2018.07.26(木)

FPVを使ってドローン視点が見られる?使用条件や必要な資格など

FPVを使ってドローン視点が見られる?!FPVの使用条件や必要な資格など


昨今ドローンは、さまざまな楽しみ方で普及されています。その中でもFPVで楽しんでいる方も多く、ドローン独自の臨場感にのめりこむ方が増えているそうです。

しかし、ドローンにはたくさんの用語があり、よくわからないことも多いのではないでしょうか。ドローンの用語のなかでも今回はFPVについてご紹介していきます。「FPVって何?」という方も多いでしょう。そのため、FPVの使用について注意すべきことについて紹介していきます。事前に免許や申請が必要となりますので、きちんと手続きをしてドローン飛行を楽しみましょう。


そもそもFPVってなんだろう?

そもそもFPVってなんだろう?


FPVとは「First Person View」の略です。日本語に翻訳すると「一人称視点」となります。ドローンにカメラを映像を送信するための機器を搭載して専用のゴーグルヘッドやモニターを介して、リアルタイムでその映像を見ることができます。

ドローンの目線をそのまま見ることができるため、大迫力な光景が広がります。この機能はおもに、ドローンレースなどで利用されています。ドローン独自のスピーディな空中での光景は、昨今流行りのVRのような体験と似た感覚を得られるのではないでしょうか。

このFPVドローンは、個人で楽しむ以外にも災害現場など人が見に行くことが難しい場所にドローンを飛ばして、実際にどうなっているかをすぐに確認することができます。

FPVの映像を映す機器の種類

そもそもFPVってなんだろう?


FPVを体験するには、モニター型とゴーグル型の2種類の機器、いずれかが別途必要になります。それぞれの特徴や、メリットなどを見ていきましょう。</p.

モニター型

モニター型は液晶モニターを介して、テレビを見るような感覚で映像を確認することができます。ドローンレースに使うには、周りの状況が分かるため集中力が必要ですが、他者や物との接触などの不慮の事故などを避けられます。また、眼鏡をかけたままモニターを見ることができるのもメリットの一つです。

ゴーグル型

ゴーグル型の最大のメリットは、ドローンの撮影した映像が間近で見ることができ、その風景1色となることでしょう。周囲の状況はすべて見えないため、装着する際は安全な場所でおこないましょう。

ドローンレースに集中したい方はこちらがおすすめです。しかし、ゴーグルは肌に密着させて使用するため、冬など寒い場所では体温との気温差でゴーグルが曇ることがあるので注意しましょう。

FPVを使用するときには電波法に注意!

FPVを使用するときには電波法に注意!


FPV用のゴーグルやモニターを購入したら、すぐに使用したいところですがお使いのドローンによっては注意が必要となります。

ドローンは、操縦とドローンが撮影した映像の送受信に電波を用いておこなわれています。

電波はドローン以外にもテレビやスマートフォンなどにも用いられていますが、お互いに干渉しあわないように電波管理局が管理しています。

ドローンは個人でも比較的自由に飛ばせてしまいますが、それだけで電波を使用することになります。電波法では2.4GHZの電波はスマートフォンや、Wi-Fiでも用いられているため免許が不要で自由に使用することができます。

そのなかでもドローンの機体が「技術基準適合証明」を受けているものなら、安心して使用することができます。この「技適マーク」は、ドローンの機体にシールなどで貼りつけられていますので、ドローンを購入の際には確認しましょう。

しかし、国産製には技適マークがついているドローンが多いですが、海外製品のFPV向けドローンは技適マークを取得していないことが多いです。知らず知らずのうちに使用すると法律違反となってしまいますので十分に注意しましょう。

日本でFPVを飛行するときに必要な条件

日本でFPVを飛行するときに必要な条件


ドローンレースで使用するゴーグルは現状海外製のものが多いうえに、5.8GHz帯の電波が使用されています。しかし日本国内で5.8GHz帯の電波を使用するには、「4級以上のアマチュア無線技士」の免許が必要です。この免許を取得する方法は国家試験を受験して合格するか、養成課程講習会に受講するかのいずれかとなります。

養成糧講習会にはそれぞれ4級を取得するためのコースと、4級を持っている人が3級を受講するためのコースがあります。4級の取得には2日間のコースがありますが、実際に免許取得が完了するには3~4週間かかります。

無線局開局の申請

もう1つは、総務省に「無線局開局の申請」をおこなうことです。この申請は、アマチュア無線技士免許を取得してからおこないましょう。書面の郵送とインターネット申し込みの、2種類から選べます。

インターネットから申し込む方が、郵送日数を挟まない分スムーズに申請できるのでおすすめです。また、認可が下りるまでには約1ヵ月はかかるそうです。

まとめ

FPVは、モニターやゴーグルを通して、大迫力なドローンの視点を楽しむことができます。モニターとゴーグルは各自の好みによりますが、ドローンレースなど臨場感に富んだ競技ではゴーグルが好まれることが多いようです。

このFPVを使用するには、電波法に抵触しないように注意しましょう。お使いのドローンに「技適マーク」がついているか確認することが重要です。また、FPVで楽しむには「アマチュア無線技士」の免許と「無線局開局の申請」も忘れないようにおこないましょう。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト