2019.07.05(金)

神奈川でドローンを飛ばそう!ルールと空撮ポイントも紹介!

神奈川でドローンを飛ばそう!ルールと空撮ポイントも紹介!

昨今認知度が上がっていることから、ドローンを購入する人は日々増えつづけています。ドローンを買ったので飛ばしてみたい、空撮をしてみたいと思っている人も多いことでしょう。しかし、ドローンはときに墜落や衝突などの事故を起こすこともあるため、飛行させる際のルールが厳格に定められています。

とくに人や建物が多い神奈川でドローンを飛行させる場合は、ドローンのルールについてしっかりと理解し、安全に配慮しなければなりません。ここでは神奈川でドローンを飛ばしたい人に向けた、飛行の規制に関する知識や、空撮スポットについて紹介していきます。

人口の多い神奈川でのドローン飛行は規制に引っかかりやすい

神奈川は人口が多い分、建物も多く建っています。ドローンは人や建物から30メートル未満の距離で飛行させるのは原則禁止となっているため、神奈川でのドローン飛行は規制に引っかかりやすいものなのです。

航空法ではそのほかにも、私有地の上空やイベント会場の上空などでのドローン飛行を規制しています。もしも許可なしに飛行させてしまった場合、1年以下の懲役、もしくは50万円以下の罰金が科せられます。

また、「横浜市公園条例」など、神奈川の各市町村で独自にドローンに関する規制を設けている場合があります。ドローンを飛行させる際は、地域ごとの条例に関してもよく確認しておきましょう。

神奈川でドローンを飛ばそう!ルールと空撮ポイントも紹介!

SORAPASSを使って許可のいらない場所を探そう

SORAPASSというものをご存知でしょうか。SORAPASSとは、ドローンの規制範囲を調べることができる、ドローン専用の地図サイトです。このサイトを使えば、出先でもすぐに飛行可能な場所を確認できます。

大半の機能が無料で利用できますが、SORAPASSは有料会員限定のサービスも提供しています。有料登録をすれば平面地図でのエリア確認だけでなく、立体地図を作製したり、サイトを通して飛行禁止エリアの許可申請を出すこともできます。飛行禁止エリアの多い神奈川でドローンを飛ばす際は、SORAPASSをぜひ活用してみてください。

許可がいらなくても飛ばし方次第では違法に

ドローンには場所以外にも規制が存在します。以下のような状況でドローンを飛行させてしまった場合も、航空法によって罰せられてしまうおそれがあります。

  • 夜間(日没から日の出までの間)
  • 水面から150メートル以上の高さでの飛行
  • 目視の範囲外での飛行 など

以上の状況での飛行は航空法で規制されているため、違反すれば罪に問われることになります。知らなかったではすまされないので、ルールをしっかり理解してからドローンを飛行させましょう。

許可・承認を取れば飛行可能場所が広がる

たとえばイベント会場での空撮など、ドローンの飛行が規制されている場所・状況で飛行させたい場合は、許可・承認を得ることでドローンを飛行させることができます。規制の対象内でドローンを飛行させる場合は、必ず国土交通省に申請して許可を得ましょう。

また、もし航空法の規制にはかかっていないとしても、土地や施設の管理者には事前に飛行の許可を得なければなりません。また、神奈川ではドローンに関する条例を独自に設けている場合もあるため、そちらも確認して都度飛行の許可を得る必要があるでしょう。

許可を得るのにはさまざまな書類を用意する必要があるため非常に手間がかかりますが、許可さえ得られればドローンを飛行させる場所を広げることができます。許可をもらった場合でも安全に配慮することは決して忘れずに、トラブルのないようドローンを楽しみましょう。

神奈川のおすすめ空撮スポット

神奈川には、ドローンを使って空撮するのにおすすめのスポットがいくつかあります。今回は神奈川の空撮スポットの中でも、とくにおすすめの3か所をご紹介します。

江ノ島

神奈川、湘南といえばまずこの江ノ島の名前を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。神奈川の本土から相模湾へ陸続きに突き出た陸繋島(りくけいとう)で、島の上部には広葉樹林が生い茂っています。

周囲4キロメートルほどの小さな島を広葉樹林が覆うさまは非常に美しく、ドローンで空撮をするのに非常におすすめのスポットになっています。ただし、江ノ島はほぼ全域が規制対象の地域となっているため、江ノ島でドローンを飛ばす際は藤沢土木事務所の許可を得るようにしましょう。

観音崎公園

観音崎公園は戦前、軍の要塞地域として立入禁止になっていた場所で、現在でも砲台跡が残っています。非常に見晴らしがよく、植物も多くみられるため、ドローンの空撮スポットとしてだけではなく、散策をするのにもおすすめです。

夏の時期は公園に訪れる人も多くなるため、ドローンを使用することはできないでしょう。観音崎公園でドローン空撮をする場合は、来訪者が少ない11月~2月に横浜土木事務所へ問い合わせてください。

ユーシン渓谷

ユーシン渓谷は丹沢の秘境ともいわれる、雄大な自然を感じることができる場所です。透明度の高い湖に春夏の緑が映ってエメラルド・グリーンに輝く光景は、非常に神秘的です。秋には紅葉も楽しめるため、季節ごとの違いを楽しむのもよいでしょう。

ユーシン渓谷で空撮をする場合は、神奈川県庁への事前連絡、および申請が必要になります。また、山北町役場へも撮影日時と撮影内容を連絡しましょう。

基本的に観光地で空撮をする場合は、役所や施設の管理者に撮影日や内容を事前連絡して承認を得る必要があります。さまざまな人が集まる場所です。トラブルのないよう心がけましょう。

神奈川でドローンを飛ばそう!ルールと空撮ポイントも紹介!

ドローンスクールで許可承認を簡単に

安全にドローンを飛行させるための知識や技術を学ぶため、ドローンスクールに通う人もいます。ドローンスクールに通うことによって、一通りの飛行技術や知識を得られるほかに、卒業後の許可承認をバックアップしてくれることもあります。

中には許可承認のほかにも、ドローンに関する就職など、さらにスキルアップしたい人のためのフォローアップが充実したスクールもあります。

神奈川のドローンスクール

ほとんどのドローンスクールはJUIDAやDPAといった、ドローン操縦者の教育を目的とした団体から認定を受け、それぞれの思想に沿った教育カリキュラムを設定しています。神奈川のドローンスクールにはJUNDA認定のスクールが多く、ドローンの操縦に関する知識、ルールや規制などを専門的に学ぶことができるスクールが主流になっているようです。

座学に関してだけでなく、屋外や屋内の練習場でドローンを飛行させることができたり、ドローンの貸し出しもおこなっていたりと、施設も充実しています。指導者も経験豊富でマンツーマンで指導してくれるところが多いので、しっかりと必要な知識と技術を身につけて卒業することができるでしょう。

まとめ

神奈川は人や建物が多いため、それらから30メートル以内の距離で飛行させてはならないという航空法のドローン規制に引っかかりやすい地域です。また、航空法に加えて、多くの市町村が独自にドローンに関する規制を設けています。

規制には気をつける必要がありますが、神奈川はドローンを活用できる空撮スポットが各所にあります。SORAPASSなどのツールを使って飛行させられる場所を調べたり、きちんとルールを把握して許可を取るようにすれば、トラブルなくドローンを楽しむことができるでしょう。

もし、より安全にドローンを楽しむための知識や技術を身につけたいのであれば、ドローンスクールに通ってみるのもよいかもしれません。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト