2018.07.26(木)

トイドローンを選ぶポイントは?トイドローンも対象な規制にも注目

トイドローンを選ぶポイントは?トイドローンも対象な規制にも注目


空撮や調査、物流などさまざまなシーンで活用されてきているドローン。

そんなドローンをぜひ手に入れたいと思っても、数万円~数十万円するものもあるのでなかなか個人で購入するのは難しいものではないでしょうか。

そこでおすすめしたいのがトイドローンです。個人で手に入れやすく、趣味でトイドローンを楽しむ方も増えてきています。

ただし、気軽に購入しやすいといわれるトイドローンも、しっかり注意すべき点があるのです。

今回は、トイドローンの特徴や選び方、そして飛行させるときの注意点も詳しく解説してきますので、トイドローンの購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。


トイドローンってなに?

トイドローンってなに?


トイドローンとは、一般的なドローンに比べて安価で軽量、そして気軽に入手しやすいもののことを指します。

トイドローンは、重さが200g未満で価格帯が数千円~数万円程度という特徴があります。なかにはドローンのおもちゃだと誤解している方もいるかもしれません。

しかしトイドローンの飛行性能などは、一般的なドローンに比べてもあまりひけめがないです。

そのため「まずはドローンを操作してみたい」「のちにもっと大型のドローンを購入したいが、今のうちに操作に慣れておきたい」「単純に趣味でドローンを楽しみたい」と考えている方におすすめできます。

トイドローンの選び方

トイドローンの選び方


トイドローンのなかでも種類や性能はそれぞれ違うため、しっかり特徴を把握することが大事です。

トイドローンを選ぶポイントは大きく分けて「大きさ」「操作性」「バッテリーの持ち」があげられます。

トイドローンの大きさ

トイドローンのなかでも、手のひらサイズのものからやや大きめのサイズまで幅広く販売されています。

ラジコン感覚でまずは操作を楽しみたいのか、それとも一般的なドローンのように本格的な操作を体感したいのかで選ぶ大きさは変わるでしょう。

操作性を確かめる

スマホなどでも、機種で操作のしやすさが違うように、ドローンも一つ一つ操作性に違いがあります。自分にとって少し操作しにくいなと感じることもあるかもしれません。リモコンの形も握りやすさなど操作性に関係してきます。

バッテリー性能に注目する

ドローンに搭載されているバッテリーに、どのような特徴があるのか注目することも大切です。とくにiPhoneなどにも使われているリポバッテリーを搭載しているドローンなら、比較的容量が大きくパワーも高くなります。

なるべく長時間持つドローンがいい、出力が高いドローンがほしいなら、バッテリーに注目することもポイントの一つです。

おすすめのトイドローン

トイドローンも種類が徐々に増えてきており、さまざまなメーカーから販売されています。

そこでおすすめのトイドローンをピックアップしてご紹介していきますので、現在トイドローンの購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。


・Ryze トイドローン Tello Powered by DJI
おすすめのトイドローン

Photo by Amazon

約80g程度のドローンで、特徴は5ピクセルの手振れ防止カメラを搭載していることです。そのため空撮で美しい映像を撮りたいと考えている方におすすめのトイドローンです。

また、国内正規品なので海外製品に不安を抱いている方も安心して購入を検討できるでしょう。


・Hubsan NANO Q4 H111
おすすめのトイドローン

Photo by Amazon

全長42mmと、トイドローンのなかでも比較的小さなサイズに分類される商品です。

しかし動画撮影可能なカメラを搭載しているので、おもちゃ感覚ではなく、しっかりとドローンを操作している感覚で楽しむことができるでしょう。


・Potensic ドローン 高度保持 HD空撮カメラ WiFiリアタイム ヘッドレスモード
おすすめのトイドローン

Photo by Amazon

このトイドローンの特徴は、スマホとドローンの映像を連動させることができます。

スマホはリモコンに取り付けることができ、スマホの映像を見ながら操作することで臨場感を味わうことができるでしょう。別売りのVRゴーグルを利用すれば、さらに迫力ある映像を体感することができます。

ドローンのルールを知っておこう

ドローンのルールを知っておこう


ドローンは、有能な無人航空機でいろんな場面で活用されていますが、どこでも好きなところで飛ばせるわけではありません。航空法という法律でしっかりとルールが定められています。

具体的に、ドローンを飛ばして良い場所や時間帯などが以下のように制限されています。

1.空港等の周辺の上空は飛行禁止

2.人口集中地区の上空は飛行禁止

3.150m以上の高さの空域を飛行させること

4.日中に飛行させること

主に上記のようなルールが定められています。

航空法に違反すると50万円以下の罰金、ときには書類送検されることもあるので、トイドローンを飛行させるときは航空法を守ることを忘れてはいけません。

ただ、国土交通省により2015年12月10日に施行された、「改正航空法航空法」によれば、航空法が適用されるのは200g以上の無人航空機となっています。

つまりトイドローンは航空法の対象外となります。そのため、周囲の迷惑や危険に深く配慮すれば、基本的には好きな場所で飛行させることが可能です。

しかしトイドローンでも飛行禁止な場所があります。このルールは警視庁により定められている飛行禁止法で、トイドローンも対象ですので注意しましょう。

とくに、国会議事堂や内閣総理大臣官邸など、国の重要な施設周辺地域300メートルの上空は、小型無人機全般が飛行禁止になっています。

このようにトイドローンであっても禁止ルールに該当することはあるので、飛行させる前にしっかり確認することが大事です。

トイドローンの飛行で気をつけること

トイドローンの飛行で気をつけること


トイドローンを飛ばすときは、航空法など定められたルールを守ることはとても大切です。

しかし航空法以外にも注意することがあります。

天候が悪い日は選ばない

雨の日や霧が濃い日などは、視界が悪くなり周囲の状況を把握しにくくなりがちです。

そのため、ドローンをしっかり操作できず思わぬ事故につながってしまう可能性があります。

また、ドローンの機体に水が入り込んで故障してしまう恐れもあるので、飛行させるときはなるべく天候が良い日を選びましょう。

周囲に障害物がないかどうか

一般的な大きさのドローンはもちろん、小型のトイドローンであっても、周囲の状況にはしっかり気を配ることが重要です。

近隣住民や通行人はもちろん、周囲に障害物がないことも確認することを忘れてはいけません。

民家などにトイドローンが衝突すると、機体が破損するだけではなく近隣トラブルの原因になることも考えられます。

電波干渉に注意する

トイドローンは、基本的にリモコンで遠隔操作するものが多く、電波干渉を受けると操縦不能になることもあります。そのため周囲に電子機器や電波塔がないかどうかを確認するようにしましょう。

とくに都心部などは、比較的ドローンに電波干渉するおそれがあるものが多く存在するので十分気をつけて場所を選ばなければなりません。

まとめ

一般的なドローンに比べて小型のトイドローンは、ホビードローンなどと呼ばれることもあり、趣味感覚で楽しむことができます。

価格も比較的安価で、すぐにドローンを操作してみたいという方におすすめです。

しかし、トイドローンを飛行させるときは、周囲の状況はもちろん、定められたルールをしっかり守って、安全に十分配慮することを忘れてはいけません。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト