2019.06.25(火)

ドローンの輸送サービスの将来性は?実証例や課題についても紹介

ドローンの輸送サービスの将来性は?実証例や課題についても紹介

点検作業や空撮など、ビジネスの分野でも活用されるようになってきているドローンですが、近ごろは輸送サービスにおける活躍も期待されています。近年ではAmazonや楽天などの大手企業が、ドローンを用いた輸送の実証実験をおこなったことでも注目を集めました。

今はまだ実用段階には至っていませんが、ドローンによる輸送サービスのメリットを考えると、今後ますます実用化が進んでいくと考えられます。このようなドローンの将来性を見越して、「ドローンの運輸サービスに参入したい」と考える人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ドローンを輸送サービスに用いるメリットや、その将来性、現時点での課題について紹介していきます。ドローンの運輸サービスに関心がある人は、ぜひ参考にしてください。

ドローンが荷物を運ぶ!ドローン輸送が解決してくれる問題

ドローンで荷物や物資を運ぶことを「ドローン輸送」と言います。なぜ、大手企業が続々とドローン輸送の導入を検討しているのでしょうか。そこで、この章ではドローン輸送のメリットをいくつか紹介します。

人手不足の解消、人件費の削減

現在、運送業界では人手不足が深刻な問題になっています。この問題の背景には、ネットショッピングの普及による仕事量の増加があり、今後もますます人手不足が深刻になっていくことが懸念されています。

ドローン輸送は、この問題を解決する手段として期待されています。ドローンは操作の必要ない自動運転も可能なので、実用化が進めば人手不足の解消だけでなく人件費の削減につながるでしょう。

ドローンが荷物を運ぶ!ドローン輸送が解決してくれる問題

配達時間の短縮

ドローンは空を飛んで荷物を運ぶため、届け先までの最短ルートで配達することができます。また、渋滞などに巻き込まれる心配もなく、配達時間の大幅な短縮が期待できます。

ドローンでの輸送はすでにはじまっている!

注目を集めているドローン輸送ですが、すでに複数の大手企業が本格的な実用化に向けてさまざまな取り組みをはじめています。

楽天は2016年から2018年にかけて、ゴルフ場でのドローンを使った飲食物のデリバリーサービスや、被災地でのドローンを利用した配達サービスなどさまざまな実証実験をおこないました。まだ実用段階には至っていませんが、ドローンでの輸送サービスの先駆けとして大きな話題になりました。

このほかにも、日本郵便は実際にドローンを使った荷物運送の実証実験がおこなっています。この実験が成功に終われば、ドローン輸送の実用化への大きな第一歩になるでしょう。

また、海外ではAmazonやGoogleも機体開発や実証実験に力を入れており、ますます物流業界におけるドローンの運用が現実味を帯びてきています。

ドローンでの輸送実現に向けての課題

メリットの大きさから実用化に向けて着々と計画が進められているドローン輸送ですが、課題もたくさん残されています。

安全面

ドローンは自動操縦機能によってある程度安定した自立飛行が可能ですが、強風の中では飛行ができません。荷物の輸送中にドローンが強風にあおられて墜落してしまえば、荷物が破損したり、人にぶつかってケガを負わせたりしてしまうかもしれません。

また、システム上のトラブルなどによる墜落も考えられます。そのような事故を防ぐための対策を検討していかなければなりません。

盗難のおそれ

ドローンの着陸時に荷物やドローン本体が盗難される危険性があります。また、ドローンをハッキングして荷物を盗むという犯行も起こりえるためその対策も必要です。万が一、盗難の被害に遭った場合の損害賠償をどうするかという課題もあります。

プライバシー

防犯上、輸送用のドローンにはカメラを搭載することも検討されています。しかし、荷物を届ける際に家の中や洗濯ものなども撮影されることになり、プライバシーの侵害になりえるという問題点があります。

ドローン規制

現在、「航空法」や「道路交通法」により、人口密集地や空港周辺などでのドローンの飛行は規制されています。ドローン輸送をするにあたり、これらの規制は大きな障害になってきます。

ドローンでの輸送実現に向けての課題

ドローンでの輸送が本格的にはじまるときは近い!?

物流業界で深刻な人員不足が問題となっている今、国内外でドローンでの輸送に向けた開発や実証実験がおこなわれています。規制や安全面の問題もあり、最初のうちは限られた地域での運用になるかもしれませんが、実用化は徐々に現実味を帯びてきています。

ドローン輸送が発展すれば、ドローンの管理や整備をする技術者が必要になってくるでしょう。そのため、ドローンの知識や技術を身につければ、近い将来に物流業界で重宝される人材になれるかもしれません。そこで、将来を見越して今のうちにドローンについて学びたいという人におすすめしたいのがドローンスクールです。

ドローンスクールでは短期間でドローンの知識・技術を身につけることができます。全く知識がない人でも、基礎知識から教えてもらえるコースもあるので安心です。

まとめ

まだまだ課題が山積みのドローン輸送ですが、そのメリットの多さから本格的な実用に向けてますます進んでいくと考えられます。現に、国土交通省や自治体もドローン輸送の導入に協力的な姿勢を見せているので、配達用ドローンが空を飛びまわるのはそう遠くない未来なのではないでしょうか。

ドローンが物流業界に導入されるようになれば、それに伴ってドローンの技術者が必要となります。そのような未来を見越して必要とされる人材になりたいと考えている人は、今のうちにドローンスクールに通ってみてはいかがでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト