2019.07.30(火)

ドローンの未来活用は明るい?近い将来実現するかもしれない活用方法

ドローンの未来活用は明るい?近い将来実現するかもしれない活用方法

ドローンが普及し、多くの人がドローンに触れることができる世の中になってきました。さまざまな場面で活躍できるドローンも増えていっています。それにともない、ドローンを使ったビジネスも今後増えていくでしょう。

しかし、ドローン市場が成長していくためには、いくつかの課題があります。ここでは、ドローンの現状や課題に触れつつ、ドローンの未来がどうなっていくのかを、紹介していきます。

ドローン市場はどうなる?現状と課題

ドローンの知名度は年々あがっており、それにともないドローン市場も大きくなっています。さまざまな業種でドローンの導入が検討されたり、実際に導入されていたりなどの活躍をしています。

しかし、ドローンの急速な普及に対して、法整備が追い付いていません。そのため、業種によってはドローンの導入が困難というケースがあるのが現状です。そこで経済産業省では「空の産業革命に向けたロードマップ」というものを制作し、ドローンの未来に向けた技術開発や法整備などの方針をロードマップ上で打ち出しています。

ロードマップの内容が気になる方は、経済産業省のホームページから確認してみてください。

ドローン市場はどうなる?現状と課題

ドローンの未来活用【配送】

ドローンを用いて、配送物を運搬するサービスです。近年海外の一部では、ネット通販のAmazonがドローンで宅配サービスを実施しました。

ドローン配達のメリットとして、人や車では配達が難しいエリアでの配達ができる点があげられます。また、配送から帰還までを自動でおこなえるため人員やコストの削減効果が期待できます。

そんな便利なドローン配達ですが、悪天候の際はドローンの墜落や配達物の破損の危険があるため配達がおこなえないというデメリットがあります。また、第三者から配達中の荷物を盗まれるおそれもあるためセキュリティ面も課題です。さらに、日本国内では法規制によりドローンで物を配送すること自体が難しいです。

これらの課題を解消することがドローンの未来へ続く一歩となるでしょう。

ドローンの未来活用【警備】

2015年にドローンによる監視サービスを、日本の警備会社であるセコム株式会社が提供を開始しました。ドローンによる警備には、侵入監視と巡回監視があります。侵入監視は、ドローンのセンサーが侵入者を感知し、侵入者を撮影します。巡回監視は、敷地内を巡回してライブ撮影します。

警備業界は人手不足が深刻なので、ドローンによる警備はこの問題を解消できる可能性があります。そのため、将来的に広く普及していく可能性が高いです。

また、2020年におこなわれる東京オリンピックでは、警備の人手不足が予想されています。しかしドローンによる警備が実用化されれば、人手不足を解消しつつ会場のセキュリティを高めることができます。

これからのドローンの未来次第で、ドローンを活用した監視システムが取り入れる場所が増えていくでしょう。

ドローンの未来活用【警備】

ドローンの未来活用【倉庫管理】

企業の倉庫には、さまざまな商品や資材などが保管されています。そのため、倉庫の規模によってはそれらを管理するために多くの労力とコストが必要になってきます。

そこで注目されているのが倉庫にドローンを導入して、自律して倉庫内の商品や資材などを管理できる活用方法です。在庫管理をドローンに任せることで、人為的ミスによる商品や資材の数え間違いや、人件費などの削減効果が期待されています。

このように、ドローンにより未来では人手でおこなっていた作業も減少していくでしょう。

ドローンの未来活用【医療】

発展途上国では、ドローンによる薬やワクチンなどの医療品の運送がおこなわれています。ドローンであれば、人や車で運送が難しい土地であっても、空路を使うことによって安全に医療品の運送ができるのです。

また、患者の命にかかわるような緊急時でも、空路から迅速な医療品の運搬ができます。さらに、災害で道が利用できない際の医療品運搬も期待されています。

ドローンは近い未来、医療の現場で活躍する日がくるかもしれません。

ドローンの未来活用【医療】

ドローンと未来の職業

ドローンの活躍する場面と、ドローンを操縦する人が日々増えています。そのようななかで、今後活躍するのではないかといわれているのがプログラマーや整備士、管制士などの職種です。

プログラマーはドローンを動かすために、パソコンでプログラムを組みながらシステムの開発する職種です。顧客のニーズに合わせてドローンのプログラムを作る必要があるため、高い知識や柔軟な対応力が求められます。

整備士は、ドローンを安全に飛行させることができる状態に整備する職種です。ドローンを安全に飛行させるためには、飛行前と飛行後の点検やメンテナンスが必要不可欠です。2019年の7月にはドローンを飛行させる前の点検が義務化されたため、ドローン整備士の需要も今後増加していくかもしれません。

また、さまざまな業種でドローンを導入されはじめたのにともない、ドローン管制士という職種も注目を浴び始めています。ドローン管制士は、ドローン操縦者に指示を出して、安全に飛行させるという職種です。今後、多くのドローンが一つの職場で利用されるようになってくると、ドローン管制士による安全な飛行を実現するための指示が求められてくるでしょう。

これから先、ドローンの未来によっては新たなドローン関連の職種が増えていくかもしれません。

まとめ

ドローンは、個人で楽しむ趣味で利用されているだけでなく、さまざまな業種で運用がおこなわれています。ドローンを使うことによって、作業の効率化や、その業種が抱えている問題の解決が期待されています。そのため、ドローンが活躍する業種は、今後さらに増えていくことでしょう。

しかし、ドローンが日本国内で広く実用化されるためには、さまざまな課題があります。そのため、ドローンの未来のためにも早急な技術開発や法整備が求められています。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト