2018.07.26(木)

ドローン検定って絶対に必要なの?受験の必要性と申し込み方法


近頃、ドローンという言葉をよく耳にする方も多いのではないでしょうか。ドローンは無人飛行機の総称です。 多くの人がドローンと聞いてイメージするのは4つほどのプロペラがついた、ラジコンのようなものかもしれません。しかし、無人の飛行機であればそれはすべてドローンになります。

そんなドローンには、日本ドローン検定というものがあるのをご存知ですか?「ドローンを操縦するのにドローン検定が絶対必要なの?」「どうやったら受験できるの?」そんな疑問を本コラムでは解説していきます。ドローン検定について知りたい方は、ぜひ役立ててみてください。


ドローン検定ってなに?

ドローン検定は正式名称で「無人航空従事者試験」といいます。ドローン検定協会株式会社が提供している、ドローンを扱う人のドローンに対する知識を客観的に評価し、証明できる資格です。

最近はドローンを趣味で飛ばすだけではなく、ビジネスの現場でもドローンを活用している現場が増えています。

しかし、ドローンを利用した犯罪やドローンが原因となっている事故も多く発生しています。そんな中だからこそ、ドローンに対する正しい技術や知識を持っている人が必要とされているのです。

ドローン検定は民間資格なので、ドローンの操縦に必ず必要な資格というわけではありません。しかし、客観的にドローンの知識を証明できるので、ドローンの操縦士からの注目は高まっています。



ドローン検定を受験するメリット

「民間資格なら、検定を受ける意味ってあまりないんじゃないの…?」と考える方も多いのではないでしょうか。しかしドローン検定の受験には、多くのメリットがあります。

飛行許可の申請が優待される

なかでも大きなメリットとして、「国土交通省へドローンの飛行許可を申請する際に、優待を受けられる」というものがあります。 「無人航空機に関する飛行履歴・知識・能力を有することの証明書」を発行してもらえるので、必要に応じて提出することができるのが便利です。 また、国土交通省認定の基礎技能講習を受講する際に免除される座学があるなど、さらにドローンについて詳しく学んでいきたいときにスムーズに講習を受けることができます。

ドローンに対する知識を身につけられる

ドローン検定を受験することで、ドローンの知識をより深めることができます。ドローンを飛ばすことは検定を取得していなくても可能ですが、ドローンに対する正しい知識を持っていることでより安全にドローンを飛ばすことができます。

最近ではドローンが原因の事故や事件も増えているので、トラブルを防止するためにもドローン検定は役に立つでしょう。

自己PRに繋がる

ドローンは、これからの時代に活躍する現場が増えていくことが期待できます。実際にピザの配達にドローンを使うサービスをおこなう企業などもあるのです。

これから需要が高くなることが予想されるドローンの資格を持っていることは、将来の生活に役立つ可能性が高いのではないでしょうか。

その他のメリットとして、ドローン検定に合格した人だけが参加することができるQ&Aコミュニティサービスに参加できたり、ドローン検定オリジナルグッズを購入できるなどのメリットもあります。



ドローン検定の種類と受験資格

ドローン検定は、1級から4級にわかれており、3級と4級には特別な受験資格はありません。

2級は3級に合格した人、1級は2級に合格した人、と前の級に合格した人しか受験することができません。

試験は、マークシート式の出題で、1問2点で50問の100点満点中、80点以上で合格です。

1級、2級に合格した人はピンバッジがもらえて、1級合格者は希望者のみドローン検定協会のホームページにプロフィールが記載されます。

それぞれの受験料は、すべて税込価格で以下の通りです。


1級 18,000円

2級 12,000円

3級 5,500円

4級 3,000円


検定の内容は基礎知識からドローンの専門知識、物理学や法律に関してなどさまざまな項目があり、級が上になるにつれて項目が増えていきます。

受験の申し込み方法と合格通知までの流れ

ドローン検定を受けるかたは年々増加傾向にあります。受講者も多くなってきているので、早めに受験をすることをおすすめします。では、どのように検定を受ければいいのでしょうか。


①まず、検定の申し込みは、ドローン検定のホームページからおこなうことができます。各会場にわかれた申し込みボタンがあるので、自分の受験したい地域の受験ボタンをクリックしてください。受験の申し込み締め切りは、ドローン検定の開催される月の前月の末日(休日だった場合は次の平日)です。

②申し込みが終わったら受験料を入金する必要があります。入金が確認されたら受験票が郵送されるので、受験票が届いたら受験票に書いてある試験会場を確認しましょう。

受験票の再発行はおこなわれておらず、受験票を失くすと受験ができなくなってしまうので、失くさないように注意してください。

③試験当日は、直接会場に向かいます。当日は受験票と筆記用具、消しゴムを忘れずに持っていきましょう。欠席した場合でも、試験が中止にならない限りは返金や試験日の変更などはできません。

④受験してから10日ほどで、合否を確認するための通知が郵送されます。その通知の情報をもとにして、ドローン検定のホームページから合否を確認することができます。

⑤受験してから1か月ほどすると、合格者に「合格証」が届きます。


このように意外と簡単に検定の申し込みをすることができます。これからの需要のためにも、今のうちにドローン検定を受けてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ドローン検定は、ドローンに対する知識や技術を客観的に証明することのできる資格です。ドローン検定は民間資格ではありますが、ドローンはこれから需要が高まっていくことが非常に期待できます。ドローン検定を持っていることによって、プラスになることはこれからもっと増えていくのではないでしょうか。

資格を持っていなくてもドローンを飛行させることはできます。しかし、もっと本格的にドローンを飛ばしたい、ドローンを扱う事業に就職したいと思ったときにはとても役に立つ資格ではないでしょうか。

「ドローンを自分で飛ばしてみたい」と考えているかたにはドローン検定の受験をおすすめします。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト