2019.06.28(金)

ドローン資格におすすめはあるの?法律やルールについてもご紹介!

ドローン資格におすすめはあるの?法律やルールについてもご紹介!

ドローンは近年、さまざまなシーンで利用されており私たちの身近なものになりました。それに伴い、さまざまなドローン関連の資格ができました。ドローンを仕事で使用したい方や趣味で操縦してみたいと考えている方のなかには、どのドローン資格がおすすめなのかと疑問を抱いている方もいるかもしれません。

そこで、この記事ではドローンの資格についてご紹介します。ドローンの資格に興味のある方は参考にしてみてください。

ドローンを操縦するには資格が必要なのか?

ドローンを操縦するには、いくつか知っておかなければならないことがあります。ここでは、資格の必要性や飛行の際のルールについてご紹介します。

操縦するだけなら、資格はいらない

ドローンを操縦するだけなら、基本的に資格は必要がありません。しかし、ドローンの周波数帯によっては資格が必要な場合があります。資格が必要になるドローンの周波数帯は5.6~5.8Ghz帯です。ドローンを飛ばす際は、周波数帯をしっかり確認しておきましょう。

資格は必要なくても、飛行するにはルールがある

ドローンの操縦に資格は必要ありません。しかし、重量が200g以上のドローンには航空法という法律が適用されており、飛行を禁止されている区域があります。また、場所によっては200g未満のドローンであっても、この飛行禁止区域が適用されるケースがあります。

航空法や飛行ルールに違反してしまうと、罰金を科せられたり書類送検されてしまうケースがあるため、ドローンを飛ばす際は注意しましょう。

航空法とは

航空法では、ドローンが次の場所で飛行することを禁止しています。

  • 空港の周辺空域
  • 地表や水面から150m以上の高さの空域
  • 人口集中地区の上空

このうち、飛行機と接触事故をおこす危険性のある「空港の周辺空域」と「地表や水面から150m以上の高さの空域」は200g未満のドローンであっても、飛行が禁止されています。また、次の場合は飛行禁止区域でなくても規制対象となるため注意しましょう。

  • 夜間の飛行
  • 目視外での飛行
  • ドローン操縦者以外の第三者、建物、車から30メートル以内
  • 人が密集しているイベント会場上空
  • 危険物の輸送
  • ドローンからのものを投下

ドローンの操縦は守らなければならないルールが多くあり、事前の確認が必須となっています。

申請が必要な場合

法律で禁止されている状況下でドローンを飛行させたい場合は、国土交通省へ申請する必要があります。例をあげると、ライブや運動会などのイベント会場の上空では申請が必要です。申請をせずにドローンを飛ばすと、50万円以下の罰金になるため注意しましょう。

このようにさまざまな法律やルールが存在するため、それらに違反せず安全にドローンを飛ばすためにも勉強は不可欠です。ドローンについての知識を深めるのにはドローンの資格取得をおすすめします。そこで、次の章からはおすすめのドローン資格についてご紹介していきます。

ドローン資格におすすめはあるの?法律やルールについてもご紹介!

ドローンの資格のおすすめ6選!

ドローンの操縦には資格は必ず必要というわけではありませんが、資格を取る課程でドローンに関してのさまざまな知識を学ぶことができます。ここではドローン資格でオススメなものをご紹介します。

操縦技能証明

これは、JUIDAというドローン団体が発行する資格の1つです。資格の勉強をとおして、ドローンを飛行させるための知識と操縦技能を学べます。また、この資格を所有していることで、ドローンの操縦技術の証明ができます。

安全運航管理

こちらもJUIDAの資格です。この資格を所有していると、ドローンの安全な飛行させるための高い知識があることを証明できます。ドローンを仕事にする場合は、操縦技能証明と併せて取得しておくといい資格です。

ドローンインストラクター

この資格を取得することで、ほかのドローン操縦者に飛行技術や知識を教えることが可能になります。ドローンの講師を目指す場合は、取得することをおすすめします。

ドローン検定

ドローン検定は4級から1級まである座学がメインの資格です。この検定試験を受けることで、無人飛行に関する全体的な知識を学べます、また、資格をとおして得た知識をドローン操縦に応用することも可能です。

産業用マルチローター

この資格は産業用ドローンを使用し、農地などで農薬を散布する際に必要になる資格です。この資格を取得するには農林水産航空協会の指定された場所で教習を受ける必要があります。ドローンで農業の効率化を図りたいという方におすすめです。

DJI JAPANの認定資格

DJIとは、世界的に有名なドローンメーカーです。ドローンの基本的な操作技術や知識があることを証明できます。また、DJIのドローン保険に割引価格で加入できるというメリットもあります。DJIのドローンをメインにして、ドローンビジネスをおこなう場合におすすめの資格です。

ドローンで仕事をするなら、この資格も必須!

ドローンで仕事をしたいとい場合は、ドローンの資格以外にも資格が必要になってくるケースがあります。ドローンでおすすめの資格以外にも、次の資格を取ってみてはどうでしょうか。

アマチュア無線技士 4級以上

FPVと呼ばれる機能がついた、周波数が5.8Ghz帯のドローンを操縦する際に必要な資格です。FPVは「First Person View(一人称視点)」の頭文字を取った言葉で、まるで自分がドローンに乗っているかのような視点でドローンを操作できます。FPVドローンは空撮だけでなく、ドローンレースにも使用されています。

陸上特殊無線技士 3級以上

産業用の大型のドローンは、多くの場合5.7Ghz帯の周波数帯を利用します。5.7Ghz帯の電波は、テレビの放送や警察無線などの特殊な設備で利用されているものです。そのため、この周波数帯の機器を取り扱う際は、国家資格である陸上特殊無線技士が必要になってきます。

ドローンの資格を取得するならスクールへ通おう!

ドローン資格でおすすめできるものはいくつかあり、趣味から仕事まで幅広く使用することが可能になります。趣味や仕事でドローンを使用する場合には、自分自身でしっかり法律やルールを把握しておく必要があります。

また、ドローンを趣味や仕事で操作する方のなかには、技術の向上などを求めているかたもいるかもしれません。これらの技術や知識の向上を目指したい場合は、ドローンスクールに通うという方法があります。

ドローンスクールでは、基礎的なドローンに関してのルールや法律から操縦技術まで幅広く教えてもらえます。そのため、まったくドローンを使用したことがない方から、仕事でドローンを使用しようと考えている方まで幅広くドローンスキルを向上させられるのです。

ドローン資格におすすめはあるの?法律やルールについてもご紹介!

まとめ

ドローンの操縦に資格は必要ありませんが、航空法やそのほかの飛行ルールがあるため、事前に確認が必要になります。しかし、資格を取得しておくことで、ドローンについての知識から、操縦技術まで幅広く学習することが可能になります。

ドローンの資格でおすすめのものには、操縦技能証明や安全運航管理などがあります。また、ドローン以外の資格も取得しておくと、より仕事の幅が広がるかもしれません。

ドローンの知識や操縦技術を一人で学習することが難しいと感じる場合は、ドローンスクールがおすすめです。ドローンスクールでドローンの勉強をし、資格取得を目指してみてください。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト