2018.07.26(木)

ドローンレースに出場するには?出場資格やおすすめドローンを紹介!


ドローンに使用目的は多岐にわたり、危険区域の調査や、人では確認しづらい高所の撮影などにも役立っています。そんなドローンを使ったレースが近年開催されていることはご存知でしょうか?

今回はドローンレースの概要や、参加資格、おすすめのレース用ドローンについて紹介いたします。操作の腕に自信がある方は参加を検討してみてはいかがでしょうか。


ドローンレースってどういうもの?

ドローンレースは世界各地でおこなわれており、一般的なレース種目と同じようにタイムを競います。ドローンの操縦者は、あらかじめ指定されたコース上を飛行して、かかった時間やベストラップで勝敗が決まることが多いです。また、ドローンレースには、賞金がかけられたものもあります。

細かいルールは大会によって違いますが、ドローンは落下による事故が多く発生します。そのため、落下してしまった場合即失格にならず、それまでの走行時間で競うルールとなっていることもあるそうです。

ドローンレースを観戦する際は、その大会のルールを理解しておかないと誰が有利なのか分からないこともあります。ウェブサイトなどで確認できるため、観戦をより楽しむためにも大会ごとのルールは理解しておきましょう。また、大会参加には操縦者個人だけではなく、ドローンの整備担当などチーム単位で参加することが一般的です。



ドローンレースにでるためにはどうしたらいい?

ドローンレースは、日本ではまだメジャーな大会ではないため、比較的小規模なものが多いです。しかし、ドローンが操縦できるからといって誰でも出場できるわけではありません。所定の資格を持っている人のみが対象となりますのでご注意ください。


【おもな必要な参加資格】
・第4級アマチュア無線技士 ・総務省の無線機器技適マーク


これらの資格が必要な理由は、レース中に、5.8Gzの周波数の電波を使用して撮影する必要があるからです。どちらの資格も、取得までに日数を要するため、ドローンレースに出場したいと思ったら、事前に取得しておく必要があります。

これ以外にも大会によっては参加資格が異なる事があるため、参加したいレースがある際は事前に問い合わせすることをおすすめいたします。

ドローンには撮影用とレース用とがある!

ドローンは空撮に使われるものが一般的ですが、ドローンレース向けのドローンもあります。レース用のドローンと空撮用のドローンのおもな違いは、レース用ドローンはスピード性を重視するため軽量化が施されています。空撮用のドローンに搭載されているGPSや障害物を検知するセンサーは取り外されていたり、カメラは小型のものを搭載していたりすることが多いです。

自動制御する機器もないため、操縦者の腕だけでどこまで早く効率よく飛ばせるかが求められることになります。そのため、フレームやモーターなどにこだわる方、レース用ドローンを自作することも少なくありません。もちろんすぐに使いたい方には、完成品のレース用ドローンも販売されています。



おすすめレース用ドローン3選

レース用ドローンを使ってみたいけど自作は大変そうという方におすすめのドローンを紹介いたします。ドローンレースに出てみようかなという方は参考にしてみてはいかがでしょうか。空撮用とは性能が違いますので、購入の際にはご注意ください。


【DROCON ドローン レース用 レーシングドローン ブラシレスモーター 1800KV 超長い飛行時間 操縦距離:300~500m 前後LEDライト付き 双方向2.4GHz 6軸ジャイロ 3Dフリップ モーター保護 低電圧・遠隔距離アラーム 国内認証済み 日本語取扱説明書付き Bugs6 】

Photo by Amazon

このレース用ドローンは、日本語の取扱説明書が付属されているため、使用方法も分かりやすく初心者の方でも扱いやすくなっています。スピード重視で小回りが利き安定性も高いです。


【Holy Stone ドローン カメラ付き モニター付き 5.8G FPV ヘッドレスモード フリップモード搭載 4GBカード付き 45KM/H 競技 レーシングドローン HD広角カメラ 2個バッテリー付き HS230 】

Photo by Amazon

この商品は、コントローラーに液晶画面が付属されているため、景色を見ながら操縦することができます。もちろんスピードを出すこともできるためレースにも最適なドローンです。


【Holy Stone レースドローン 2.4GHz 4CH 6軸ジャイロ 50KM/H 競技 レーシングドローン 国内認証済み BOLT BEE HS150 Holy Stone Toys 】

Photo by Amazon

この商品は小型なうえにわずか69.5gという非常に軽量なドローンです。軽量さは速度に関わってきますので、普段使いにも、レース用ドローンとしてもとても人気が高いです。

これ以外にもさまざまなレース用ドローンがあります。レースの出場頻度や練習用など利用目的によって、自分にあったドローンを探してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ドローンは今では多目的に利用されていますが、ラジコンのように操縦ができるため、近年世界各国でドローンのレースが開催されています。ドローンレースに出場するには、「アマチュア無線免許」と「総務省の無線機器技適マークの取得」の二つが必須な場合がほとんどです。すぐに取得できる資格ではありませんので、レースに出場する際にはご注意ください。

ドローンの種類も空撮用とは別にレース用のドローンがあります。レース用ドローンは軽量化を施して、スピードが重視されています。組み立て式や、自作する方もいますが完成品もたくさん販売されていますので、自分に合ったドローンを探してみてはいかがでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト