の対象にしました。このSparkは300gなので規制の対象になります。

場所によってはドローンの使用を規制されているところもあるので、事前に調べておくことをおすすめします。

DJI Sparkの設定をしてみよう

いざドローンを買ったときにすぐに使えるように設定方法をご紹介します。簡単にできるのでDJI Sparkを買った際に参考にしてみてください。


①箱から本体を取り出す

箱からDJI Sparkを取り出して飛ばせる状態にします。


②電源を入れる

バッテリーの側面についているボタンを押すと電源がつきます。しっかり充電されているか確認しましょう。


③電源がついたらスマートフォンと接続する

スマートフォンの設定からWi-Fiを選択し、Wi-Fiネットワークに接続します。その際はDJI Sparkの箱に記載されているネットワーク番号とパスワードが必要です。


④DJI GO 4をダウンロードする

DJI Sparkを操縦する際の大切なアプリケーションになります。DJI GOというアプリケーションもありますが、DJI Spark であれば「DJI GO 4」なので注意してください。


⑤離陸させる

以上の作業が終わったらいよいよ飛ばす作業です。DJI GO 4の上左側が黄色か緑色に点灯したら↑ボタンを押してください。自動離陸しますかというメッセージが出たら、右にスライドすれば飛ばすことができます。

まとめ

ドローンの種類はたくさんでています。そのなかでも、DJIのSparkというドローンの人気が高くなっています。 DJIのSparkは設定に簡単にできて、パームコントロールというジェスチャーでドローンをコントロールする機能がついているため、楽しくドローンを操縦することができます。

しかし、DJI Sparkは重さ300gなので、航空法の対象になります。規制されている場所でドローンを使用すると処罰される可能性もあるので、注意しましょう。

ドローンを操縦する際は目の届く範囲で操作してください。目の届かない場所であると物にぶつかってしまって墜落するリスクが高くなります。また暗い場所での操作もやめた方がよいでしょう。人が少ない広い明るい場所でDJI Sparkを飛ばしてみてはいかかでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト