2018.07.26(木)

FPVドローン入門!周波数の種類はなにが違う?おすすめ機種も紹介

FPVドローン入門!周波数の種類はなにが違う?おすすめ機種も紹介


近年、ドローンはビジネスの場だけでなく個人的な趣味としても急速に普及しています。その中でもFPVという機能を用いたFPVドローンが海外を中心に広まっているそうです。

ドローンの普及が進んだのはまだ最近のことなので、「ドローンについてもっと知りたい」「そもそもFPVってなに?」と思う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はFPVの基本的な概要や、FPVドローンを使うときに必要となる免許や規制などについて紹介していきたいと思います。


いまさら聞けない!FPVとは

FPVとはFirst Person View の略で、日本語に訳すと「一人称視点」という意味になります。この一人称視点をドローンに応用したのがFPVドローンです。

このFPV機能を用いれば、ドローンに装着されたFPV用のカメラから無線で送信された映像を専用のモニターやゴーグルなどで見ながら操縦することが可能です。

FPVドローンから見える景色をそのままリアルタイムで見ながら操縦するので、最初は難しいかもしれませんが。しかし、慣れてしまえば普通のドローンでは感じることのできない迫力を感じられます。

FPVドローン入門!周波数の種類はなにが違う?おすすめ機種も紹介


FPV機能を使ったドローンの楽しみ方

このFPV機能を用いることで、さまざまな方法でドローンを楽しむことができます。まずは、なんといってもドローンから見える景色をリアルタイムで望む迫力のある飛行体験です。自分の手で思うままに操作するドローンから見える景色をリアルタイムで見ることができるので、まるで自分が空を飛んでいるかのような気分になることができます。

ドローンに搭載されたFPV用のカメラを用いて、空撮をおこなうこともできます。リアルタイムで景色を見ながら撮影することができるので、より思い通りの写真が撮れるのではないでしょうか。

また、日本ではまだあまりメジャーではありませんが、海外ではFPVドローンを用いたレースが盛んにおこなわれています。普通のラジコンのレースとは違い、実際に機器からの景色を見ながらレースをおこなうので、その臨場感から近年熱狂的な人気を得ているようです。

FPVドローン入門!周波数の種類はなにが違う?おすすめ機種も紹介


周波数の違いはなに?用途と特徴

FPVドローンを飛行させる際には、操縦や映像の送受信のために無線電波を用います。ドローンに用いられる電波の周波数は大きく分けて、2.4GHz帯、5.7GHz帯、5.8GHz帯の3つに分けられます。周波数によっては免許が必要になるのでよく確認しておきましょう。

2.4GHz帯

これは皆さんも使っているWi-Fiや電子レンジなどに用いられる周波数のことです。家の中などでも使われていることからもわかるように、障害物に強く、比較的遠くまで届きます。

しかし、さまざまな電子機器などに用いられているため、ドローンが電波干渉を受けやすいという欠点もあります。この周波数は免許を取得しなくても使用することができます。

5.7GHz帯

これはおもに産業用のドローンなどに用いられている周波数です。おもに業務用でのみ用いられる周波数のため、ドローンが電波干渉を受ける可能性が少ないというメリットがあります。この周波数を用いるためには「第3級以上の陸上特殊無線技士」の資格と、無線局開通の申請が必要です。

5.8GHz帯

これは高速道路のETCなどに用いられている周波数で、ドローンレースでも多く用いられています。通信速度が速く安定しているため、FPVドローンにおいてより鮮明な映像を転送することができます。しかし、2.4GHz帯に比べて障害物に弱く、通信距離が短いという欠点もあります。この周波数を用いるためには「4級以上のアマチュア無線技士」の資格と、5.7Ghzと同様に無線局開通の申請が必要です。

FPVドローン入門!周波数の種類はなにが違う?おすすめ機種も紹介


おすすめFPVドローン3機

ここまでで「実際にFPVドローンを操縦してみたい」と思われた方もいるのではないでしょうか。そこで、おすすめのFPVドローンをいくつかピックアップしてみました。ドローンは機体の重さなどによっては適用される規制が異なるため、今回は機体の重さや用いる周波数が異なるドローンを3つ紹介します。

EACHINE E52-TX

まずは、200g未満のドローンです。気軽にドローンをはじめてみたいという方におすすめです。

ポケットサイズのドローンで、2.4GHz帯の電波を用いるFPVドローンです。専用のリモコンはもちろん、スマートフォンでも操作ができるようになっています。とても小さく室内での練習も可能となっているので、一度家で練習してみるのもいいかもしれません。

DBPOWER Bugs6

次に、200g以上のドローンです。ドローンの基本的な操作ができて、なおかつ改正航空法の知識があり、より本格的なドローン飛行を楽しみたい方におすすめです。

ずっしりとした機体が特徴で、2.4GHz帯の電波を用いるFPVドローンです。最大飛行距離は約300~500mとなっており、比較的長距離まで飛ばすことができます。こちらは専用のリモコンで操作をします。本格的なドローンであるにもかかわらず、1万円前後で購入できるという点でもおすすめです。

Holy Stone  HS230

最後に、映像に鮮明さを求める方におすすめの5.8GHz帯の周波数を用いるFPVドローンです。FPV用の液晶モニターが付いた操縦機が付属しているため、手元で景色を見ながら操縦することができます。また、撮影時に120度の範囲を撮影することのできる広角レンズを用いているため、臨場感のある映像を楽しめます。操縦方法が複雑ということなので、十分練習する必要がありそうです。

先ほども述べたように、5.8GHzのドローンを飛ばす際には法律に違反しないように特に注意しなければなりません。アマチュア4級無線技士の資格を取得して、無線局開通の申請をするなどの手続きを忘れないようにしましょう。


落下の危険も!FPV飛行の注意点

正しく扱えばさまざまな楽しみ方ができるFPVドローンですが、一歩間違えば重大な事件や事故につながってしまうかもしれません。

たとえば、ドローンが発信する無線電波が他の電波の干渉を受けて落下してしまったり、何らかの理由で電波が途絶してしまいコントロールを失ったりすることが考えられます。

このようなことがおこってしまえば、ドローンが破損・紛失してしまうだけでなく、人や建物に危害を与えてしまう可能性もあるでしょう。そういった事件・事故を防ぐためにも、ドローンが他の電波の干渉を受けにくくする道具を使うなどの工夫をしましょう。

ブースターや中継機を利用してFPVをより安全に

FPVドローンを正しく安全に楽しむためには、ブースターや中継器を用いることをおすすめします。電波干渉を受ける恐れのある場所や、電波の途絶がおこる可能性のある場所でのドローンの飛行はできるだけ避けるべきです。しかし、レースや空撮をするとなると、どうしても避けることができないこともあるでしょう。

ブースターを用いることで、ドローンの電波の受信感度を高めることができるので、離れた場所でもより安定した操縦ができるようになります。また、中継器もWi-Fiの到達範囲を拡張することで、ドローンの安定した飛行を手助けしてくれます。

ブースターや中継器は安いものだと5,000円以下で購入することができるそうなので、ぜひ一度検討してみてください。

まとめ

FPVドローンには、大迫力の映像をリアルタイムで楽しんだり、映像を見ながら思い通りに空撮したり、臨場感あふれるレースをおこなったりと、さまざまな楽しみ方があります。そのためFPV ドローンは国内外で急速に普及しているようです。

しかし、ドローンの機種や使用する周波数によっては規制があったり、免許が必要になったりします。事故や事件を防ぐためにも、正しい知識を身につけてルールを破らないように気をつけなくてはなりません。

また、FPVドローンは操縦や映像の送受信のために無線電波を用いているため、他の電波の干渉を受けてしまうと、操縦不能になったり映像が途切れてしまったりします。そのようなことを防ぐためにもブースターや中継器を利用して、安心してFPVドローンを楽しみましょう!

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト