2019.07.05(金)

仙台でドローンを飛ばしたい!ドローンスクールと空撮スポットを紹介

仙台でドローンを飛ばしたい!ドローンスクールと空撮スポットを紹介

昨今ではドローンについて学びたい、ドローンできれいな写真を撮りたいと考えている方が多くいます。しかし、ドローンはしっかりと技術を身につけてから飛行させないと、接触事故を起こしてしまうおそれがあります。また、飛行が制限されている場所も多く、知識がないと違反して罰則が科せられてしまう場合もあるでしょう。

こうした事情から、安全に飛行させるためにドローンについて学ぶためのスクールに通う方もいます。ここでは、仙台でドローンについて学ぶことができるドローンスクールを紹介していきます。またドローンの補助金制度や、おすすめの空撮スポットも同時に紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

仙台のドローンスクール

多くのドローンスクールはJUIDAもしくはDPAという団体からの認可を受けています。このふたつの団体はどちらもドローン操縦士の技術・知識の向上を目的としており、それぞれドローンの技能講習や資格の発行をおこなっています。

仙台にもドローンスクールがいくつかありますが、今回は例としてそれぞれの団体のドローンスクールを1校ずつご紹介します。

まずJUIDA(一般社団法人日本無人航空システム産業振興協議会)に認定されているのが、「SENDAIドローンファーム」です。ここでは、新たな産業創出の発展のために、安全に関する知識と、高い技術を有する人材を育成することを目的としています。

受講内容には、無人航空システム概論、自然科学・技術・法律など、ドローンを安全に操縦するための知識をつける座学があります。実技講習もおこないますが、「JUIDAの実技受講の内容は物足りない」という方も中にはいらっしゃるようです。

しかし、SENDAIドローンファームは東北最大級の屋外練習場を保有しているため、実技受講も充実した内容でおこなうことができるでしょう。卒業後には安全運転管理者証明証などのJUIDA認定資格も取得できます。

一方でDPA(一般社団法人ドローン操縦士協会)に認定されているのが、「ドローンスクール仙台」です。ここはDPA認定資格の「ドローン操縦士回転翼3級」が取得できる学校になっています。こちらを取得すると、国交省へ飛行許可申請をおこなったときに、技能・知識の審査が免除され、申請をサポートしてくれます。

ドローンはGPSや制御を活用して飛行させることができますが、それでもドローンの事故の9割はヒューマンエラーによって起こっているとされています。ドローンスクール仙台では事故を未然に防ぐために、実際の飛行環境などを考慮した実技講習をしています。20年の経験を活かした安全に飛行させるためのノウハウを教わることができるでしょう。

ドローンスクールの受講費用

ドローンスクールは受講するスクールやコースによって、受講費用が大きくかわってきます。ここではまた、SENDAIドローンファームとドローンスクール仙台の料金を例として紹介します。

コースや団体に限らず、仙台のドローンスクールに入学する場合、まず入学金としておおよそ30,000円ほどの費用がかかることが多いようです。ただし、選択するコースによってはこの入学金が免除されることもあるでしょう。

SENDAIドローンファームの操縦技能・安全運行管理者養成コースはドローン入門者に向けたコースとなっており、おそらくもっとも多くの方が受講するコースになります。受講料は23万円(税別)となっています。

また、SENDAIドローンファームでは農薬・農業系のコースを受講することもできます。こちらは操縦や農薬等の取り扱い方法に加えて、農薬の種類や病害虫についても学ぶことができます。受講料は18万円(税別)となっています。

ドローンスクール仙台でドローン操縦士回転翼3級を取得する場合は、22万円(税別)の費用がかかります。夜間飛行、目視外飛行、物件投下の追加教習、テキストなどが含まれている値段ですが、ライセンスの登録費用はまた別に必要です。

以上のコースや料金はほんの一例ですが、おおよそどのコースでも、20万円~30万円の費用を見込んでおくとよいでしょう。

仙台でドローンを飛ばしたい!ドローンスクールと空撮スポットを紹介

仙台のドローン事業支援制度

仙台市には「仙台市中小企業新製品等開発支援補助金」という制度があります。これは、仙台市に工場や事業所を設置している中小企業が受けることができる、ものづくりに関連する開発支援制度です。

この支援制度はドローンに関する事業も対象となっており、毎年の締め切りまでに申請をすることで補助金を受け取ることができます。締め切り日や補助の内容は年ごとに異なる場合があるため、仙台市の公式ホームページにて確認しましょう。

参考として、平成30年には人件費や技術導入費などの経費のうち、3分の2(上限額300万円)の補助をおこなっていたようです。仙台でドローンビジネスを考えている場合は、一度くわしく調べてみてもよいかもしれません。

仙台のドローン練習場

仙台でドローンの飛行練習ができる場所は2か所です。場所によって営業時間や料金体系などがかわってきます。

ドローンショップ仙台青葉山練習場は平日のみの営業で、午前10時~12時まで1,000円、午後1時~4時まで1,500円と、午前と午後で値段が違ってきます。飛行場所は屋外となっており、ウェブでの申し込みをして利用することができます。

フットメッセ仙台長町は平日と土日祝に利用ができる練習場です。平日は午後3時~午前2時、土日祝日は午前9時~午前1時までと、遅い時間まで利用ができるため、仕事のあとに練習することもできるでしょう。利用料金は1時間1,000円となっています。こちらは屋内で飛行ができ、利用方法はウェブでの申し込みになります。

場所によっては講習を受講してから利用できるなど、利用するのに条件がある場合もあります。施設のルールをしっかり守り、安全に練習をしましょう。

仙台の空撮スポット3選

仙台でドローンを使って空撮したいという方に、おすすめのスポットがいくつかあります。今回はその中でもとくにオススメな3つのスポットをご紹介します。

日本一のツヅジとして有名な徳仙丈山は、標高711mの山になります。広範囲にわたって、ツヅジやレンゲツヅジが自生しており、50万本あるともいわれています。5月下旬から6月上旬に満開を迎えるため、色鮮やかな景色をドローンで空撮してみてはいかがでしょうか。

紅葉の時期が一番美しいと有名な扇谷も非常に有名な空撮スポットとなっています。また、蔵王国定公園内にある水芭蕉の森では、雪解けに5万の水芭蕉が神秘的に咲きます。夏には山野草が咲いたり、秋には紅葉が楽しめたり、ドローン空撮にはもってこいの場所になっています。

仙台にはドローンを使って美しく、華麗な撮影ができる場所が多く存在していますが、なかには、事前に申請して許可を得なければいけない施設もあります。事故やトラブルを防ぐために、一度確認してみてはいかがでしょうか。

仙台でドローンを飛ばしたい!ドローンスクールと空撮スポットを紹介

まとめ

仙台でドローンを飛行させることができる場所は、練習場や観光地など、たくさんあります。JUNDAやDPAに認定されているドローンスクールもいくつかあるので、自分が学びたいと思っている分野を見つけて、通ってみてはいかがでしょうか。

ドローンを飛ばす際には事前に申請をしなければいけない施設もあるので、しっかりと確認して許可を得ましょう。空撮をしてきれいな景色を楽しむためにも、規約を守って安全にドローンを飛行させましょう。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト