2018.07.26(木)

ドローンは価格によってなにが違う?目的別のオススメドローンを紹介


ドローンを使用してみたいけど、どんなドローンがあるのか気になりますよね。ドローンは種類が数多くあるため、安いドローンと高いドローンで違いがあるのかな?と思っている方もいるのではないでしょうか。

実はドローンにはそれぞれに特徴があり、性能もまったく異なることがあります。そのため、使用目的にあわせてドローンを購入することが大切です。

今回はドローンの価格の違いや、おすすめのドローンについてご紹介いたします。ドローン選びの参考になるかもしれません。


安いドローンと高いドローンは何が違う?

ドローンを使ってみたいと思って探しても、安いドローンから高いドローンまで幅広い種類があって、どれがいいのか迷ってしまいますよね。

ドローンは用途によって、性能や機能が異なるため、使用用途によってドローンの購入を決めるのをおすすめします。

比較的ドローンを安い値段で購入することができるのは、「ホビードローン」といわれる種類がおすすめです。ホビードローンとは、趣味で飛ばして遊ぶ用として使用するドローンの種類です。ラジコンのような大きさと軽さで、気軽に購入することができます。ホビードローンでは、飛ばして遊ぶ用の他にも、自撮り撮影ができるドローンもあります。

本格的に空の撮影を行いたいときやドローンで業務をしたいときは、ホビードローンではなく、パーソナルドローンがおすすめです。ホビードローンより価格は高めになりますが、安定した飛行と、高度なカメラ性能できれいに撮影をすることができます。



目的に合わせたドローンの選び方

ドローンは価格によって性能や特徴に違いがあるため、自分の目的をしっかりもって選ぶことが大切です。

例えば、本格的な空撮や安定した飛行を行いたいときは、パーソナルドローンがおすすめです。しかし、ドローンの種類によって性能や特徴が異なるため、使用目的にあわせたドローンの選び方をご紹介します。

ドローンの使用目的を決める

本格的な空撮をしたい方はカメラのスペックが高く、飛行が安定したドローンを選びましょう。業務で使用するときは、安定性を重視したドローンがおすすめです。また、ドローンレースで使用する場合はFPV機能がついているかを確認しておくことが大切です。

ドローンの性能を確認する

ドローンには回転翼が3つの場合や、4・6・8つの場合など、翼の数が異なります。翼の数が多ければ安定性は高くなりますが、ドローンの重量が重くなり持ち運びしにくいことがあります。どの場所でどのように使用したいのかを確認しておきましょう。


200g以下のドローンの特徴とは


ドローン入門にオススメの機種

ドローンは高いと性能がいいといわれていますが、初心者が購入して操作するとすぐに壊れてしまうことがあります。そこで、ドローンの価格も安く、初心者でも簡単に操作することができる機体をご紹介します。


Holy Stone ミニドローン 2.4GHz 4CH 6軸ジャイロ マルチコプター 宙返り ワンキーリターン機能搭載 国内認証済み 日本語説明書付き HS170 Photo by Amazon

Holy Stone toysという中国企業が製造しているホビードローンです。ドローンで遊んでみたい方や初心者におすすめです。機体の重量が42グラムで軽く、持ち運びしやすいドローンとなっています。


Potensic ドローン 高度保持 HD空撮カメラ WiFiリアタイム ヘッドレスモード 2.4GHz 4CH 6軸ジャイロ マルチコプター 日本語説明書付き 国内認証済み A20W ブラック Photo by Amazon

スマートフォンと連動して、FPV機能を楽しめるドローンです。初心者でも簡単に使用できるように、高度維持機能が搭載されています。小型なので室内でも屋外でも楽しむことができます。


Holy Stone ドローン 折り畳み式 ポケット セルフィードローン 生中継可能 高度維持機能 国内認証済み モード1/2自由転換可 SHADOW HS160 Photo by Amazon

こちらは折り畳み式のドローンで、720pHDのカメラがついた自撮り機能のあるドローンです。初心者でも簡単に使用することができ、折り畳み式なのでポケットに入れて簡単に持ち運ぶことができます。


ハイエンドドローンならこれがオススメ

高度な空撮がしたい場合やドローン機体の安定性を求めるなら、ハイエンドドローンがおすすめです。ホビードローンよりも価格は高めですが、カメラの画質や機能性が高く、仕事で利用することもできます。


【国内正規品】DJI ドローン Mavic Air (オニキスブラック) Photo by Amazon

ドローンメーカーで人気のDJI社が製造しているMavicシリーズは、4Kでの撮影が可能です。また、障害物回避機能がついており、周辺の障害物を自動で回避してくれます。


【国内正規品】GoPro Karma Drone HERO5 Black カメラ付き QKWXX-511-JK Photo by Amazon

カメラで人気のあるGoProを搭載したドローンです。高品質の映像や画像を撮影することができます。


【国内正規品】DJI ドローン PHANTOM 4 PRO 2000万画素1インチセンサー 5方向障害物検知 CP.PT.000492 Photo by Amazon

DJI社のPhantomシリーズは、前後左右と上方向の障害物を認識しつつGPSがなくても障害物を回避することができる性能があります。また、撮影モードの種類も多く、さまざまな映像を撮影することができます。


ドローンに関する法律も理解しておこう

ドローンの価格や目的で選んで購入してもいざ飛ばすときには注意が必要です。ドローンを購入した後には、使用をする前に国土交通省が定めているドローン規制に関する法律を理解しておくことが必要です。ドローンに関する規制を理解して、安全に楽しくドローンを使用しましょう。

航空法によるドローン規制

ドローンを屋外で飛ばすには、航空法による規制を守ることが必要です。空港や基地周辺で飛ばすことは禁止されています。

また、地上から150メートル以上の高さで飛ばすことや、人が密集している場所での飛行が規制されています。ドローンが落下して事件や事故につながらないためにも必ず規制を守りましょう。

電波法によるドローン規制

ドローンは無線を利用して操作しているため、電波塔が近い場所や電子機器が密集している場所で利用すると、電波が混線することがあります。電波が混線してしまうと、電子機器の故障トラブルにつながるため注意が必要です。

日本ではドローンで利用する電波に関する規制があるため、海外のドローンが使用できないことがあります。海外製品を利用する際は、日本の電波法を守っている機器なのかを確認しましょう。

まとめ

ドローンにはさまざまな種類があるため、使用目的を決めてドローンを購入することをおすすめします。

ドローンを遊ぶ用で使用するのであれば、ホビードローンを安い値段で購入してみるのはいかがでしょうか。本格的な空撮や業務でドローンを使用するときは、ドローンの価格は高めになりますが、高性能なものを購入することがおすすめです。

ドローンを楽しむためには、ドローンに関する規制や法律を理解し、規制を守ることが必要です。ドローンを安全に安心して利用するために、利用前に必ず確認してドローンを楽しんでくださいね。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト