2019.06.25(火)

測量士の仕事はなにをするの?平均年収や必要な資格について解説

測量士の仕事はなにをするの?平均年収や必要な資格について解説

測量士の仕事は建物などを立てる段階で大変重要な役割となっています。測量士になるにはさまざまな方法があり、自身の状況にあわせて選択することが可能となっています。

しかし、測量士の仕事を知らない方はどのような仕事内容で、どういった知識が必要かということが気になることでしょう。また年収なども気になるかもしれません。ここでは測量士についての大まかな情報をご紹介します。

測量士の仕事と平均年収

測量士の仕事と平均年収

測量は橋やダム、ビルなどを建てる前に位置や形状などの確認をおこなう重要な仕事になります。安全にこれらの物を作り上げるには測量士の技術が必要不可欠になっており、仕事内容も多岐にわたります。

測量士はおもに測量をおこなうものですが、そのほかにもデータ収集をおこない、専門的な機器を使った解析をする場合もあるでしょう。また、雨などが降っていない場合は、どのような気候でも測量しなければならないため、体力も必要な仕事になります。

そんな測量士の平均年収は450万円程となっております。測量士の年収は日本のサラリーマンの平均年収420万円よりも高い傾向にあり、具体的な年収は測量士の勤め先によっても変わってくるでしょう。

例として、測量士が働くことができる場所は土木会社や建築会社、官公庁などがあります。土木会社や官公庁で働いた場合、年収は約430~440万円となるといわれています。

測量士になるためには

測量士になるためには

測量士は国家資格になり、資格を取得することで公共測量と基本測量に従業することが可能となります。測量士の資格を得るにはいくつかの方法があります。

ひとつは文部科学大臣に認定された大学や短期大学、専門の養成機関で測量に関わる科目を学習したのちに、測量士としての実務経験を得る方法です。実務は大学卒で1年以上、短期大学卒で3年以上、専門養成機関卒で2年以上の期間を経験しなければなりません。

大学等での学習と実務経験の条件を満たすことで国土地理院への登録が可能になり、測量士の資格を得ることができます。

また、専門学校などとは別に測量士の養成施設というものがあり、この養成施設で資格を取得する方法もあります。養成施設に入学するには、測量士補の資格取得をしていることが必須になります。

この測量士補の試験は測量士の試験と比べると簡単な傾向にありますが、その分測量士に比べてできる仕事の幅は少なくなってしまいます。測量士補から測量士になるには、国土交通大臣に認定された教育機関にて専門的な知識を取得するか、測量士の試験に合格するかの2通りの方法があります。

もし実務経験がない場合でも、測量士の試験に合格することで測量士になることができるため、多くの受験者が最初から測量士の試験を受験する傾向にあります。測量士試験の合格率は約10%以下と非常に低いため、合格をねらうのであればしっかりとした試験対策が必要になるでしょう。

測量士は国家資格になり、資格を取得することで公共測量と基本測量に従業することが可能となります。以上のように、測量士の資格を得るにはいくつかの方法があります。これらのような手順を踏むことで測量士として仕事をすることが可能となります。測量士になるにはいくつかの手段がありますが、いずれの場合もそれ相応の努力が必要になるでしょう。

測量士の仕事にドローンが活躍

測量士の仕事にドローンが活躍

測量士は航空写真測量をするために航空機や衛星画像などを使用していましたが、近年ではドローンがこれらの役割を担うことが可能になっています。このドローン測量のおかげで、今まで航空機等にかかっていたコストを大幅に削減することが可能となりました。

また、ドローンを使用して測量をおこなうことで、今まではいくことがかなわなかった危険地帯などでの測量が手軽にできるようになりました。ドローン測量をする人をドローン測量士といいますが、この仕事では測量の技術に加えて、ドローンの操縦技術が必要になります。

まだまだドローン測量士はまだ多いとはいえませんが、ドローン測量士の仕事の需要は今後増えていくと予想されています。測量士の資格とドローンの操縦技術のふたつを所持しておくことで、さまざまな場所で働くチャンスがあるでしょう。

しかし、ドローンの操縦方法はなじみのない方には難しい傾向にあります。また、ドローン測量ではドローンの飛行規制に関しての知識なども、頭に入れておかなければなりません。

それらの知識を学ぶのにおすすめなのが、ドローン測量のスクールに通うということです。スクールに通うことで、ドローンでの測量を学ぶことができます。次章ではおすすめのドローン測量スクールをご紹介します。

ドローン測量はスクールで学ぼう

ドローン測量士の仕事をするには、ドローンの操縦技術と測量知識を身につけておかなければなりません。ここではこれらが学習できるスクールについてご紹介します。

国際航業株式会社

このスクールでは細かいコース選択が可能となっており、自身の状況にあわせてコース選択が可能となっております。もし測量の知識はあるけれどもドローンの操縦技能がないという場合は、操縦技能コースでドローンについて学ぶのがよいでしょう。

測量の知識がない場合でもしっかりとしたカリキュラムがあるため、ドローンの技術と同時に学習することができます。各コースの費用はばらつきがあるため、どのコースを受講するかはホームページでの確認をおすすめします。

Future Dimension

Future Dimensionはドローンの使用用途によってコース選択ができるようになっています。コース内容は豊富で、ドローンの体験コースからドローン測量実践コース、測量入門コースなどがあります。

測量の経験はあるがドローン測量の知識が全くないという方にもしっかりフォローがあるため、安心して受講することができるでしょう。ドローン測量実践コースでは、現場に近い状態のコースで練習をおこなえる、より実践的なカリキュラムになっています。

ドローン測量が学べるスクールはまだあまりありませんが、この技術を習得することで測量士として活躍の幅を広げることが可能となります。そのため将来を考えドローン測量のスクールに通ってみるのもいいかもしれません。

まとめ

測量士はビルやダムなどを立てる前に必要な仕事であり、平均年収は約450万円といわれています。測量をすることで詳細なデータを入手でき、安全に建物などをつくることができます。測量士になるには資格試験を受けたり、大学で学んでから実務経験を積んだりなど、いくつかの方法があります。

これまで測量士は航空機などを利用した測量をおこなっていましたが、ドローンの登場で測量士の仕事は格段にやりやすくなりました。

ドローンを使用した測量士をドローン測量士といい、ドローンの技術を取得することで測量士としての活躍の幅を広げることが可能です。ドローン測量士の技術を取得したい方は、ドローンスクールで技術と知識を学ぶのをおすすめいたします。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト