2019.06.28(金)

ドローン飛行に許可って不要なの?!規制と許可申請について解説

ドローン飛行に許可って不要なの?!規制と許可申請について解説

近年ドローンは身近な存在になってきています。東京オリンピックでも空撮用に使われるという話題から益々注目度が上がっています。また、産業の分野でも映像撮影・測量・インフラ点検・農業で活用されるなど活躍の場を広げているドローン。

個人的な趣味としてドローンを飛ばしてみたいと考えている人も多いことでしょう。しかし、「ドローンの規制は厳しいらしい……」「ドローン飛行には許可が必要って聞いたけど、勝手に飛ばしちゃいけないの?」このような不安を抱いている人もいるのではないでしょうか?この記事では、そのような悩みを解消するためにドローン飛行の許可について解説していきます。

ドローン飛行に許可は不要?ドローンの規制について

結論からいうと、ドローンは誰でも飛ばすことが可能です。何故ならドローンの飛行には、資格が必要ないからです。しかし200g以上のドローンの飛行には航空法が関わってきて、規制される場合には国土交通省への許可申請が必要になります。

主な規制として、空港周辺.人口集中地区の飛行が禁止されています。空港周辺とは空港から半径4000mの範囲で、航空機の離着陸の妨げにならないように禁止されています。また人口集中地区とは1平方キロメートル当たり4000人以上が住んでいる、人口が密集した地域です。

200g以上のドローンは墜落したときに、人身事故などの二次被害が大きくなります。こういった事故を防ぐためにも、航空法で規制されています。航空法は厳しく、初心者には飛行許可が下りづらいです。

しかし200g以下のドローンは危険性が少ないことから、航空法の対象外となっています。なのでドローンを気軽に飛ばしたい方は200g以下の「トイドローン」と呼ばれている機体を購入することをおすすめします。

通常200g以上のドローンは何十万円もするような機体ばかりですが、それに比べトイドローンは1万円以下と低価格でお求めやすいです。機体も手のひらサイズのものがあるので、室内で飛行の練習をしたい方にピッタリです。

このようにトイドローンは許可は不要ですが、場所によっては飛行が規制される場合があります。次の章ではドローンが規制される場所について解説していきます。

ドローン飛行に許可って不要なの?!規制と許可申請について解説

機体が規制されていなくても場所で規制されることも

200g以下のドローンに許可は不要ですが、飛行させる場所によっては規制される場合があります。主な規制としては、重要施設周辺.公園.人口集中地区の飛行は禁止されています。重要施設とは皇居や国会議事堂などの、国にとって重要な施設を指します。ドローンを使ったテロ行為を防ぐために禁止されているそうです。

公園は日中に、家族連れなどで人が集まります。墜落による人身事故の危険性が高いため、公園での飛行は規制されています。ほかにも河川敷を練習場所として使おうと考える人もいると思いますが、行政によって規制されている場合があるので注意が必要です。

最後に紹介する規制は、人口集中地区の飛行です。この地域は人口が集中しています。墜落事故による人身事故の危険性が高いため、飛行が規制されています。

これまでは主に規制について解説してきましたが、ドローンの飛行には規制以外にも注意しなくてはならないことがあります。次の章ではドローンの安全飛行に必要になるものを解説していきます。

規制以外にも注意すべきことがある

ドローンには規制以外にも安全飛行のために、気を付けなくてはいけないことがあります。飲酒した状態での、飛行は絶対におこなわないようにしましょう。意識がはっきりしない状態での飛行は事故につながります。

また天候にも気を付けましょう。ドローンは精密機械なので、周りの環境に影響を受けやすいです。風速5m以上の時の飛行は機体が風に煽られてしまうので避けるようにしましょう。雨天時の飛行も避けた方がいいです。機体の中に水が入り込んでしまい、故障の原因になります。

機体のメンテナンスも必要になります。ボディのフレームに歪みがあると、正常な飛行ができなくなります。機体を平らなところに置いて、しっかり機体が平行になっているか確認しましょう。モーター点検も重要です。プロペラを外してモーターの音聞いてみましょう。異常が起きている場合はノイズ混じりの音を出します。しっかりと確認して事故を防ぎましょう。

このようにドローンは許可が不要の場合でも気を付けなくてはならないことがたくさんあります。これだけ規制や決まりごとがあると、ドローンを飛ばすことが厳しく感じる人も多いと思います。次の章では許可不要で飛行させる方法を解説していきます。

ドローンを許可不要で飛ばすには?

200g以上のドローンを飛ばす場合には、航空法の規制について注意する必要があります。飛行させる場所としては、空港周辺.人口集中地区.地上から150m以上を避ければ飛行させることができます。

200g以下のドローンを飛行させる際に気をつけなくてはいけないのが、小型無人機等飛行禁止法です。皇居や国会議事堂などの重要施設周辺での飛行は禁止されているので、気をつけましょう。

このようにドローンを飛ばすには規制が付きまといます。しかしドローンには許可が不要で飛ばせる「ドローン飛行場」という場所があります。ドローン飛行場は規制の対象にはなりません。

またインストラクターが在中している場所もあるので、試しに飛ばしてみたい初心者の方でも安心して利用できます。機体の貸し出しもおこなっているので、お試しに行ってみることをおすすめします。

先ほど述べた人口集中地区を避けて飛行することも可能です。人口集中地区は国土地理院のホームページでエリアが確認できます。対象外であれば飛行は可能になるので確認してみましょう。

しかし東京都内ですとほとんどの地区が人口集中地区の対象になります。こういった規制時には許可申請が必要になります。次の章では具体的な申請方法について解説していきます。

ドローン飛行に許可って不要なの?!規制と許可申請について解説

ドローンの飛行許可を取る方法

規制状況下で、ドローン飛行をおこなう場合には国土交通省への許可申請が必要になります。許可申請には個別申請と包括申請の2種類があります。

個別申請はあらかじめ飛行日と飛行ルートが確定した状態でおこなう申請です。スケジュールがはっきりしているため、国土交通省への許可が通りやすい申請です。

包括申請は飛行日と飛行ルートを確定しないままおこなう申請です。測量や点検でドローンを飛行させる場合にスケジュールや天候のトラブルで日程を変えなくてはならない場合があります。こういった状況に柔軟に対応できるので産業向けの申請です。

申請をおこなう際に、以前では書類上で手続きがおこなわれていました。しかし記入ミスが多く手続きがスムーズに進まない問題がありました。しかし、現在ではオンライン上の手続きをおこなっています。こちらは国土交通省のホームページ上の質問に答えながら書類を自動作成していくので、以前より簡単かつミスの無い手続きが可能になりました。

ここで注意しなければならないことは、国土交通省への許可申請は必ず通るとは限らないということです。申請が通りやすくなる方法としてドローンスクールに通って、資格を取ることをおすすめします。

ドローン飛行の許可が不要もしくは省略できるかもしれません。次の章では、ドローンスクールの内容とメリットについて解説していきます。

ドローンスクールでもっと自由に飛ばそう

ドローンスクールに通うことで、さまざまなメリットがあります。ドローンには離着陸.ホバリング.前後左右移動といった専門的な技術が必要です。こういった技術を、独学で学ぶのは難しいといえます。ドローンスクールでは、講師の方から技術を学ぶことができるそうです。

またスクールでは、知識の講座もおこなっています。実際にドローン飛行に必要になる知識を身につけたい人には、うってつけと言えます。ほかにもドローンスクールには、資格取得コースがあります。資格を取ることで、ドローンを安全に飛行させる技術と知識の証明になり、国土交通省への許可申請がおりやすくなります。

こういったメリットから、ドローンスクールに通って知識と技術を学んで資格を取得することをおすすめします。ドローン飛行の許可を不要にすることは、安全面からも難しいです。しっかりと許可申請を取るようにしましょう。

まとめ

ドローンの飛行に資格は必要ありません。しかし場所によっては、飛行が規制されている場合があります。特に200g以上のドローンは航空法でさまざまな規制がかけられているそうです。

航空法を気にせず気軽に飛行させたい人は、国土交通省からの飛行許可が不要なトイドローンを購入しましょう。しかし、トイドローンであっても飛行場所によっては、ほかの法律によって規制される場合があります。

国の重要施設周辺・人口集中地区・公園は規制の対象になるので、注意して飛行させましょう。通常のドローンを規制状況下で飛行をおこなうには、必ず国土交通省への許可申請をして、ドローン飛行の許可をとりましょう。

飛行許可を取りやすくするためと、知識や技術を身につけるためにもドローンスクールに通うことをおすすめします。講師の方から、専門的な知識と技術を学ぶことができるメリットがあります。またスクールでは資格を取ることもできますので、是非通ってみてはいかがでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト