2018.07.26(木)

dji goって必要?ドローンを安全に飛ばすために必要な設定方法


最近人気がでているドローンは、空を撮影したり、点検や測量などで使用されることが増えてきました。

ドローンを使用するためには、初めて飛行をする前にドローン専用のアプリケーションをダウンロードすることによって、安全に操作することができます。

今回はDJI社のドローン専用アプリケーション「DJI GO」についてご紹介いたします。


ドローンはアプリが必要?

ドローンにはさまざまな企業の製品があり、製品ごとによってドローンの性能や特徴に違いがあります。

ドローンを製造している企業で有名なのは、中国の「DJI」、アメリカの「サイファイワークス」、日本の「エアロセンス株式会社」、フランスの「パロット」などがあります。

この他にもドローンの製造をおこなっている企業は年々増加しており、ITメーカーだけでなくさまざまな企業が新規参入をしている分野です。

ドローンを動かすためには、ドローン本体とコントローラーなどが必要となります。また、ドローンの製品によっては、専用のアプリケーションをダウンロードして、ドローンの設定や管理をおこなうことが必要な製品もあります。

最近ではドローンに関するさまざまなアプリケーションが提供されています。人口密集地区を簡単に確認できるアプリケーションや、日の出日の入りが確認できるアプリケーションなど、ドローンを使用する際に必要な情報を手に入れることができます。なかでもDJI社では、専用アプリケーションの「DJI GO」を提供しています。

事前にアプリケーションを入手しておくと、ドローンを使用する際にとても便利です。


dji goってどんなアプリ?

ドローンの企業で特に人気がある中国の「DJI」は、Phantomシリーズ、Inspireシリーズ、Mavicシリーズ、Sparkシリーズなどの数多くの種類のドローンを製造しています。

各シリーズによって性能や特徴に違いがあるため、ドローンの使用用途によって使い分けをする方が多いです。

DJIのドローンを持っている方は「DJI GO」というアプリケーションを利用することによって、ドローンの飛行に関する細かな設定をおこなうことができます。このアプリケーションは、GoogleストアやAppstoreで無料ダウンロードをすることができます。

「DJI GO」の機能として、飛行高度を設定できたり、ドローン本体のバッテリー容量の確認をすることができます。他にもドローンで撮った動画の確認や容量を超えると削除することもできます。ドローンで撮影をおこなうときにとても便利な機能なので、ぜひ活用することをおすすめします。

どんな設定をすればいいのか

DJI社製のドローンを持っている方なら、ぜひダウンロードしてほしい「DJI GO」ですが、どんな設定をすればいいのか迷いますよね。DJI GOをダウンロードしたらぜひ設定してほしい内容をご紹介します。

ドローンを安全に飛行するための設定方法


リターントゥホームの設定方法

DJI社製のドローンには、「リターントゥホーム」という機能が備わっています。この機能は、ドローンが自動でホームポイントと呼ばれるところまで戻ってきてくれる機能です。


設定方法

①ホームポイントの設定を、ドローンが離陸した場所もしくはコントローラーの場所のどちらかに設定します。

②次にドローンが自動で戻ってくるときの高度設定をおこないます。リターントゥホーム高度設定で高度の高さを変更することができます。初期の設定では30メートルで設定されていますが、ドローンを使用する場所によって高さが異なるので、その都度変更をおこないましょう。


スマートゴーホームの設定方法

ドローンを利用するときはバッテリーの充電をおこなうことが必要です。ドローンの飛行中にバッテリー切れになってしまうと、機器の落下によって機体破損や、人やモノにぶつかってしまい事故になるおそれがあります。 スマートゴーホームの設定をすることによって、バッテリーが切れる前にドローンが自動的に戻ってくることができます。


設定方法

①設定画面の機体バッテリーのページを開きます。

②スマートゴーホームのON/OFF設定があるので、ONに設定しておきましょう。


安全のために、センサー類を設定しておこう

DJI社製ドローンの種類で人気のあるPhantomシリーズは、安全性能が高く飛ばしなれていない方向けに障害物回避機能が備わっています。Phantomシリーズを使用していて、まだドローンの操作に自信がない方は設定することをおすすめします。


設定方法

①設定画面のビジュアルナビゲーションシステム設定のページを開きます。

②障害物回避機能のON/OFF設定があるので、ONに設定しておきましょう。


dji goとdji go 4の違い

DJI社製のドローン専用アプリケーションとして、「DJI GO」をご紹介しましたが、新しく「DJI GO4」という専用アプリケーションが登場しました。

「DJI GO」と「DJI GO4」の違いは、利用しているドローンの機種によってアプリケーションを使い分ける必要があります。「DJI GO4」は、2016年4月以降にでた最新機種向けのアプリケーションです。今後は「DJI GO」でなく、「DJI GO4」を利用する機種がでてきているので、事前に確認をしておくことが大切です。


「DJI GO4」対応機種

Inspire2、Phanotm4 シリーズ、Mavic PRO、今後リリースされる新型機種


「DJI GO」対応機種

Phantom3 PRO/ADV/STD、Inspire1 /PRO/RAW、Matrice100/600、Lightbridge2、OSMO /Plus/PRO/RAW/Mobile

まとめ

ドローンを製造している企業は数多くあり、その中でも中国の「DJI」が製造しているドローンは、使用用途別に4つの種類に分けてドローンの製造を行っています。

このDJI社が出しているドローンには、専用のアプリケーションがあります。このアプリケーションを利用することによってドローンの飛行管理や細かな設定をすることができます。

DJI社ドローン専用アプリケーションの「DJI GO」では、ドローンを安全に飛行するための設定ができます。ドローンが自動で戻ってくることができる「リターントゥホーム設定」や、バッテリーが切れる前に自動で戻ってくる「スマートゴーホーム設定」などがあります。

ドローンを安全に楽しく飛行するためには、飛行前にさまざまな設定をすることがとても大切です。事前にアプリケーションをダウンロードして設定をおこないましょう。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト